語学・国際系資格一覧

   

 

語学・国際系の資格を紹介しています。

 

漢字能力検定

漢字能力検定は、漢字の知識を身につけるだけでなく、文章の理解力も身につき、いろいろな学習の基礎学力として役に立ちます。また、漢字の能力を測るだけでなく、合格することで、大きな励みになり、一生涯のパートナーとして、人生を豊かにしてくれます。

貿易実務検定

貿易実務検定は知名度が高く、誰でも受験することができる検定です。貿易関係に職に就きたい、貿易に興味があるという人は難易度の低めなC級からチャレンジし、B級、A級へと徐々にステップアップを目指すことができます。

フォワーダー

フォワーダーとは国際貨物の送り主(荷主)と輸送手段(船、飛行機、トラック等)の間に立って輸送の調整・手配する仕事です。貿易輸送に関する幅広い知識と、コミュニケーション能力、語学力を活かして活躍できる職種です。

スペイン語技能検定

スペイン語検定は1級から6級まで6つの階級に分かれており1級が1番難しいです。3級からの難易度が急に高くなっており3級は英検の準1級に相当します就職活動に活かせるのは2級からです。日本企業の中南米への進出が増加している中スペイン語検定を受験される方も増えるのではないでしょうか

ドイツ語技能検定

ドイツ語技能検定は1級から5級まで6つの階級に分かれており1級が1番難易度が高いです。大学の受験性が多く、子供から大人まで幅広い年齢層の方が受験されます。就活に活かせるのは準1級からですが、海外では知名度が低いため資格を活かすことができません。

ハングル能力検定

ハングル語能力検定試験は1級から5級まで6つの階級に分けられており1級が一番難易度が高いです。就職活動に活用できるのは2級からです。企業に就職する大学生や高校生や韓国ドラマや韓国旅行が好きな女性の受験者数が多いのが特徴です。

実用フランス語検定

実用フランス語検定は1級から5級まで7つの階級に分けられています。仕事に活用される場合は準1級からが有効です。受験者数は年々減少傾向にありますが、フランス語は世界第2位の共通語なので、需要はまだまだ高いです

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

中国語コミュニケーション能力検定は中国語でのコミュニケーション能力を測定する試験で1000点満点のスコア表示方式で行われています。検定のの知名度は高くないですが、コミュニケーションを必要とする企業の中では重要視している企業もあります。中国語検定と合わせて取得すると活躍の幅が広がります

中国語検定

中国語検定は準4級から1級までの6段階に分けられています。職業に行かせるのは2級からといわれていて、取得するには年単位の長期間を要しますが、取得後は異国の環境や文化に触れあうことができるのが魅力ではないでしょうか

日本語教育能力検定試験

日本語教育能力検定試験は試験範囲も広く決して簡単な試験ではないですが、日本語を学びに来た生徒の成長を実感でき、日本の文化と生徒の異文化を学ぶことにより生徒と良好な関係を築けることが、最大の魅力ではないでしょうか。