エスタ申請の料金は幾らで代行の金額は高額?自分で申請はできる?

masman

by kame

更新日:2019-08-20

公開日:2019-08-20

ハワイ旅行などのときに必要になるエスタ申請。聞き馴染みのない人も多いかもしれません。本記事では初めてのハワイ旅行などでわからないことだらけのエスタ申請について、料金や代行業者に頼んだときの金額、詐欺の危険などまとめました。


ハワイ旅行など、アメリカに行く時に耳にする言葉「エスタ」。アメリカなどに渡ったことのない人は聞き馴染みのない方も多いでしょうが、申請していないとハワイ旅行等に行けないというモノなんです。

本記事では、ハワイに初めて旅行する!という人の助けになるエスタの知識の中でも特にエスタ申請時にかかる料金のことをメインにまとめました。

エスタ申請を代行してくれる業者や大手旅行代理店も存在していますが、中には詐欺まがいの金額のぼったくり手数料を請求してくる業者もあるようですので自分でエスタ申請できるようになっておきましょう


ハワイに行くなら必須のエスタ申請とは…?

エスタ申請

エスタ(ESTA)は、2009年1月よりアメリカ渡航時に申請することが義務化されているもので、ビザがなくても入国可能なビザ免除プログラム用の電子渡航認証システムのことです。

英語で書くと”Electronic System for Travel Authorization”で、ESTA(エスタ)です。

ハワイ旅行や、ビジネスのためなど、ビザなしで90日以内のアメリカ滞在をする場合は米国大使館でのビザ取得は免除されます。このときにエスタ申請を行い、事前にオンラインで認証を受けておくことが必須となっています。

登録さえ済めば便利?

エスタは、渡航者の情報をオンラインで確認できる高度なシステムを利用しています。

エスタ申請が済んでいればハワイ旅行などの渡航認証の際に、書面を提示したりする手間もなく、入国管理局や空港からそれらの書面の提示を求められたりすることもなくなります。

パスポートを出すだけで自動認証が済み、サッと通ることができます。

ただし、ハワイ旅行などでアメリカに入国する計画をしている人の多くは、万が一システムが不調だった場合や、登録の不備・確認漏れなどのアクシデントがあった場合のことを想定してプリントアウトしたた書面も同時に用意しているようです。

観光英語検定の難易度・仕事内容・合格率・給料相場
観光英語検定試験は、観光業界、旅行・ホテル業界、レストランなど様々な職場で重要視されている英語のスキルを向上させるために行われています。今後もさらに需要が高まる英語、その中でも注目度の高い検定資格です。
【無料】海外旅行に行く?審査なしVISAカード「楽天デビットカード」
クレジットカードがあれば、現地通貨に両替不要で、セキュリティもあるから、安心。でも、クレジットカードを作るときに困るのが、審査。じゃあ、自営業や主婦、学生、ブラックリストの人でも大丈夫な審査不要のVISAカードを作ってから、出発しましょう。海外旅行に...

エスタ申請にかかる料金

エスタ申請 料金

エスタ申請は有料です。子供・乳幼児であっても1人ずつ全員登録する必要があり、一人につき14ドルかかります。

料金の支払いにはクレジットカードが必要となります。使えるクレジットカードは以下の通り。

  • VISA
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB
  • Diners

エスタ申請に必要なモノは?

エスタ申請はオンラインで行うものなので、インターネットにつながっているパソコンとクレジットカード、パスポートがあればどこでもすぐに申請できます。

ただし、申請者の自宅住所や勤務先住所、滞在先の住所に関しては英語で書く必要があるので、住所の英語表記に慣れていない人はこちらも予め準備しておくと登録がスムーズにできます。

日本語住所と英語住所では、ただただローマ字で地名を書くだけでなく、表記する順番が完全に真逆だったり町目や番地、号などは使わずに○○-○○-○と書くほうが良いなど慣れないうちはパッと書けないこともあるものです。

日本語住所を英語表記にできる?

英語での住所の書き方がわからない!という場合に役立つサイトがあります。

以下のようなサイトを利用すれば住所の英語表記はすぐに済むので苦手な人は利用してみてはいかがでしょうか?

