インドネシア語技能検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

通関士

インドネシア語技能検定試験とは、日本で唯一インドネシア語に関する検定試験で、「日本インドネシア語検定協会」が実施しています。資格取得者には、学校によっては単位が認定されたり、昇給や評価の基準としている企業も増えてきており、社会的認知度が高く、2013年度には2000名以上受験しています。試験は、通訳・翻訳者のプロレベルとして通用する「特A級」から、挨拶程度の基本的な日常会話ができる「E級」まで6段階あります。

       

インドネシア語技能検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、日本唯一のインドネシア語の検定試験資格です。
インドネシア語技能検定資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
インドネシア語技能検定の資格は「国家資格」です。

資格広場は、インドネシア語技能検定になるには?インドネシア語技能検定なるためには?インドネシア語技能検定になりたいを応援しております。

インドネシア語技能検定に必要な知識・受験資格

インドネシア語の通訳、翻訳者のプロとして通用するレベル。職場や社会生活に必要な高度なインドネシア語を理解し、使用、文献を読んで翻訳でき、業務文書を書いたり、一応の会議通訳ができ、職場や社会生活に必要なやや高度なインドネシア語を理解し、使用できる。看板や平易な手紙などを読み、挨拶、自己紹介、意思表示などの初歩的な日常会話ができる。初歩的なインドネシア語を理解し、使用などレベルによって理解の程度は異なります。筆記試験やリスニング面接などがあります。

インドネシア語技能検定の資格は「日本インドネシア語検定協会」が運営管理を行っております。

日本インドネシア語検定協会とは:
インドネシア共和国教育文化省言語育成振興局国際インドネシア語教育学会と提携し検定試験を行っています

インドネシア語技能検定

インドネシア語技能検定の仕事内容

インドネシア語技能検定試験は、日本で唯一のインドネシア語能力を測る公的な試験です。資格取得を単位の認定に活用する学校や、昇給や評価の基準としている企業も増えてきています。また、上級取得者はプロの通訳・翻訳者として、活躍の場を広げることも可能です。1992年に開始以来、毎年、3,000名以上が受検しています。

インドネシア語技能検定資格の勉強法

日本インドネシア語検定協会のホームページ内に練習問題があるのでチャレンジしてみて下さい。インドネシア語は外来語として日頃から接する機会の多い英語と比べて、圧倒的に触れる機会の少ない言語です。特に、独習で習得しようとする場合、定期的なクラスに通っている方と比べて、インドネシア語に対する距離があります。ですので、とにかく日頃からインドネシア語に触れるように機会をつけたいです。インドネシア語の文法は他の言語と比べて比較的簡単ですので、文法さえ覚えてしまえば、文字はアルファベットですし、取得は容易です。

インドネシア語技能検定の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

インドネシア語技能検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

インドネシア語技能検定の資格試験料

【E級】3,000円【D級】4,000円【C級】5,500円【B級】8,000円【A級】9,000円【特A級】18,000円 (各税込)となっています。特A級はA級合格者が受験できます。

インドネシア語技能検定試験・検定の年間試験回数

1次試験・1月7月 2次試験・3月9月となっています。第53回一次 2018年7月15日・2次 2018年9月9日・第54回1次・2019年1月13日・2次2019年3月10日実施となっています。

インドネシア語技能検定試験科目等の内容

特A級インドネシア語の通訳、翻訳者のプロとして通用するレベルです。職場や社会生活に必要な高度なインドネシア語を理解し、使用できる。A級・一般の新聞記事、文献を読んで翻訳でき、業務文書を書いたり、一応の会議通訳ができ、職場や社会生活に必要なやや高度なインドネシア語を理解し、使用できるレベルです。B級・平易な新聞記事、文献を読んで翻訳でき、平易な業務文書を書いたり、簡単な通訳ができる。職場や社会生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できる。レベルです。C級商品の取扱説明書、広告などを読み、日常生活について手紙を書いたり、一般的な日常会話ができる。日常生活に必要なインドネシア語を理解し、使用できる。D級案内板、チケットなどを読み、買い物、道案内、伝言などの簡単な日常会話ができる。日常の身近なインドネシア語を理解し、使用できる。看板や平易な手紙などを読み、挨拶、自己紹介、意思表示などの初歩的な日常会話ができる。初歩的なインドネシア語を理解し、使用できるレベルになっています。

インドネシア語技能検定資格の難易度

特特A級・インドネシア語の通訳・翻訳者として通用するレベルです。A級・社会生活に必要なインドネシア語を理解し口頭で表現できる。一般通訳ができ、放送の内容を理解したり自分の意思を表現したりできるレベルです。B級日常生活や職場で必要なインドネシア語を理解し、口頭で表現できるレベルです。C級・基本的なインドネシア語を理解できる。日常的な文章を書くことができるレベルです。D級初歩的なインドネシア語を理解し、簡単な挨拶や日常の慣用表現など初歩的意思表示ができるレベルです。E級・初歩的なインドネシア語の単語や文章が読め、書くことができるレベルです。

インドネシア語技能検定資格の合格率

2017年7月参照。E級・出願数316人・合格率75.0%・D級出願数537人・合格率52.0%・C級出願数499人・合格率29.1%・B級出願数180人合格率-A級・出願者48人・合格率-となっています。E級は75%と高い合格率となっています。

インドネシア語技能検定試験の合格発表

2次試験の14日前までに通知します。

インドネシア語技能検定

インドネシア語技能検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

インドネシア語技能検定所持者の職業例

日本国内でこの資格を生かせれる職業はあまり見当たりませんが、ツアーガイドであったり、講師などインドネシア語と直接関わる企業であれば、就職や転職の際に有利になります。また、通訳として独立することも可能です。

インドネシア語技能検定に向いている人

インドネシア語技能検定試験の最上級である特A級は通訳・翻訳のプロとして通用するレベルで、特A級取得者は、フリーの通訳・翻訳者、団体や企業のインドネシア語専門職として活躍されています。上級取得はプロの通訳・翻訳者として、インドネシア関連団体や関連企業などで、活躍の場を広げる足掛かりとなるでしょう。

インドネシア語技能検定と同じ分野の他の資格

インドネシア語の検定試験はこのインドネシア語検定のみになっています。

インドネシア語技能検定の年収・給料相場

企業が採用の際に考慮に入れたり、社員の語学力評価の基準として取得級別の昇給表を作るなど、上級取得者を優遇する企業も増えています。

インドネシア語技能検定の現状

資格取得者には、学校によっては単位が認定されたり、昇給や評価の基準としている企業も増えてきており、社会的認知度が高く、2013年度には2000名以上受験しています。

インドネシア語技能検定の将来性

インドネシア語技能検定試験の最上級である特A級は通訳・翻訳のプロとして通用するレベルで、特A級取得者は、フリーの通訳・翻訳者、団体や企業のインドネシア語専門職として活躍されています。上級取得はプロの通訳・翻訳者として、インドネシア関連団体や関連企業などで、活躍の場を広げる足掛かりとなるでしょう。また公的な検定試験として成績評価の基準にしたり単位認定する大学、および採用試験、語学力評価、資格手当などで優遇する企業も増えています。

インドネシア語技能検定の独立について

上級取得者はプロの通訳・翻訳者として、活躍の場を広げることも可能です。

インドネシア語技能検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*