TOEFL

Tweet TweetTOEFLは10代、20代の男女が目指せる、人気な英語の資格です。 TOEFL資格取得者は他にはTest of English as a Foreign Languageという名称で呼ばれております […]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFLは10代、20代の男女が目指せる、人気な英語の資格です。

TOEFL資格取得者は他にはTest of English as a Foreign Languageという名称で呼ばれております。

資格名:TOEFL

TOEFLの資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場ではTOEFLを受験する方を応援しております。

TOEFLになるために必要な知識

toeflのreading問題は化学や航空など専門分野の出題が多く専門用語も数多くあり単語レベルでは12000語相当を要します。専門分野に使用される単語を日常で聞くことはまずないので、専門書やニュース番組、新聞などで単語を拾い単語の知識を増やしていきましょう。

TOEFLの資格は「教育試験サービス 」が運営管理を行っております。

教育試験サービス とは:

教育テスト・評価を実施する組織としては世界最大の、非営利民間財団である。1947年に設立され様々な標準テストを提供している。

TOEFL

 仕事内容
 試験詳細
 資格取得者の傾向

TOEFL受験後仕事はどんなのがあるの?(仕事内容など)

toeflはアメリカ留学を目指す学生向けに用意された試験というイメージが強いせいか、仕事に活かすために取得される方は少ないですが、toeflのハイスコアはtoeicや英検の上位に相当する実力を問われます。toeicや英検よりもspeaking力がつくため商社の商談の時のように自分の話したいことを思い通りに伝える職業が適してそうです。商社は商品を売りたい企業と買いたい企業をつなげる仕事です。商品の魅力を最大限に活かせるよう言葉を選ぶ能力を要求されます。

TOEFL受験の為の勉強法

toeflの公式の参考書がありますので、そちらで文法の基礎を固めましょう。readingでは化学などアカデミックな内容の文章が多く単語も12000語レベルの日頃聞きなれない言葉もたくさんできますので、専門書などやニュース、新聞などを見ながら単語を拾っていきます。どれも1度や2度では忘れてしまう部分も出てきますので同じところを3度、4度と繰り返し行いましょう。readingはとても大切でreadingができていないとspeakingの質問文も理解できずに回答できないですし、writingの時も質問の文章が理解できないと回答できません。なのでreadingは1番力を入れるところです。speakingは質問に対しての答えと理由、結論の流れをはじめに作っておき出題に応じて文章を作れるように練習します。発音は自分の声を録音しチェックしましょう。ハイスコアを目指すのは長期を要するので目標を立てて臨むことが大切です。

TOEFLの試験料・試験の内容・合格発表について

TOEFL試験料

225ドルです

TOEFLの年間試験回数

ほぼ毎週行われており年間50回ほど行われています。

PR

TOEFLの試験科目等の内容

読む(reading)、聞く(listening)、話す(speaking)、書く(writing)の4つの工程に分かれておりトータルの試験時間は4時間半です。パソコンを使用した試験となり画面上に出題された問題に回答を4つの選択肢の中から1つをマウスでクリックして選びます。speaking問題はヘッドマイクが用意されますのでそちらを使用します。listeningとspeakingの間に10分間の休憩があります。

TOEFLの難易度

スコア104から120は英検1級レベル、スコア80から103は英検準1級レベル、スコア56から79は英検2級レベル、スコア46から55は英検準2級レベル、スコア32から45は英検3級レベルに相当します。

TOEFLの採点について

reading、listening、speaking、writing各30点満点の合計120点満点のスコア方式で採点されます。

TOEFLの結果発表

試験後から約10日後にインターネットにて掲載されます

sponsored link

TOEFL受験後の傾向

TOEFLハイスコアの方の職業例

企業のほとんどが採用の基準をtoeicに置くことが多くtoeflは就職のアピールにならないことが多いですがtoeflのスコア104から120であれば英検1級に相当し80から103は準1級、56から79は2級に相当するため、英語を求めている通訳、翻訳、外資系投資銀行、国内大手銀行、大手総合商社、証券会社などの面接の際にはその能力を十分に発揮できるでしょう。

TOEFLに向いている人

これからもしくは将来アメリカに語学留学を考えている方にお勧めの検定です。

TOEFLと同じ分野の他の資格

toefl 実用英語技能検定

TOEFLの給料相場

企業の多くはtoeicのスコアを基準に書類の選考を行いますが、海外に目を向けている企業や外資系企業などはエントリーシートにtoeflのスコア記入欄があるところもあります。大手外資系企業の年収は800万円から1000万円のところもあります。toeflではspeaking力も養われますので、面接の際に優位に働くこともあります。

TOEFLの現状

日本のアメリカへの留学生の数は2000年をピークに年々減少しておりここ最近は19000人ほどで、医療、通信、航空などあらゆるジャンルの最先端を学びたい、教育が充実している、様々な人種が集まるので色んな文化に触れることができる、といった大学生が多いです。toeflの受験者数は年間8万人ほどで知名度も高くないです。

TOEFLの将来性

ここ数年日本人のアメリカ留学生は減少傾向にあり、カナダやロンドンへの留学生の数が増加しています。それに伴いイギリス留学向けのieltsを受験される大学生の数も増加傾向にあります。今後も国内のアメリカ留学生の数に比例してtoeflの需要も変動しそうです。

TOEFLの独立について

toeflのハイスコアは英検の1級に相当しますので、通訳や翻訳、英語教室などを個人で初めても成功する可能性は十分にあります。個人経営になると経営力も同時に要求されます。英語の通訳や翻訳家の競争率は高く英語ができて当たり前の状態です。個人で成功させるには、専門分野や個性を活かすなどプラスアルファーが必要です。

こんな著名人の方もTOEFL資格を持ってます。

該当なし

コメントを残す

*

*