ハングル能力検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-05-31

通関士

ハングル語能力検定試験は1級から5級まで6つの階級に分けられており1級が一番難易度が高いです。就職活動に活用できるのは2級からです。企業に就職する大学生や高校生や韓国ドラマや韓国旅行が好きな女性の受験者数が多いのが特徴です。


ハングル能力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、一般的な韓国語の検定試験資格です。
ハングル能力検定資格取得者は他にもハン語と呼ばれております。
ハングル能力検定の資格は「民間資格」です。


資格広場は、ハングル能力検定になるには?ハングル能力検定なるためには?ハングル能力検定になりたいを応援しております。

ハングル能力検定になるために必要な知識・受験資格

ハングルの母音(字)と子音(字)を正確に区別できる。約480語の単語や限られた文型からなる文を理解することができる。比較的使用頻度の高い約1,070語の単語や文型からなる文を理解することができる。決まり文句以外の表現を用いてあいさつなどができ、丁寧な依頼や誘いはもちろん、指示・命令、依頼や誘いの受諾や拒否、許可の授受など様々な意図を大まかに表現することができる。様々な相手や状況に応じて表現を選択し、適切にコミュニケーションを図ることができる。相手に対して失礼のないように表現を選び、適切にコミュニケーションを図ることができる。また、用件的に複雑な依頼や謝罪、批判などに関しても、適切に表現を選択し目的を果たすことができる。相手のみならず、場面や状況までを考慮した上で、的確に意図の実現ができ、報告書やエッセイなど、ほとんどのジャンルを考慮したスタイルの選択も可能など各級によって韓国語の理解程度は異なります。

ハングル能力検定の資格は「ハングル能力検定協会」が運営管理を行っております。

ハングル能力検定協会とは:
ハングル能力検定協会は、日本で「ハングル(*1)」を普及し、日本語母語話者の「ハングル」学習到達度に公平・公正な社会的評価を与え、南北のハングル表記の統一に貢献するという3つの理念で検定試験を実施しています。

ハングル能力検定

ハングル能力検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

ハングル検定は1993年から実施されている、日本初の韓国・朝鮮語検定試験です。韓国政府が「韓国語能力試験(TOPIK)」を開始し、いまでは「ハングル検定(を受ける)か、TOPIKか」という環境になりましたが、ハングル検定の日本での地道な活動や貢献度は高く評価できると思います。韓国政府関連のTOPIKは世界共通の試験なので設問も韓国語です。初級レベルの1級・2級は共通問題であるため、学習したての方は少しハードルが高い印象を受けます。一方、ハングル検定は初級が5級・4級に分かれ、しかも準2級までは日本語による設問なので、初級者がチャレンジしやすい試験だと言えます。

ハングル能力検定資格取得の為の勉強法

様々な問題集がありますが、李昌圭さんが出版している「ハングル能力検定 実戦問題集」は問題数が多くて、問題の難易度も高いので、このテキストを徹底的にこなすことで、他の問題集が簡単に思えるほどです。出題範囲内の単語が全て載っていますし、文法などの説明も分かりやすいので、試験対策だけではなく、これから韓国語を学ぼうとしている人にも最適でオススメできます。CDも付属しているので、発音の勉強にもなります。

ハングル能力検定の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ハングル能力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ハングル能力検定の資格試験料

1級 10,000円・3級 4,800円・2級 6,800円・4級 3,700円・準2級 5,800円・5級3,200円となっています。

ハングル能力検定試験・検定の年間試験回数

「ハングル」能力検定試験は年に2回実施されます。※1級1次合格者の2次面接試験は、試験日から3週後の日曜日に実施されます。

ハングル能力検定試験科目等の内容

ハングル能力検定試験の出題範囲が等級ごとに決まっています。5級の問題はすべて「合格トウミ-改訂版-初中級編」のリスト内から出題されます。4級~準2級までの問題は、問題の構成上、場合によって「合格トウミ-改訂版-初中級編」のリスト外から5%出題されます。(3級から準2級までは、「上達トハギ」も参照)1級と2級は出題される問題集が特に決まっていないので、通学・通信講座などを利用しての対策が必要になってきます。

ハングル能力検定資格の難易度

4級と5級は基本的な挨拶、趣味や好きな食べ物などの自己紹介が出来るレベルで良いので、韓国語を習い始めた初心者でも合格することはそれほど困難では無いです。3級になると高い慣用句や社会的出来事に関してもある程度理解しなければいけませんので、難易度はアップします。準2級以上になると、高度なコミュニケーション能力が問われますので、独学での取得は難しくなります。

ハングル能力検定資格の合格率

2017年春季参照。1級受験者72人合格率13.9%・2級受験者383人・合格率11.0%・準2級受験者853人・合格率51.8%・3級受験・2,086人・合格率47.9%・4級 受験者2,173人・合格率85.4%・5級 受験者1,920人合格率 87.2%となっています。準2級までは合格率も50%ありますが2級1級7になるとがくっと合格率が下がっています。

ハングル能力検定試験の合格発表

協会ホームページにて公開されます。

ハングル能力検定

ハングル能力検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ハングル能力検定所持者の職業例

語学学校の講師、旅行会社、ツアーコンダクター、商社などで貿易関係の仕事、翻訳の仕事や通訳の仕事などをする場合、韓国語を話せることが条件になっていることがあります。その際、ハングル能力検定試験の資格を習得しておくと有利になります。また、直接関係のない業務であっても、海外との取引が多い企業に就職したい場合では、「ハングル能力検定試験○級です」と答えられると、企業にとっても評価しやすく、アピールポイントになるのです。

ハングル能力検定に向いている人

韓国が好きで、旅行や留学をしたいと考えている人、あるいは、よく旅行や仕事で訪問するため韓国語を身につけたいと考えている人にとって、「ハングル」能力検定試験は最適な検定でしょう。初心者から上級者まで、幅広く対応しているので、自分の学習レベルを段階的に確認でき、韓国語学習の励みになるはずです。国内の観光業や一部の販売業においても、韓国人観光客は重要なお客さんになっているため、韓国語のスキルは有用です。サービスや商品を韓国語で説明したいという人におすすめの検定試験です。

ハングル能力検定と同じ分野の他の資格

ハングル能力検定、韓国語能力試験(TOPIK)、通訳案内士試験などです。

ハングル能力検定の年収・給料相場

ハングル能力検定を受けることで年収に直結するわけではありません。あくまで能力の一つですからこの能力を活かして、どのような就職先に就職できるのか、どのような仕事に就くのかによって、年収は大きく異なります。

ハングル能力検定の現状

2006年からはコミュニケーション重視の方向性に転換し、より実践的な韓国語試験へとリニューアルされ、のべ30万人を超える受験数を誇る人気検定となっています。

ハングル能力検定の将来性

もっとも身近な隣国であるため、利害が衝突することも多く、日韓関係はしばしば険悪になりがちですが、民間交流は変わらず活発であり、政府間の問題はさほど大きな影を落としません。現に韓国から日本への旅行者数は中国に次ぐ高い水準をキープしています。よほど大きな世界情勢の変化がない限り、貿易や観光といったビジネス分野で、韓国語スキルの需要は今後も維持されてゆくでしょう。しかし国内には、在日韓国人をはじめとして、両国の言葉に堪能なバイリンガルが多いこともあって、「ハングル」能力検定試験の成績だけで企業に優遇されることはなさそうです。

ハングル能力検定の独立について

翻訳者や、通訳者になれば独立は可能です。

ハングル能力検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*