ABKタイ語検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

ABKタイ語検定試験は、タイ語を利用する能力を認定する民間資格です。タイ語の知識力向上のために作られました。


ABKタイ語検定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、タイ語を学べる資格です。
ABKタイ語検定試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
ABKタイ語検定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、ABKタイ語検定試験になるには?ABKタイ語検定試験なるためには?ABKタイ語検定試験になりたいを応援しております。

ABKタイ語検定試験になるために必要な知識・受験資格

5~3級は、基本的文法を理解すること、意思疎通ができること、タイ語の読み書きができることなどが必要です。準2~1級は、高度なタイ語運用能力を有し、一般通訳・翻訳に不自由しない能力が必要となります。

ABKタイ語検定試験の資格は「特定非営利活動日本タイ語検定協会」が運営管理を行っております。

特定非営利活動日本タイ語検定協会とは:
日本とタイ両国の交流に役立てるために設立されました。

ABKタイ語検定試験

ABKタイ語検定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

日本からタイへの年間渡航者数は100万人を超えます。タイへ進出する日本企業も多いです。3級以上の合格者は、タイ語のできる人材として重宝されるでしょう。また、2~1級は、会議通訳・一般通訳が可能なレベルです。

ABKタイ語検定試験資格取得の為の勉強法

協会やその他のセミナーが実施する講座があります。講習では、協定認定のタイ語講師が過去問題を中心とした資料を用いて考え方や解法の解説を行う中で表現力や語彙力を高めながら試験合格を目標とした講義を行います。5級レベル講座は、ローマ字発音記号を習得済の方が対象です。4級レベル講座は、タイ文字の読み書きを習得済の方が対象です。3級レベル講座は、4級を合格済の方が対象です。単語・語彙・文法に重点を置いた検定対策講座となっています。

ABKタイ語検定試験の専門学校や通信講座について

協会で講座が開講されています。

ABKタイ語検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ABKタイ語検定試験の資格試験料

検定料は、5級が5,300円(2,000バーツ)、4級が6,300円(2,400バーツ)、3級が7,300円(2,800バーツ)、準2級が7,800円(3,000バーツ)、2級が8,500円(3,200バーツ)、1級が9,500円(3,600バーツ)です。()内はバンコク会場で受付・受験する場合の受験料です。

ABKタイ語検定試験試験・検定の年間試験回数

毎年春期(6月初旬の日曜日)と秋期(11月初旬の日曜日)の年2回行われています。5~3級は春期と秋期に行われますが、準2級は春期のみ、2~1級は秋期のみ行われます。

ABKタイ語検定試験試験科目等の内容

試験は、一次試験と二次試験に分かれています。一次試験は、筆記が50分(2級は60分)、リスニングが約10~20分となります。二次試験は、2名の面接官による口頭試問となります。5級から準2級は一次試験のみです。合格基準は、100点満点中70点以上の得点で合格判定となります。

ABKタイ語検定試験資格の難易度

現在調査中

ABKタイ語検定試験資格の合格率

非公開となっています。

ABKタイ語検定試験試験の合格発表

合格発表は、合否通知が郵便で送付されます。5~準2級は、試験日より約30日後に送付されます。2~1級は、一次試験日より約14日後に、二次試験日より約30日後に送付されます。合格者には合格認定証書と合否通知書が送付されます。

国家資格バナー

PR



ABKタイ語検定試験

ABKタイ語検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ABKタイ語検定試験所持者の職業例

タイのガイドツアー、服や雑貨などのバイヤー

ABKタイ語検定試験に向いている人

タイに関心がある方や、母国語以外の言葉を話せるようになりたい方に向いています。

ABKタイ語検定試験と同じ分野の他の資格

ドイツ語技能検定、インドネシア語技能検定試験、通訳技能検定、日本語能力試験、オーラルコミュニケーション検定

ABKタイ語検定試験の年収・給料相場

タイは日本との交流が活発な国であり、観光業などにおいて有利になる資格です。就職前に、この資格を取得しておくと、国際取引をタイと行っている企業で評価されやすく、年収が上がりやすくなります。

ABKタイ語検定試験の現状

日本とタイの交流の歴史は実に長年に渡り、現在では日本からタイへの年間渡航者数は100万人を超える時代になりました。日本とタイ人との国際結婚も増え、日本企業の多くもタイへ進出しております。また、老後にタイでの生活を考えられる人もかなりの数おられます。タイ語の必要性が年々増加しているといえるでしょう。このような現状をふまえ、まず乗り越えなければならないのはタイ語の壁です。このタイ語の壁を乗り越える目標として、またタイ語を習得する基準として、多くのタイ・タイ語に携わる企業、学校、タイ語学習者の方々がタイ語のレベルチェックの必要性を感じています。

ABKタイ語検定試験の将来性

この資格を取得すれば、タイへの旅行・生活ができるようになります。日常会話や社会生活に必要なタイ語を学ぶことができ、一般通訳もできるようになるため、タイでも困ることはありません。

ABKタイ語検定試験の独立について

独立は可能です。

ABKタイ語検定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*