実用フランス語検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-07-25

実用フランス語検定は1級から5級まで7つの階級に分けられています。仕事に活用される場合は準1級からが有効です。受験者数は年々減少傾向にありますが、フランス語は世界第2位の共通語なので、需要はまだまだ高いです。

       

実用フランス語検定は幅広い年代の男女が目指せる、語学力が鍛えられる資格です。
実用フランス語検定は他にも仏検と呼ばれております。
実用フランス語検定は「民間資格」です。

実用フランス語検定取得のために必要な知識・受験資格

日常生活で不自由なくフランス語が使えるレベルの必要単語巣は10000から15000ごといわれています。単語の知識が豊富であれば難しい問題であっても理解することができます。フランスの文化や歴史を知ることにより言葉の運用や表現の幅も広がり自分の伝えたいことを思うように伝えることができます。

先ずは無料で資料請求

実用フランス語検定は「公益財団法人フランス語教育振興協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人フランス語教育振興協会とは:
学校教育の場でフランス語振興を推進していくのみならず、広く生涯教育の一環としてのフランス語教育の伸張や各種の文化交流の推進にも力を注いでいる。

実用フランス語検定

実用フランス語検定ってどんな資格?

フランス語翻訳家を例に挙げると、フランス語翻訳家は映画や手紙、書籍などのフランス語を日本語にまたは日本語をフランス語に訳す仕事をします。フリーランスで活動される方の多くは在宅で活動されており、勤務時間は規則正しくはないです。依頼を多く抱えこんだり、急な依頼などでは1日中机に向かい続ける日もあれば依頼がない日などが続くと何日も作業をしないこともありますので、経済的には不安定です。実際に活動されている方たちからは、やったらやった分だけ稼げる、自由に時間が取れる、通勤で疲れることがない、といったいい声を聴けたり仕事が安定しないので収入が安定しない、運動不足になる、人との交流がない、などの声も聴きます。

実用フランス語検定の勉強法

フランス語の参考書は英語のそれに比べると種類は少ないです。まずはフランス語の新聞や本を読んでみましょう。わからない単語が所々ある場合はそれらををメモに取り覚えるまで繰り返し読み書きします。わからない単語が多い場合は辞書や参考書を中心に覚え単語力を底上げしましょう。リスニングは毎日フランス語のラジオやテレビでフランス語を聞きリスニング力を強化する方が多いです。

実用フランス語検定の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

先ずは無料で資料請求

実用フランス語検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

実用フランス語検定の試験料

1級 12000円(春季のみ)、準1級 10000円(秋季のみ)、2級8000円、3級5500円、4級4500円、5級 3500円

実用フランス語検定の年間試験回数

試験は春季と秋季の年2回行われています。

実用フランス語検定試験科目等の内容

1次テストでは筆記と聞き取り試験があり、1級から準2級では2次試験で面接があります

実用フランス語検定の難易度

5級はフランス語の入り口。簡単なフランス語を理解できるレベルです。必要語彙数は550語で、勉強時間の目安は50時間。4級は日常生活上で使われるフランス語の基礎を理解できるレベル。必要語彙数は920語で勉強時間の目安は100時間。3級はフランス語の基礎を理解できる簡単な日常生活でフランス語を使うことができるレベル。必要語彙数は1670語で勉強時間は200時間。準2級日常生活で必要とされるフランス語はある程度理解できるレベル。必要語彙数は2300語で勉強時間は300時間。2級は日常生活で必要なフランス語を理解できるレベル。必要語彙数は3000語で勉強時間は400時間。準1級は日常生活から社会的な専門分野のフランス語も理解でき言葉を上手く運用することができるレベル。就職活動に活かせるのは準1級から。必要語彙数は5000語で勉強時間は500時間。1級はフランス語を極められるレベル。難しい発音にも対応でき、フランス語特有の奥深い表現力を十分相手に伝えることができる。語彙数に上限はなく勉強時間も600時間以上です。

実用フランス語検定の合格率

1級 1次12.6%、2次11.3%、準1級 1次25%、2次22%、2級 1次35%、2次31%、準2級 1次60%、2次53%、3級59%、4級72%、5級88%仕事で活かせれるのは2級からです。

実用フランス語検定の合格発表

1次試験、2次試験ともに受験日より約1か月ほどで結果が郵送されます。

先ずは無料で資料請求

実用フランス語検定

実用フランス語検定取得後の就職先・年収・報酬相場

実用フランス語検定所持者の職業例

旅行会社、フランス語通訳、翻訳家、フランス語講師、パティシエ

実用フランス語検定の取得に向いている人

フランス語は文法や発音、綴りが独特なのが特徴的です。フランス語の持った奥深い表現を自分の思うように伝えるには「読む」「書く」「聞く」「話す」のすべてを事細かに覚える必要があります。勉強は長期にわたるため諦めない粘り強さが必要です。芸術や、フランス料理を学ぼうと考えている方にとってフランス語検定は必須と言えるでしょう。

実用フランス語検定と同じ分野の他の資格

delf.dalf

実用フランス語検定の年収・給料相場

通訳 平均650万円、フリーランスで1000万円以上収入を得る方もいます。翻訳家 平均500万円、フリーランスで1000万円以上収入を得る方もいます。フランス料理シェフ 3~500万円、

実用フランス語検定の現状

フランス語検定の受験者数は年々減少減少傾向にあります。フランス語を活かした仕事は決して多くはないですが、一定の需要があり安定しているといえます。

実用フランス語検定の将来性

近年フランスへの海外旅行者数が減少傾向にあります。フランス政府も観光事業に力を入れているようですが、旅行者数は政治情勢などにも左右されやすいようです。観光などの目的でフランス検定を受講される方は安定しなさそうですが、フランス語は多くの間で使用される言葉ですので仕事や語学を目的として受験される方にはまだまだ需要は高そうです。

実用フランス語検定所持者の独立について

フランス語通訳や翻訳家で活動していくためにフランス語検定1級は通訳、翻訳家としてのスタートラインになります。フリーランスの場合は、仕事が安定せずに他にアルバイトをしながら生計を立てている方も多くいます。仕事を安定させるためには他の方にはない人間性や専門知識など何かに特化したものを持っておくと活動に有利です。

実用フランス語検定を所有している主な著名人

仏検準2級 杉野真美 竹崎由佳

先ずは無料で資料請求

コメントを残す

*

*