クッキングアドバイザーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-30

栄養教諭 資格 なるには

クッキングアドバイザーは、食品メーカーや調理器具メーカーなどに勤務、あるいはフリーでこれらの企業の依頼により、消費者に製品のPRを兼ねて、料理法の実演やアドバイスをするのが主な仕事です。


クッキングアドバイザーは幅広い年齢層の男女が目指せる、メディアを通じて活躍の場も広がっている。職業です。
クッキングアドバイザーの職業は他にもクッキングアドバイザーと呼ばれております。
クッキングアドバイザーに「なるには」についてご紹介してまいります。

資格広場は、クッキングアドバイザーになるには?クッキングアドバイザーになるためには?クッキングアドバイザーになりたいを応援しております。

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザーってどんな仕事?(仕事内容など)

調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種で、製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をするのが主な仕事となります。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合があります。

クッキングアドバイザーになる為の勉強法

クッキングアドバイザーは調理を行ったり、栄養バランスの良いレシピを考えたりするため、調理師や栄養士の資格を取得しておくといいでしょう。厚生労働大臣から調理師や栄養士の養成施設として指定されている専門学校、大学、短大で学び、都道府県知事に免許を申請して取得するのが近道です。

クッキングアドバイザーになるための専門学校や通信講座について

準備中です。


クッキングアドバイザーの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

クッキングアドバイザーの学歴

現在調査中

クッキングアドバイザーの勤務時間

現在調査中

クッキングアドバイザーに必要なスキルや機材

現在調査中

クッキングアドバイザーのやりがい

現在調査中

クッキングアドバイザー苦労、大変なこと

現在調査中

クッキングアドバイザー

クッキングアドバイザーの年収・将来性・独立について

クッキングアドバイザーに向いている人

クッキングアドバイザーは明るく対応でき、すべての方に平等な態度を保てる方が理想的です。実演している製品や料理にも関心をもって研究できるとなおよく、臨機応変な対応とアイディアや探求心がある方に向いています。

クッキングアドバイザーと同じ分野の他の職業

キッチンスペシャリスト、家庭料理技能検定、健康食品コーディネーター、コーヒー&ティーアドバイザー、調理師、フードコーディネーター、管理栄養士など。

クッキングアドバイザーの年収・給料相場

年収は約500万円~600万円ほどといわれています。

クッキングアドバイザーの現状

最近は、テレビや雑誌などでもひんぱんに食材が取り上げられ、成分や効能の特集をするなど、情報があふれています。このため専門的な内容や新情報に詳しいお客さんも多く、明瞭な説明や対応が求められる場面も多くあります。常に新しい情報を仕入れ、世間の動向に敏感な人が向いているといえるでしょう。

クッキングアドバイザーの将来性

最近では、テレビや新聞などのメディアを通じて、食の安全性や食材の有用性などの情報が消費者に行き渡り、食への関心も高いです。企業製品のPR役として、単に料理を実演するだけではなく、食に詳しい客からの問いにも明快に受け答えができる人材が今後は求められるでしょう。

クッキングアドバイザーの独立について

クッキングアドバイザーの働き方は、勤める方もいればフリーランスになる方もいて、収入は個人差が激しい世界です。例えばスーパーや調理家電のメーカーに勤務する方の場合だと、サラリーマンと同じ扱いになること多く、その規定によって年収も変化することがあります。自分でカルチャースクールで実演したり、本を執筆するとより収入は見込めるかもしれませんが、どこまで売れるか、どこまで集客できるのかは未知数のためなかなか相場は出せません。

クッキングアドバイザーの主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*