中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-13

中国語コミュニケーション能力検定は中国語でのコミュニケーション能力を測定する試験で1000点満点のスコア表示方式で行われています。検定のの知名度は高くないですが、コミュニケーションを必要とする企業の中では重要視している企業もあります。中国語検定と合わせて取得すると活躍の幅が広がります。


中国語コミュニケーション能力検定(TECC)は幅広い年代の男女が目指せる、語学力が鍛えられる資格です。
中国語コミュニケーション能力検定(TECC)は他にもTest of Communicative Chineseと呼ばれております。
中国語コミュニケーション能力検定(TECC)は「民間資格」です。


目次

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)取得のために必要な知識・受験資格

単語や語彙など会話に使われる言葉を豊富に知る知識と、長文を間違えずに聞き分けるリスニング力が必要です。ネイティブの発する独特の言い方や表現など参考書にのっていないところからも出題されますので、中国ドラマや映画などを鑑賞して知識を増やしていくとよいですね。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)は「ISI国際学院」が運営管理を行っております。

ISI国際学院とは:
グローバル人材育成のための教育環境の創造を通じて、人々の夢の実現と国際社会の発展に貢献している。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)ってどんな資格?

免税店や化粧品店の販売員や、VIP専用運転手など人と接する仕事では1人で多くのお客様を対応したり、お客様と1対1での対応など様々なケースでの接客に対応できる能力を要求されます。商品の魅力を最大限に伝える表現力とお客様によって話し方や距離感なども違いますので、その時にあった言葉を選ぶ選択力や臨機応変に対応できる能力も要求されます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)取得の為の勉強法

過去の問題集はそんなに多く出ていないですが、リスニングを中心に聞きなれない言葉や間違えたところをメモに取り何度も繰り返し完全暗記していきます。実際の中国語の会話が聞ける中国ドラマや映画などを繰り返し鑑賞することで、ネイティブ特有の言い回しや、難しい発音にも対応できるようになります。語学を習得するには長期を要しますのでしっかりと計画を立てじっくり腰を据えて学習する必要があります。また短期間で中国語を覚えたいという方には通信講座や、中国語教室もあり習いたての方から上級者の方まで中国語のプロたちが丁寧に指導してくれます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の試験料

受験料は6300円です。インターネットからの申し込みはクレジットカード、コンビニエンスストア決済のみとなります。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の年間試験回数

試験は年に2回行われています。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)試験科目等の内容

中国語コミュニケーション能力検定は中国語でのコミュニケーション能力を測定する試験になります。中国語の幅広い分野での知識を問われるというよりは、実際のコミュニケーションが行われるときに中国語を正確に使用できるかどうか?というところに重点をおいているようです。当試験はマークシート記入方式で問題はリスニングとリーディングに分かれています。前半のリスニングでは数字や日付など実際の会話に出てくる数字を問われる問題や、絵を見ながらの出題、会話形式での出題などです。数字のリスニングでは2回アナウンスが流れますが以降は1回しか流れないので、聞き逃しに注意が必要です。後半のリーディングでは、文に足りない文字を加える穴埋めや、会話形式の長文問題などです。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の難易度

中国語コミュニケーション能力検定の平均スコアは520点ほどです。400点~500点が24%、500点~600点が18%、600点~700点が10%で800点以上は数%です。社会に出て活用できるのが600点以上からになり、700点以上は難しい日常会話もこなし海外で活躍できるレベルです。900点以上は中国語の専門家レベルで難しい専門用語も理解でき人に伝達することもできるレベルです。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の合格率

1000点満点のスコア表示方式なので合否はありません。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の合格発表

試験実施後から約1か月後にスコアの載った認定書が郵送されます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)取得後の就職先・年収・報酬相場

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)所持者の職業例

空港免税店 化粧品販売員、観光バス、VIP専用運転手など

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の取得に向いている人

語学を習得するということは長期間を要し決して1年2年の短期間で習得できるものではありません。多くの方が勉強半ばで諦めてしまう方が多いです。長期にわたる勉強を飽きずに工夫して行える方や、将来絶対に中国語に関わる仕事に就きたいと思っている方、人と接することが好きで外国の方をもてなしたい方、などがこの資格を取得するのに向いているのではないでしょうか?

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)と同じ分野の他の資格

中国語検定試験、漢語水平考試(HSK)、中国語語彙能力検定、華語文能力測驗(TOCFL)、C.TEST:実用中国語レベル認定試験、実用中国語技能検定試験

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の年収・給料相場

コミュニケーションを必要とする企業はこの資格を重要視している企業もあります。免税店 250万円、VIP専属運転手 490万円、化粧品販売員 300万円、中国語を必要とする企業には積極的に応募するべきでしょう。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の現状

国内での中国語の資格といえば、受験者数4万人の中国語検定や受験者数2万人の漢語水平考試(HSK)の知名度が高く、3000人ほどの受験者数である中国語コミュニケーション能力検定は知名度が劣る資格となっています。仕事で活用するために取得する方や、長期を要する中国語検定上位級を受験する方が現状を知るための力試しに受験するという方もおられます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)の将来性

外国人語学留学生の増加や中国人観光客の増加、国内に在住する多くの中国人など訪日する中国人は確実に増加傾向にありますので、中国語コミュニケーション能力検定の資格も必要性は高くなってくるのではないでしょうか。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)所持者の独立について

中国語コミュニケーション能力検定で900点以上は業務での難しい会話なども苦にせずこなすことができるレベルで、中国語の専門家レベルに達しますが、国内企業では中国語検定や漢語水平考試(HSK)の認知が高いため、フリーランスとして活動する際はそのどちらかを取得しておくと、さらに有利に活動できます。

中国語コミュニケーション能力検定(TECC)を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*