日本実戦話力検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-05-31

日本実戦話力検定試験とは、相手と実践的に話しをする能力を有するかどうかを試す資格試験でした。日本実践話力検定の勉強をすることで、社会人にとって最も大切で基本的な能力のひとつである話力の能力を身に付けることができたのです。


日本実戦話力検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、社会人にとって最も大切で基本能力のひとつ資格です。
日本実戦話力検定資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
日本実戦話力検定の資格は「民間資格」です。


資格広場は、日本実戦話力検定になるには?日本実戦話力検定なるためには?日本実戦話力検定になりたいを応援しております。

日本実戦話力検定になるために必要な知識・受験資格

相手と実践的に話しをする能力を有するかどうかを試す資格試験でした。発声技術的な技法中心の「話し方」ではなく「会話、折衝、商談、講演、対談、外交、指示・・」など現場で適切に対応できる強い説得力のある「実戦話力」が必要とされていました。

日本実戦話力検定の資格は「日本実戦話力検定協会」が運営管理を行っております。

日本実戦話力検定協会とは:
以前は日本実戦話力検定協会によって実施されていたのですが、現在協会のホームページが無くなり情報も得ることができません。

日本実戦話力検定

日本実戦話力検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

日本実戦話力検定試験とは、相手と実践的に話しをする能力を有するかどうかを試す資格試験です。日本実践話力検定の勉強をすることで、社会人にとって最も大切で基本的な能力のひとつである話力の能力を身に付けることができます。話す力とは、発声技術的な技法中心の話し方ではなく、会話、折衝、商談、対談、外交、支持などの現場で適切に対応できる強い説得力のある「実戦話力」のことなのです。日本語を話すこと、ひいては日本語全般に関しての実践的な知識を試す試験でした。最上級の1級では、多人数を対象としたプレゼンテーション及び研修・講演講師としての話し方のレベルまで要求される試験でした。

日本実戦話力検定資格取得の為の勉強法

検定基準は文化庁「言葉に関する問答集」に基づいています。単に「話し方」をそのものだけをテストするものではなく、ディスカッション力や、多人数を対象としたプレゼンテーション及び研修・講演講師としての話し方も試験されますので、日頃、人と話をする中で、筋道立った話し方をするように心がけると良いでしょう。相手の反応などにも気を配って話す練習が効果的でしょう。また、語彙力等も検査項目になっていますので、国語力全般をアップするように心がけると良いでしょう。

日本実戦話力検定の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

日本実戦話力検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

日本実戦話力検定の資格試験料

各級によって異なります。5級は2000円、4級では2000円、3級は5000円、準2級は、7000円、2級は10000円、準1級では15000円という受験料になっています。

日本実戦話力検定試験・検定の年間試験回数

1年に3回、2月下旬、6月下旬、10月下旬に実施されていました。5から3級は、誰でも受験できるものでした。準2~1級は、前級の合格者のみが受験できました。ただし、5級と4級は団体受験のみで実施されていました。

日本実戦話力検定試験科目等の内容

最も初級である5級では、常用漢字の読みと意味、正しい日本語の使い方、敬語・ことわざ・慣用句、発声・発音の知識、会議・発表の知識などが試験内容となっています。4級では、 5級程度の問題に加えて、論理的判断力なども試験されます。3級では、ビジネス訪問等での正しい挨拶やマナーの心得、会議・発表・スピーチの知識および、課題に基づいて1分半程度で話すといったことも課せられます。準2級では、3級程度の問題に加えて、即興で2分程度話すといった課題があります。2級では、古典的な言語に対する素養もテストされます。準1級では、2級程度の問題に加えて、あらゆる状況での対応がテストされます。最上級の1級では、課題・自由テーマによるトーク、文章の朗読、多人数を対象としたプレゼンテーション及び研修・講演講師としての話し方といった内容の試験が課されます。特に準2級から1級に関しては、前級の合格者が受験することができないという受験資格制限がなされていました。

日本実戦話力検定資格の難易度

前項で記したとおり、7割弱の合格率ですので、難易度としては「普通」の部類に入る試験でした。ただ、試験の性質上、対策することは難しい試験であったと言えるでしょう。

日本実戦話力検定資格の合格率

過去には、66.9%といったデータがあります。

日本実戦話力検定試験の合格発表

本試験は、2009年試験から中止されています。

日本実戦話力検定

日本実戦話力検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

日本実戦話力検定所持者の職業例

この資格で就職することはできませんでした。

日本実戦話力検定に向いている人

日本実践話力検定の勉強をすることで、社会人にとって最も大切で基本的な能力のひとつである話力の能力を身に付けることができます。また、応用することによって、ビジネスにも応用することが可能ですので、コミュニケーション能力に自身のない方にも向いていました。もちろん、相手と実践的に話しをする能力を有するかどうかを試す資格試験でしたので、日本語を使用しているあらゆる人に向けられた試験であったと言えるでしょう。

日本実戦話力検定と同じ分野の他の資格

日本文章能力検定、文書処理能力検定など。

日本実戦話力検定の年収・給料相場

就職やスキルアップ、給料アップなどに直結する資格ではありませんでした。

日本実戦話力検定の現状

本試験は2009年試験から廃止されています。

日本実戦話力検定の将来性

本試験は、2009年試験から廃止されています。

日本実戦話力検定の独立について

独立等、職業に直結することを前提とした資格ではありませんでした。

日本実戦話力検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*