世界韓国語認証試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-05-31

通関士

世界韓国語認証試験は現韓国語能力試験で、韓国での留学・就職の基準になっている民間資格です。1級から6級まであり、2級以上ならある程度就職には有利になりますが、仕事に役立てるのならネイティブもしくは通訳レベルではないと厳しいです。


世界韓国語認証試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、基本的な会話から高度な会話まで資格です。
世界韓国語認証試験資格取得者は他にも韓国語能力試験と呼ばれております。
世界韓国語認証試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、世界韓国語認証試験になるには?世界韓国語認証試験なるためには?世界韓国語認証試験になりたいを応援しております。

世界韓国語認証試験になるために必要な知識・受験資格

級によって異なりますが、基本的な語彙・文法は確実に必要です。

世界韓国語認証試験の資格は「公益社団法人韓国教育財団」が運営管理を行っております。

公益社団法人韓国教育財団とは:
昭和38年に設立されました。

世界韓国語認証試験

世界韓国語認証試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

韓国語能力試験は、大韓民国政府(教育省)が認定・実施する唯一の韓国語(ハングル)試験です。韓国語学習者に学習方法を提示するとともに、韓国語の普及や、試験結果の学習・留学・給食等への活用などを目的に世界70か国以上で一斉に実施されています。

世界韓国語認証試験資格取得の為の勉強法

勉強法は、1・2級(初級)、3・4級(中級)、5・6級(高級)によって分かれます。初級は、1番難易度の低い試験ですが、問題文・説明文は全て韓国語で、しかも作文まであるのでなかなか手ごわいです。初級とはいえ、かなりの勉強が必要となります。1級は、基本的には初歩の文法と単語を押さえておけば大丈夫です。「行く・食べる・本」などの単語や「現在形・過去形・未来形・疑問形」などの基本的な文法がなんとなくわかっていれば十分です。2級は、韓国語の勉強初心者がかなり勉強して到達できるレベルです。旅行会話ぐらいでは2級合格は少し難しいです。ポイントは基本的な語彙・文法をしっかりと覚えることです。無理して難しい単語や文法を覚える必要はありません。作文は、まず作文用紙を埋めることを目標に取り組みましょう。ある程度埋まっているだけでも点数はもらえます。中級は、真ん中に位置する試験ですが、初級との試験問題のレベルの差がかなりあります。3級は、韓国語学校で約半年みっちり勉強して合格できる程度です。対策としては、まず基礎からワンステップアップした文法・単語を覚えることと、長文を読む習慣をつけること、そして長めの韓国語の会話やアナウンスをなんとなく理解できるようにすることです。4級は、基本的な対策は3級と似ています。ただ、「なんとなく」わかるではなく「しっかり」と理解している必要があります。単語も難しい漢字語を中心に幅広く覚えていきましょう。作文は、初級とは比べ物にならないくらい難しいものとなります。題材も政治や経済などが絡んできますし、文字数も初級より多く要求されます。単語や文法以外に、作文そのものも評価対象となります。作文の流れに理論性が求められます。上級は、1番難易度の高い試験となり、中級よりも大幅に難易度が上がり、最上級試験にふさわしい難易度といえます。5級は、とにかく単語の難易度が高いのが特徴です。もちろん文法も難しいのですが、新聞に出てくるような難しい漢字語や慣用句・ことわざなどの意味を理解しておかなくてはなりません。読解・リスニングもとても長い文章が出てくるので、読解はいかにも短い時間で概要を把握することができるか、リスニングはいかに集中して聞くことができるか、にかかっています。文章量からも時間の戦いになることが多いので、とにかく早く概要をつかむことが大事です。6級は日々の習慣として韓国語の新聞・ニュースを見る、論文を書く練習をするなどの努力が必要になります。新聞も社会欄、経済欄といった難しい内容のものを読むようにしましょう。また、6級が韓国語能力試験最後の難関ですから、過去問もできるだけたくさん解くようにしましょう。そして自分の弱点を洗い出してみてください。上級の作文は、極めて難易度が高いです。短い時間内に要求される文字数ももちろんですが、テーマとなる題材も日本語で書くのも難しいのではないか、というようなものが登場します。上級レベルになると作文の時間切れは致命傷になります。ですから、いかに自分の考えを早くまとめて文章にすることができるかがポイントです。いうまでもなく、当然文法・単語のスペルなどはただしく正確に使用することが求められています。

世界韓国語認証試験の専門学校や通信講座について

専用の教材や過去問題があります。

世界韓国語認証試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

世界韓国語認証試験の資格試験料

受験料は、初級が3,500円、中級・上級が4,000円です。併願受験は、7,500円です。

世界韓国語認証試験試験・検定の年間試験回数

年に2回行われます。

世界韓国語認証試験試験科目等の内容

試験内容は級によって異なりますが、すべての級に作文があります。1級は、自己紹介や買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な語彙・文法が出題されます。2級は、電話やお願い程度の日常生活に必要な言語が出題されます。3級は、文章語と口語の基本的な特性が出題されます。4級は、一般的な業務に必要な言語が出題されます。5級は、専門分野においての研究や業務に必要な言語が出題されます。6級は、専門分野における研究や業務遂行に必要な言語が出題されます。

世界韓国語認証試験資格の難易度

やや易しいです。

世界韓国語認証試験資格の合格率

近年の合格率は、1級77%、2級76%、3級52%、4級64%、5級59%、6級72%となっています。

世界韓国語認証試験試験の合格発表

試験後、約3か月後に受験者全員へ成績通知書が発送されます。

国家資格バナー

PR



世界韓国語認証試験

世界韓国語認証試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

世界韓国語認証試験所持者の職業例

韓国と取引のある企業および、韓国企業の日本支社などです。韓国語を評価する企業も多くありません。

世界韓国語認証試験に向いている人

韓国語に興味がある方、韓国に関係する企業に就職したい方に向いています。

世界韓国語認証試験と同じ分野の他の資格

ハングル能力検定、韓国語能力検定(KLAT)

世界韓国語認証試験の年収・給料相場

現在調査中

世界韓国語認証試験の現状

求人のほとんどに上級者レベルの語学力が求められているわけではないのですが、実務において専門性が要求される場合が少なくありません。よって、韓国語を活かして仕事に就くことを考えるならば、まず韓国語能力試験の中級以上を目指し、かつ自身の実務的な専門性を磨き、売っていくのが一つの道でしょう。

世界韓国語認証試験の将来性

近頃は、外国人観光客の急増に伴い、外国語を話す企業・業務が増えているので、通訳者や翻訳者の活動の場が増えるのではないかと、期待が高まっています。

世界韓国語認証試験の独立について

独立は可能です。通訳士や翻訳士として独立できるでしょう。

世界韓国語認証試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*