フォワーダー資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-04-04

フォワーダーとは国際貨物の送り主(荷主)と輸送手段(船、飛行機、トラック等)の間に立って輸送の調整・手配する仕事です。貿易輸送に関する幅広い知識と、コミュニケーション能力、語学力を活かして活躍できる職種です。

       

フォワーダーは幅広い年齢層の男女が目指せる、国際物流のプロフェッショナルとなる資格です。
フォワーダー資格取得者は他にも乙仲、利用運送事業者と呼ばれております。
フォワーダーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、フォワーダーになるには?フォワーダーなるためには?フォワーダーになりたいを応援しております。

フォワーダーに必要な知識・受験資格

フォワーダー

大学や専門学校で貿易・物流系の学科を専攻した場合、貿易実務、貿易英語、貨物運送、物流管理、国際貿易法規、物流関連の法規、世界の為替、貿易保険などを学び、貿易や輸出入についての専門的な知識、貨物の輸送・保管・流通・通関手続きを含む物流の仕組みについての知識、貿易の場面で使われる専門用語・業界用語について日本語でも英語でも理解できるレベルの知識が求められます。それに加えて、海外の企業と取引をするうえで欠かせないのが、日本企業との習慣・文化・価値観の違いに対する知識と理解です。この違いを意識していることで取引先との連絡・交渉がより円滑に運び、誤解が発生するリスクも減らすことができます。

フォワーダーの資格は「該当なし」が運営管理を行っております。

該当なしとは:
該当なし

フォワーダーの仕事内容

荷主(荷物を輸出入したい依頼主)と輸送・運送手段(トラック、船会社、航空会社、倉庫など)を結び付けて国際輸送を行う業者をフォワーダーといいます。複数の荷主から荷物を預かり、同じ空港あての荷物をまとめて、航空会社と契約し輸送を手配する業者はエア・フレイト・フォワーダー(Air Freight Forwarder)と呼ばれることもあります。また、特に船会社と契約して海上輸送を行う業者をNVOCC(Non Vessel Operating Common Carrier)と呼ぶこともあります。貨物の輸出入に伴う通関必要書類や申告書の作成、関税検査の対応、貨物の保管・梱包・出入庫管理、トラックの手配なども行い、国際輸送のコーディネーター的な役割を果たしている職業です。フォワーダー事業者はの中には、輸出入の申告や輸入時の関税の申告などの通関業務の代行も引き受けているところが多く、この通関業務は通関士(国家資格)保有者が配置されている事業者のみ代行することができます。

フォワーダー資格の勉強法

フォワーダーの業務は非常に幅広く、多岐にわたっています。例えば、海上輸送を利用するのか航空輸送を利用するのか、輸入しようとしているのか輸出しようとしているのか、また、輸送する貨物の種類や貨物の重量・体積、貿易取引の相手国はどこなのか等、これらの多種多様な要素によって必要となる書類、手続きの流れ、関係してくる法律が異なります。そのため、貿易、国際物流、通関、英語での取引先との交渉の仕方を含むビジネス英語、さらに貨物の保管や情報管理についても広く学ぶことが必要です。このように幅広い事柄を体系的に学ぶため、大学や専門学校において貿易関係の学科を専攻するというのが一般的な方法です。多くの企業でも貿易の実務スキルを身につけるための研修を実施しているので、業務に携わりながらも日々、学び続けステップアップしていくことが可能です。

フォワーダーの専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

フォワーダーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フォワーダーの資格試験料

該当なし

フォワーダー試験・検定の年間試験回数

該当なし

フォワーダー試験科目等の内容

該当なし

フォワーダー資格の難易度

フォワダーの求人を見てみると、その応募要件はいろいろです。未経験者・英語能力なしからでも応募できるものもあれば、ビジネスレベルの英語必須、通関士、貿易事務経験者、英文電子メールでやり取り可能な方、その企業が専門としている取引先が中国であれば中国語スキルが求められることもあります。また、企業が主に扱っているのが医療器具や医薬品の場合には、医薬品についての知識を持っている、ということが応募要件とされているケースもあるようです。したがって、各事業者がどんな取引先と、どんなものをやり取りしていて、通関業務をどこまで代行しているのか違いがあり、それぞれの業者ごとに得意としている分野が異なります。それと同じで、このフォワーダーという職に就くにあたっての難易度も事業者・企業がによって大きな差があります。

