IMF専門職員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

IMF (国際通貨基金) 専門職員とは、国際金融市場において通貨・為替相場の安定を目指す国際機関であるIMFの職員を指します。国際的視点で経済や金融、財政の調査・分析にあたるのが主な仕事となります。職員になるには、高度な英語能力はもちろん、各職種に必要な専門的な知識や国際経済に関する専門知識が必要です。


IMF専門職員は33歳未満の男女が目指せる、国際連合の専門機関である資格です。
IMF専門職員資格取得者は他にも国際通貨基金と呼ばれております。
IMF専門職員の資格は「公的資格」です。


資格広場は、IMF専門職員になるには?IMF専門職員なるためには?IMF専門職員になりたいを応援しております。

IMF専門職員になるために必要な知識・受験資格

高度な英語能力はもちろん、各職種に必要な専門的な知識や国際経済に関する専門知識が必要です。

IMF専門職員の資格は「国際通貨基金(IMF)」が運営管理を行っております。

国際通貨基金(IMF)とは:
国際通貨基金は、国際金融、並びに、為替相場の安定化を目的として設立された国際連合の専門機関です。国際通貨基金の本部は、アメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.に位置します。2018年現在、国際通貨基金の加盟国は、189か国になっています。

IMF専門職員

IMF専門職員ってどんな仕事?(仕事内容など)

IMF(国際通貨基金)専門職員はIMF(国際通貨基金)で働く職員です。 IMF(国際通貨基金)は国際的な組織であり加盟国の経済状況を判断し経済の正常化やなどを目的に世界経済の監視を行なう機関です。 このIMF(国際通貨基金)専門職員には各専門的な知識が求められており、エコノミストとしての国際経済に関する知識や分析の方法やコンピューターに関する技能なども必須条件として定められています。

IMF専門職員資格取得の為の勉強法

IMF専門職員の資格試験の勉強方法としては、専門学校や各種学校等の資格スクールなどの勉強方法をとられる方々が多いようです。

IMF専門職員の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

IMF専門職員の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

IMF専門職員の資格試験料

無料で行われています。

IMF専門職員試験・検定の年間試験回数

年1回本部から採用ミッションが来日して試験が行われます。

IMF専門職員試験科目等の内容

(1)書類選考及び職員採用ミッションによる面接。(2)面接(2次-3次) いずれの職種について摸,まず2,3年の期限付きで採用され,その後,通常は一般職員に採用されます。

IMF専門職員資格の難易度

受験資格が大学院でマクロ経済学専攻博士課程修了者 マクロ経済学もしくは経済学分野の修士取得後、就業経験のある者となっているのでとなっています。簡単には受験できない資格になっています。

IMF専門職員資格の合格率

IMF専門職員の資格試験のおおよその合格率は、非公開になるようです。

IMF専門職員試験の合格発表

現在調査中

IMF専門職員

IMF専門職員資格取得後の就職先・年収・報酬相場

IMF専門職員所持者の職業例

IMF専門職員は、多くは地理的に分割されている地域局にエコノミストとして配属されています。そして、その地域担当国の経済分析に従事することになっています。現在の地域局は、次のように6局から構成されています。

IMF専門職員に向いている人

学歴はエコノミスト・プログラムと同等程度で、経験豊かな中堅のエコノミストであること。 ・研究機関、官公庁、中央銀行、その他の金融、財政、貿易を取扱う期間でマクロ経済に関連した就業経験を最低7年有している。学歴はエコノミスト・プログラムと同等程度で、公認会計士、監査役、国債金融制度に精通した弁護士、コンピュータプログラマー(ソフトウェア開発)、人事・広報等の専門職経験者、学歴はエコノミスト・プログラムと同等程度で、公認会計士、監査役、国債金融制度に精通した弁護士、コンピュータプログラマー(ソフトウェア開発)、人事・広報等の専門職経験者などです。

IMF専門職員と同じ分野の他の資格

公認会計士、弁護士、コンピューターシステム技師などです

IMF専門職員の年収・給料相場

収入そのものが格段と上がる資格というわけではありませんが、公認会計士、弁護士、システムエンジニア、人事、広報などの職種も募集しているので、あわよくば、この資格を所持することでアルバイトとして採用され、後に正規社員として雇用される可能性もあります。

IMF専門職員の現状

IMF(国際通貨基金)専門職員は、加盟国の経済や金融状況を分析する専門家です。IMF(国際通貨基金)は、1946年3月に設立された政府間機関です。 そこでは、約120か国から約2,200名の国際公務員が働いています。IMF(国際通貨基金)では、専門家職員を毎年世界各国から採用しています。

IMF専門職員の将来性

公認会計士や弁護士は特殊な仕事ですが、システムエンジニアや人事、広報はどの企業でも抱えているセクションですので、世界を相手に活躍できるこの資格は、フリーターからの転職を視野に入れた上でも将来的に大きく役に立つ資格といえます。

IMF専門職員の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

IMF専門職員資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*