ドイツ語技能検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

ドイツ語技能検定は1級から5級まで6つの階級に分かれており1級が1番難易度が高いです。大学の受験性が多く、子供から大人まで幅広い年齢層の方が受験されます。就活に活かせるのは準1級からですが、海外では知名度が低いため資格を活かすことができません。

       

ドイツ語技能検定は幅広い年代の男女が目指せる、語学力が鍛えられる資格です。
ドイツ語技能検定は他にも独検と呼ばれております。
ドイツ語技能検定は「民間資格」です。

ドイツ語技能検定取得のために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

細かく規則化された文法を覚える知識と単語を知る知識です。ドイツ語の文法は事細かに規則化されておりますので、きっちりと覚えることが重要です。単語は語学を学ぶ上では必須となり、日常生活上支障なくドイツ語を使用できるには7000語と言われています。

ドイツ語技能検定は「財団法人ドイツ語学文学振興会」が運営管理を行っております。

財団法人ドイツ語学文学振興会とは:
財団法人ドイツ語学文学振興会は1960年にドイツの理解と研究に寄与するために設立される

ドイツ語技能検定ってどんな資格?

ドイツ語技能検定

ドイツ語講師は教室に来た生徒にドイツ語を教えます。生徒はこれからドイツ語を習い始めようとする子供をはじめ、ドイツの芸術や伝統技術を学ぶために来られる高校生や大学生、定年後の新しい趣味にと学びに来られる中高年の方まで年齢層は幅広いです。講師たちは生徒のニーズに合わせて様々な形で授業をします。生徒の能力、やる気、時間の都合などに合わせてグループで授業をしたりマンツーマンで授業をしたりします。生徒が試験に合格したりドイツ人と会話ができたなど、生徒の成長を感じることが最大のやりがいです。

ドイツ語技能検定の勉強法

ドイツ語は他の言語に比べ文法が難しいといわれています。名詞は男性名詞、女性名詞、中性名詞に分かれさらに格が変化するときにも変化します。事細かに規則が設けられておりますのでまずはその規則を覚え、その通りに学習していくと理解しやすいです。あとは語彙も重要です。上位級では語彙数の制限がなく普段聞きなれないワードも数多く出題されるため、数多くのドイツ語を「読む」「書く」「聞く」「話す」ことです。ドイツ語の映画や新聞を見てその感想を紙に書いてみるのも効果的です。わからないワードがあれば忘れないようメモに取りくり返し見直します。

ドイツ語技能検定の専門学校・通信講座

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

ドイツ語技能検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ドイツ語技能検定の試験料

1級 12000円、準1級 10000円、2級 7000円、3級 6000円、4級 4000円、5級 3000円

ドイツ語技能検定の年間試験回数

2級から5級はは6月と11月の年2回行われており、1級と準1級は年1回で11月に1次試験、1月に2次試験が行われます。

ドイツ語技能検定試験科目等の内容

1次試験と2次試験に分かれており、5級 筆記40分、聞き取り20分、4級 筆記60分、聞き取り25分、3級 

ドイツ語技能検定の難易度

5級 勉強目安時間は30時間で必要語彙数は550語。ドイツ語の入り口であいさつなどの初歩的なドイツ語を使えるレベル。4級 勉強目安時間は60時間で必要語彙数は1000語。ドイツ語の基礎を理解できるレベル。3級 勉強目安時間は120時間で必要語彙数は2000語。日常の簡単な会話や手紙などの文章を理解できるレベル。4級から3級へは難易度が急に上がります。2級 勉強目安時間は180時間で必要語彙数は3000語。日常生活では不自由なくドイツ語を運用することができる。準1級 年単位で日常的にドイツ語に触れている。必要語彙数は5000語以上。2級に比べると難易度が格段に上がり参考書にはのっていない現地特有の表現などが出題されます。1級 数年以上日常的にドイツ語に触れている。社会的専門分野の内容も理解しそれを人に伝えることができるレベル。

ドイツ語技能検定の合格率

1級 11%、準1級 33%、2級 42%、3級 52%、4級 73%、5級 89%

ドイツ語技能検定の合格発表

試験後約1か月ほどで結果が郵送されます。

ドイツ語技能検定取得後の就職先・年収・報酬相場

ドイツ語技能検定

ドイツ語技能検定所持者の職業例

通訳、翻訳家、旅行会社、自動車業界での営業、ドイツ語講師

ドイツ語技能検定の取得に向いている人

ドイツの歴史、音楽、食べ物、文化が好きでドイツ語を学びたい方や旅行に行ってみたい方、大学でドイツ語を先行してみたい方、とにかくドイツ語が好きな方にはお勧めです。日常でドイツ語をある程度使えるようになるための必要語彙数は約8000語ほどなので、長期間愚直に勉強し続ける粘り強さも必要です。

ドイツ語技能検定と同じ分野の他の資格

ゲーテインスティテュート検定試験、オーストリア政府公認ドイツ語能力検定

ドイツ語技能検定の年収・給料相場

メルセデスベンツ(国内)500万から800万円、アウディジャパン 500万から1000万円、通訳 平均650万円、フリーランスで1000万円以上収入を得る方もいます。翻訳家 平均500万円、フリーランスで1000万円以上収入を得る方もいます

ドイツ語技能検定の現状

ドイツ語検定の受験者数はここ数年13000に前後を推移しています。大学生の受験が6割近くを占め、第二外国語を専攻した方や、就職活動に活かしたい方が受験しています。その他にも定年退職後の趣味として始められた方や、ドイツ旅行に行きたいという方など20代から60代まで幅広い年齢層の方がドイツ語検定を受験しています。

ドイツ語技能検定の将来性

ドイツに旅行に行かれる方、ドイツから日本に来日される方の数はわずかではありますが年々減少傾向にあります。一方大学生の第二外国語専攻の人気は高くドイツ語検定を受験される大学生の需要は高いです。就職活動ではドイツ語の需要は高くなく、海外でも独検の知名度はほとんどないためこちらの需要は低いです。

ドイツ語技能検定所持者の独立について

ドイツ語の翻訳家として独立した場合、英語の翻訳に比べると需要はガクッと落ちる見たいですが、ドイツの自動車産業、医療、化学技術などは世界的に発展しておりますので、それに関する翻訳の需要は必然的に高いです。ドイツ語プラス専門知識を身につけることで他の翻訳家との差別化を図ることができ、専門企業からの安定的な依頼を受けることができれば、収入も安定します。

ドイツ語技能検定を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

該当なし

コメント・口コミ・体験談

  1. 花崗 より:

    大学1,2年時にドイツ語の授業を取って勉強していました。2年間週二回の授業を受けていました。その4年後に大学時代の勉強を活かす目的で勉強を始めました。私は4級と5級の併願受験をしたので、テキストは4級と5級の2冊を購入しました。4級の試験はテキストが難しく早々に諦めていたので5級のテキストをメインに勉強を進めていました。リスニング教材のCDもついていましたが、私は利用しませんでした。大学時代に勉強していたことの復習で、ドイツ語自体も好きだったので勉強は楽しくおこなえました。
    当日の試験では先に5級から受けることが出来たので気持ち的に余裕があり、4級も記念受験的な位置づけでしたので気楽に受けられました。結果としてギリギリの点数で4級に受かりました。
    趣味で受けたので特にメリット等は感じていません。
    (花崗/東京都在住/20代/女性)

コメントを残す

*

*