TOEIC Bridge(R)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-05-31

TOEIC Bridgeは「Bridge」とあるようにTOEICを受ける前の架け橋となるような試験になっています。TOEICの問題数の半分、解答時間の半分に設定されており、TOEICを受ける前の準備のために受けることができます。


TOEIC Bridge(R)は幅広い年齢層の男女が目指せる、TOEICをやさしくしたテスト資格です。
TOEIC Bridge(R)資格取得者は他にも不明と呼ばれております。
TOEIC Bridge(R)の資格は「民間資格」です。


資格広場は、TOEIC Bridge(R)になるには?TOEIC Bridge(R)なるためには?TOEIC Bridge(R)になりたいを応援しております。

TOEIC Bridge(R)になるために必要な知識・受験資格

中高生など学生を中心に作られている試験なので、中高生の教科書に出てくるようなレベルの英語の能力が必要になります。

TOEIC Bridge(R)の資格は「一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会」が運営管理を行っております。

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会とは:
人と企業の国際化」の推進を基本理念に、世界的な視野の下に活動を展開しています。その中心事業であるTOEIC(Test of English for International Communication)Programは、1979年に日本でスタートしました。現在では世界160カ国に広がり、英語能力を測る世界共通のモノサシとして、英語によるコミュニケーションの促進に大きな役割を果たしています。

TOEIC Bridge(R)

TOEIC Bridge(R)ってどんな仕事?(仕事内容など)

TOEIC Bridge(R)は、英語の初・中級者のために誕生したTOEIC(R)テストのジュニア版です。TOEIC(R)より日常的で身近な内容が出題されるうえ、リスニングの問題はTOEIC(R)テストよりもゆっくり読まれるなど、英語に自信のない人でも気軽に受けられる内容となっています。

TOEIC Bridge(R)資格取得の為の勉強法

複雑な問題はなく、SVC、SVOなどのごく単純な英文ばかりですので、勉強法としては、中学校の英語教科書に出てくる単語を中心に基礎を固めたり、 中学英語の教科書ガイドにはCD付きのものがあるので音声を聞いて音声の内容をノートに書き出す訓練などや、中学英語の教科書ガイドには、基本的な英文法は全て網羅されています。学校のみならず、ビジネスに関連したものも出題されます。このPart5だけは中学の英語の教科書だけでは対応できません。 そこでごくごく初心者向けのビジネス英語参考書やテキストなど公式で出版されているテキストがいくつかあるので、そちらを利用して試験の傾向を確認して勉強する方法もあります。。

TOEIC Bridge(R)の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ライザップイングリッシュ

TOEIC Bridge(R)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

TOEIC Bridge(R)の資格試験料

4,320円(税込)となっています。

TOEIC Bridge(R)試験・検定の年間試験回数

日程・6月上旬、9月上旬、11月上旬、3月上旬 年4回日曜日に実施しています。

TOEIC Bridge(R)試験科目等の内容

リスニングセクションは25分間で50問、リーディングセクションは35分間で50問に解答します。 リスニングには、3パートあり、Part1は写真描写問題、Part2は応答問題、Part3は会話問題となっています。 TOEIC L&R 試験にあるような難易度の高い長文リスニングはありません。 ただし、問題形式としてはTOEIC L&Rの一部と同形式で、放送される英文は問題用紙に記載されていません。 また、放送が1度しかされないこともTOEIC試験共通の特徴です。 リーディングセクションにおいては、Part4が文法と単語の知識を問われる穴埋め問題30問、Part5が読解問題20問の出題です。 TOEIC Bridgeの読解問題は、「長文」とはいい難い短い英文が多いです。

TOEIC Bridge(R)資格の難易度

難易度はTOEICに比べるとかなり落ちるので、リスニングの基礎を学ぶ学生さんにお勧めの資格と言えます。

TOEIC Bridge(R)資格の合格率

合格という概念は無く、スコアにより判定されます。 スコアは、リスニングスコア(10~90点)、リーディングスコア(10~90点)で、トータルスコア(20~180点)の間で評価されます。

TOEIC Bridge(R)試験の合格発表

発表試験日から35日以内に発表されます。

ライザップイングリッシュ TOEIC Bridge(R)

TOEIC Bridge(R)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

TOEIC Bridge(R)所持者の職業例

TOEIC Bridgeは中高生を中心に学生向けに作られた試験になるので、資格を取っても就職や転職で有利になることはあまり考えられません。

TOEIC Bridge(R)に向いている人

TOEIC Bridgeは、難易度が低めに設定されているので、英語を勉強し始めたばかりの中学生やまだTOEIC を受けるには少し不安だという人、英語の勉強をやり直そうと考えている社会人の人にも向いています。 TOEICを受ける前にTOEIC Bridgeで経験値を積んでおけば、TOEICでスムーズに高得点を取ることも期待できます。

TOEIC Bridge(R)と同じ分野の他の資格

TOEICなどです。

TOEIC Bridge(R)の年収・給料相場

中高生の学生むけの試験なのでこの資格を取ったからと言って就職や転職などに関係する試験ではありません。

TOEIC Bridge(R)の現状

TOEIC Bridgeの主な受験者は高校生と大学生で、受験者の平均年齢は20歳ということから、社会人にはあまり需要がない試験というか、あくまで初心者向けの試験であることに注意しましょう。 高校生の受験者の割合が23パーセント、大学生・短大生が31パーセントです(ちなみに、受験者の大半が日本と韓国です)。TOEIC Bridgeの受験者数は、2009年度以降ほぼ5年間、年間受験者が20万人前後で推移しており、横ばい状態です。20万人の受験者のうち、ほとんどがIP受験者で、学校や会社などの団体受験によるものが9割以上です。 公開受験は分母数が少ないので、IPテストの平均点をみてみると、おおよそ116点前後で推移をつづけている形です。

TOEIC Bridge(R)の将来性

TOEIC Bridgeは基本的に、英検やTOEICと同じように自分の英語能力を証明するために、用いることは難しいです。この英語試験を受ける意味、用途としては、TOEICを受ける前の準備が主な理由でしょう。例えば、小学生や中学生などの英語学習者が受けるには最適な英語試験の一つだと言えます。

TOEIC Bridge(R)の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

TOEIC Bridge(R)資格を所有している主な著名人

不明

ライザップイングリッシュ

コメントを残す

*

*