日本語コミュニケーション能力認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-05-31

日本語コミュニケーション能力認定試験は、日本語でのコミュニケーション能力や、的確に日本語を使える能力など、基礎となる「日本語能力」と、より実践的な「言語運用能力」を審査する試験です。学歴・年齢・性別にかかわらず誰でも受験することができます。


日本語コミュニケーション能力認定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、ビジネスシーンで有用な資格です。資格です。
日本語コミュニケーション能力認定試験資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
日本語コミュニケーション能力認定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、日本語コミュニケーション能力認定試験になるには?日本語コミュニケーション能力認定試験なるためには?日本語コミュニケーション能力認定試験になりたいを応援しております。

目次

日本語コミュニケーション能力認定試験になるために必要な知識・受験資格

プライベートやビジネスシーンなど、様々な場面で必要となる”コミュニケーション”能力がどれ程あるかを認定する資格試験です。日本語コミュニケーション能力認定試験では、そういった日本語でのコミュニケーション能力や、的確に日本語を使える能力など、基礎となる「日本語能力」と、より実践的な「言語運用能力」が必要とされます。受験制限はなく、学歴・年齢・性別にかかわらず誰でも受験することができますが、以下のような知識の目安があります。1級:高度な言語・非言語処理能力を習得し、様々なシチュエーションで的確なコミュニケーションが取れる。ビジネスでは相手を納得させられるプレゼンテーションが出来る。2級:シチュエーションに応じが言語・非言語を使い分けたコミュニケーション能力がある。3級:話す、聞くと言った基本的なコミュニケーション能力があり、自分の考えを第三者に的確に伝えられる。

日本語コミュニケーション能力認定試験の資格は「サーティファイ 日本語コミュニケーション能力認定委員会」が運営管理を行っております。

サーティファイ 日本語コミュニケーション能力認定委員会とは:
サーティファイ情報処理能力認定委員会(旧日本情報処理教育普及協会)は、1983年に設立され、2018年で35年目を迎える団体です。IT、プログラミング、Web、コミュニケーション、著作権、コンプライアンス等の高度化、専門化する知識・技術を資格化し、全60級種のレベル別に到達知識と技能を設定して実施しています。

日本語コミュニケーション能力認定試験

日本語コミュニケーション能力認定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

日本語に関する能力の育成が必要不可欠であると言われ、情報化・国際化の進展に伴い個人が接する情報量が増大し、情報処理能力・状況判断力・自己表現力の保持が特に重要となっています。そこでうまれたのがこの認定試験であり、日本語能力と実践的な言語運営能力レベル別に認定する試験です。日本語コミュニケーション能力認定試験に受験制限はなく、学歴・年齢・性別にかかわらず誰でも受験することができます。

日本語コミュニケーション能力認定試験資格取得の為の勉強法

普段から正確で的確な日本語を使うように意識することが最も大切です。しかし、受験対策として独学だけでは心配な方は、通信講座などを利用する方もいらっしゃいます。

日本語コミュニケーション能力認定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


日本語コミュニケーション能力認定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

日本語コミュニケーション能力認定試験の資格試験料

各級によって異なります。1級は、6825円、2級は、4200円、3級は、2100円です。

日本語コミュニケーション能力認定試験試験・検定の年間試験回数

1年に2回、7月と2月に実施されます。

日本語コミュニケーション能力認定試験試験科目等の内容

日本語コミュニケーション能力認定試験は1級~3級までの3ランクに分かれていて、それぞれの級で求められる能力などは、下記のようなものです。1級:高度な言語・非言語処理能力を習得し、様々なシチュエーションで的確なコミュニケーションが取れる。ビジネスでは相手を納得させられるプレゼンテーションが出来る。2級:シチュエーションに応じが言語・非言語を使い分けたコミュニケーション能力がある。3級:話す、聞くと言った基本的なコミュニケーション能力があり、自分の考えを第三者に的確に伝えられる。3級は筆記試験のみですが、1級・2級は筆記試験に面接試験も加わります。

日本語コミュニケーション能力認定試験資格の難易度

合格率から見ても、それほど難しい試験ではありません。しかし、情報化・国際化の進展に伴い個人が接する情報量が増大していく中で、情報処理能力・状況判断力・自己表現力を試されますので、意識的に対策をしておかないと合格しないでしょう。

日本語コミュニケーション能力認定試験資格の合格率

合格率は、53%程度から69.9%ぐらいの幅があります。受験者の5割から7割程度の人が合格しています。

日本語コミュニケーション能力認定試験試験の合格発表

試験後1ヶ月を目処に合否速報通知メールがサーティファイ認定試験事務局より送信されます。電子メールとは別に、試験結果が郵送されます。また、合格者へは認定証もあわせて郵送されます。オンラインを希望しなかった場合は、試験後1ヶ月を目処に、サーティファイ認定試験事務局より試験結果が直接郵送されます。また、合格者へは認定証もあわせて郵送されます。


日本語コミュニケーション能力認定試験

日本語コミュニケーション能力認定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

日本語コミュニケーション能力認定試験所持者の職業例

特定の職業に直結するものではありませんが、日本語を使用するさまざまなビジネスシーンにおいてこの資格を取得することは有利でしょう。

日本語コミュニケーション能力認定試験に向いている人

プライベートやビジネスシーンなど、様々な場面で必要となる”コミュニケーション”能力が自分にどれ程備わっているかを客観的に知り、また他人に証明したい人は受験するとよいでしょう。また、仕事をスムーズに進める為に、会議や取引先との打ち合わせ、社内での連絡やその他さまざまな場面で、的確なコミュニケーションを必要とする人にも有用な資格と言えるでしょう。

日本語コミュニケーション能力認定試験と同じ分野の他の資格

日本実践話力検定など。

日本語コミュニケーション能力認定試験の年収・給料相場

就職やスキルアップ、給料アップなどに直結する資格ではありません。

日本語コミュニケーション能力認定試験の現状

日本語に関する能力の育成が必要不可欠であると言われ、情報化・国際化の進展に伴い個人が接する情報量が増大し、情報処理能力・状況判断力・自己表現力の保持が特に重要となっています。そこでうまれたのがこの認定試験です。国際化が進む現代だからこそ、改めて日本語でのコミュニケーションを見直す契機となる資格試験と言えるでしょう。

日本語コミュニケーション能力認定試験の将来性

今後も情報化・国際化の進展はとどまることを知らないでしょう。これに伴い個人が接する情報量は増大していく一方です。そのような社会情勢の中で、情報処理能力・状況判断力・自己表現力の保持がますます重要となっていくでしょう。そのためにこの資格も少しずつ重要性を増していくと考えられます。

日本語コミュニケーション能力認定試験の独立について

独立等、職業に直結することを前提とした資格ではありません。

日本語コミュニケーション能力認定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*