HSK(漢語水平考試)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-11-26

公開日:2018-05-31

HSKは、コミュニケーション能力の測定に特化しているため、より実用的な中国語能力が求められる。中国語検定は、中国語の正確な知識を問う問題が出題されるため、日本語と中国語の相互翻訳力が求められる。 中国の大学では外国人留学生に対して、HSKの一定スコアを求めています(文系大学でHSK5級、理系大学でHSK4級を求められることが多い)。


HSK(漢語水平考試)は幅広い年齢層の男女が目指せる、中国語能力を鍛える資格です。
HSK(漢語水平考試)資格取得者は他にも漢語水平考試と呼ばれております。
HSK(漢語水平考試)の資格は「国家資格」です。

資格広場は、HSK(漢語水平考試)になるには?HSK(漢語水平考試)なるためには?HSK(漢語水平考試)になりたいを応援しております。

HSK(漢語水平考試)になるために必要な知識・受験資格

新聞やテレビなどの複雑な内容を理解し、意思疎通が可能、不自由ない中国語能力、大学などでの第二外国語における一年程度、基本的なコミュニケーション、さまざまな話題について会話ができるなど、級ごとに必要な知識は変わってきますが、中国語がどれぐらい理解できるかが重要になっています。

HSK(漢語水平考試)の資格は「中華人民共和国教育部」が運営管理を行っております。

中華人民共和国教育部とは:
中華人民共和国教育部(ちゅうかじんみんきょうわこくきょういくぶ)は、中華人民共和国国務院に属する行政部門です。
教育、言語、文字事業を管轄する。日本の旧文部省(現文部科学省)にあたります。
1949年10月、中央人民政府教育部として発足し1954年9月の国務院設置によって、中華人民共和国教育部に改組しました。
1985年に国家教育委員会として改組されるが、1998年に中華人民共和国教育部として再設置され、今日に至っています。

HSK(漢語水平考試)

HSK(漢語水平考試)ってどんな仕事?(仕事内容など)

HSKとは“??水平考? H?ny? shu?p?ng k?osh?”(中国語能力検定試験)の頭文字を取った略称です。
日本語表記では漢語水平考試となります。

中国の文科省――政府教育部が認定する世界共通の中国語語学検定試験で、母語が中国語でない人の中国語能力を測るためのものです。

HSK(漢語水平考試)資格取得の為の勉強法

HSKが公式の単語アプリをリリースしていますのでぜひ活用してみましょう。
たった数百円で各級の語彙すべてを網羅しており例文音声もありますので、HSK対策にはもってこいです。

過去問で対策しないと、合格(6割ライン)は難しいのではないかと思います。
5級か6級を受ける人はこの過去問を解くのも良い勉強法です。

HSK(漢語水平考試)の専門学校や通信講座について

準備中です。


HSK(漢語水平考試)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

HSK(漢語水平考試)の資格試験料

筆記試験 6級 9,504円 5級 7,992円 4級 6,264円 3級 5,184円 2級 4,口試(口頭試験 高級 7,344円 中級 5,832円 初級 4,752円752円1級 3,672円となっています。

HSK(漢語水平考試)試験・検定の年間試験回数

毎月行っています。毎月あるので敷居が低くなって受けやすくなっています。

HSK(漢語水平考試)試験科目等の内容

試験問題はリスニング(聴力)、読解(閲読)、作文(書写)の3パートから成り、総得点の6割が合格ラインとなっている。5級と6級には合否の記載はなく点数のみ開示される。

旧HSK初中等(3級~8級)が2012年10月より日本国内でも再開され受験可能である。
この名称は「初中等」だが、新HSK6級最低合格ラインより上の問題を含んでいます。

HSK(漢語水平考試)資格の難易度

難易度の低いものから順に1級、2級、3級、4級、5級、6級があり、この難易度に用いる数字が日本の中国語検定試験と逆になっています。

HSK(漢語水平考試)資格の合格率

中国語検定であるHSKは、英語のTOEICやTOEFLのように受験時の中国語レベルを計る試験であるため、その考え方に「合格」と言った概念がありません。
そのため各級の合格率については非公開となっています。

しかし、それではHSKの難易度がわかりにくいため、1~6級の各級について合格基準を設けています。
具体的には、全体の6割程度の点数を取ると合格となります

HSK(漢語水平考試)試験の合格発表

現在調査中

国家資格バナー

PR



HSK(漢語水平考試)

HSK(漢語水平考試)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

HSK(漢語水平考試)所持者の職業例

中国に現地法人を置く企業はますます増加してきており、日本在住の中国人の方も増えてきています。
それに伴い、中国現地法人での勤務をはじめ、中国企業とのやり取りを行ったり、中国人顧客への応対を行ったりと、さまざまな業種・さまざまな職種で中国語能力必要とされ始めています。

HSKは、中国国内での就職・転職活動に役立つのはもちろん、中国政府公認という信頼できる中国語検定だからこそ、日本国内の企業の採用条件、昇進や中国現地法人での勤務の条件などとして選ばれています。

HSK(漢語水平考試)に向いている人

中国への留学を考えている人には必須の検定です。

HSKは日本国内での知名度は日本中国語検定に劣るものの、中国国内では圧倒的に信用度が高く、進学や就職、転職には大変有利になる資格と言えます。

HSK(漢語水平考試)と同じ分野の他の資格

日本中国語検定などです。

HSK(漢語水平考試)の年収・給料相場

企業にもよりますが、中国語検定3級を資格手当の対象にするところもあり、月額で5,000円~数万円の手取りが、中国語検定3級資格を保有していない人間よりも高い可能性があります。

中国語検定3級は比較的短期間で合格できるレベルの資格ですので、月数万円のために集中して合格する、というのもありだと思います。

HSK(漢語水平考試)の現状

現在、中国国内を含め59ヵ国、160以上の試験会場でHSK試験を実施しています。
中国語学習者の増加を背景にHSK受験者の数も年々増えており、2004年度のHSK受験者数は 8万9千人となりました。

HSKは、受験者が各級ごとに同じ試験問題に取組み、受験者の得点が合格ラインに達すれば、 中国国家漢語水平考試委員会より「漢語水平証書(HSK証書)」が授与されます。

HSK(漢語水平考試)の将来性

日本国内でも中国語の学習人口は増加の一途を辿っており、200万人を突破したとも言われています。

中国との関係が緊密化する中で、中国語を話せる人材の必要性がますます高まり、中国語学習者は今後も増加していくとみられています。

HSK(漢語水平考試)の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

HSK(漢語水平考試)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*