ヤバ!「海外旅行」保険入るの忘れてた!海外から保険に入るには?
ウキウキした気持ちで“海外旅行”に来てから、「保険」に入ってないのに気づいたら、安心して旅行を楽しめないですよね。何もないことが前提ですが、やっぱり不安な「保険」。日本の保険会社は、海外からでは「保険」に入れません。旅プロ筆者が教える海外からでも入...
親が抱える子供の英語教育における問題点と、おすすめできる英語教室
資格広場では、国家資格や職業の情報以外にもこのような習い事に関する情報も公開して参ります。ここでは、小さいお子様を持つ保護者や親御さんが持つ悩みの一つである「お子様の英語教育」に関して、現代社会の情勢をふまえた上での英語教育の問題点やこれからの子...

エスタ申請は自分でできるの?

エスタ申請 自分で

エスタ申請は自分でできます。念の為もう一度。

エスタ申請は自分でできます!

上記で紹介した必要なものを揃えて、エスタ公式サイトで入力するだけです。

入力項目数はそこそこ多いし、初めての登録だと何かと不安になってしまいがちで、代行してもらえるのならありがたいと思ってしまいそうですが、エスタ申請の代行サイト…実はたくさん存在します。

代行サイトだけではなく、旅行代理店などでもある手数料としてある程度の金額を上乗せしてエスタ申請の代行を行っているところがあります。

エスタ申請料金の他に登録手数料を請求される

しかし先に紹介した通り、エスタ申請に必要なモノはパスポートと現住所と滞在先住所の情報だけでした。

代行に依頼する場合でも結局住所やパスポートの情報を端末に入力したり書類に記入したりしますよね…?

つまり全く同じ入力項目を代理店や代行サイトに入力するかエスタ申請公式サイトに入力するかの違いしかありません。

これなら登録手数料分の金額を支払うことなく自分で登録するほうが断然お得なわけです。

詐欺サイトも多く存在している!

代行サイトに頼んで、ちょっと手数料を取られるだけならまだマシな方とも言えるでしょう。

エスタ申請を代行してくれそうな見かけをしているサイトの中には、ぼったくり金額の手数料を請求する代行サイトや、もっと酷いものでは料金だけ請求されて本当はエスタ申請すらしていない悪質な詐欺サイトあります。

また、更に注意が必要なのはエスタ申請の公式サイトのような雰囲気を出している詐欺サイトです。

エスタ申請にはクレジットカードの情報入力をする必要があるため、公式サイト以外でクレジットカード情報を入力してしまうと、悪用される危険性もあります。

エスタの確認は簡単にできる!

エスタは、新規申請登録する時と同じ公式サイトで登録状況の確認も簡単にできるようになっています。

もし旅行代理店などでエスタ代理申請のサービスをなどを利用した場合には、きちんと登録されているかどうかを公式サイトにパスポート情報を入力するだけで確認できますのでチェックしておくと良いでしょう。

有効期限などのチェックも一緒にできます。

【裏技】海外旅行の重いトランクをコンビニから空港に送ろう!
海外旅行の予定がありますか?たくさん荷物を詰めて、トランクが重くなってしまった?そんなアナタにオススメなのが家の近所にあるコンビニから、空港に宅配便で送る方法です。旅行前に手続きをしておけば、手ぶらで空港まで行けて便利です。海外在住者(筆者)だから...
帰国子女のお子さんの英語教育
皆さんが学校に通っていた時に、クラスメイトに帰国子女はいませんでしたか。帰国子女と聞くと「英語がペラペラ」「かっこいい!」と感じる人も少なくないでしょう。しかし、日本に住んでいる全ての帰国子女が英語を完璧に話せるのでしょうか。

エスタ申請の料金は幾ら?自分で申請できる?まとめ

エスタ申請の料金や、代行でかかる手数料などと、エスタ申請は自分でできるのかどうかについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

本記事の内容をまとめると、

  • エスタ申請はビザなしでハワイ旅行に行くなら必須!
  • エスタ申請はオンラインで公式サイトから行うことができる!
  • 料金は自分で申請する場合なら14ドル。代行などを利用すると手数料などで金額が上がってしまう。
  • ぼったくり代行サイトや詐欺サイトに引っかかるリスクを避けるために自分で申請するのが一番!

ということになります。「ハワイ旅行に初めて行くけどエスタ申請ってよくわからない…」という人の参考になれば幸いです。

コメントを残す

*

*