フォワーダー資格の合格率

該当なし

フォワーダー試験の合格発表

該当なし

フォワーダー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

フォワーダー

フォワーダー所持者の職業例

海運・船会社、NVOCC、貿易事務、国際空輸会社

フォワーダーに向いている人

貨物の管理、輸送手段の手配、書類の作成など、電子メールや文書でのやり取り、数字の確認作業などが苦にならず、こつこつできる人にこの仕事は向いています。また、船や飛行機の発着時間に合わせてスケジュール管理をしていく必要もあるため、時間の使い方が上手にできる人、早朝や夜間など変則的な勤務時間にも対応できる人も適性があると言えるでしょう。また、荷主と輸送会社との間に立ち連絡調整をするという仕事なので、会社の内外を問わず人とのコミュニケーションをとり信頼関係を築いていくことができる人、語学の学習に熱心に取り組み続けられる人にとっても自分の良さを十分に発揮できる職種と言えるでしょう。

フォワーダーと同じ分野の他の資格

通関士、貿易事務検定、TOEIC

フォワーダーの年収・給料相場

所属する企業が日系なのか外資系なのか、勤務地は日本なのか海外なのか、取得している資格や語学力はどの程度なのか、貿易関連の経験年数はどれくらいか等々、それぞれの条件によって収入にも違いがあります。初年度の年収は350万円前後が一般的なようです。大手フォワーダーでは平均年収が(有価証券報告書調べ)650~700万円という企業もあります。

フォワーダーの現状

日本は四方を海に囲まれている国です。世界との物流は海上・航空での輸送により成り立っています。輸出入に関わる必要書類や申告書類等はデジタル化され、以前と比べると人の手を必要としなくなっているという見方もできるかもしれませんが、物の行き来がある限り、フォワーダーという職種は必要な存在です。荷主は物流の高速化や低コスト化を求めているため、貨物の輸送・保管のみでなく、通関業務、陸上輸送も一括で代行してくれるフォワーダーが期待されています。

フォワーダーの将来性

貨物の輸送方法はいろいろあります。大きく分けて、航空・海上・陸上となりますが、それぞれ特長が異なり、輸送の目的や取り扱う貨物の種類・特性によって使い分けることが必要です。ある1つの分野を専門として、その分野におけるノウハウを培い、常に質の高い仕事をするという方向性で事業展開していくフォワーダーもいれば、様々な輸送手段を総合的にコーディネートしていく方向へと展開していく企業もあるでしょう。また、世界各地での求められているサービスの違いに柔軟に対応することによっても、フォワーダーとしての需要が増えるでしょう。たとえば、日本の荷主は貨物の品質を最優先事項としているかもしれません。しかし、他の地域においてはスピードが最優先事項とされていて、日本で求められるほどの高い品質は求められていないということもあり得るからです。日本は世界の中でも上位に位置する貿易大国です。フォワーダーはこれからも必要とされ続ける職種と言えるでしょう。

フォワーダーの独立について

貿易や輸送に関わる企業で経験を積んだ後に、自分の経験や築いてきたネットワーク、ノウハウを生かして独立・起業する人もいます。そのような場合、大手の業者からは業務を引き受けてもらうことのできなかった中小規模の荷主からの依頼を扱う機会が多くなります。そういう中小規模の顧客を丁寧に扱うことが独立後の安定に大きく関係しているでしょう。別の点として、通関業務において得意分野を持っているということも独立・起業する際の強みとなります。衣類が得意、食品が得意、医薬品が得意など専門的な能力を活かして荷主にとって必要不可欠な存在となることができるでしょう。

フォワーダー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*