点字技能検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-05-31

点字に関する卓越した知識・技術を有する方に対して資格を付与することにより、点字関係職種の専門性と社会的認知度を高め、合わせて点字の普及と点字の質の向上を図ることを目的としています。視覚障害者に的確な情報を提供するための資格です。


点字技能検定試験は幅広い年齢層(ただし実務経験などの要件があります。)の男女が目指せる、視覚障害者に情報を伝達するために必要不可欠な存在資格です。
点字技能検定試験資格取得者は他にも日盲社協社内検定試験 、点字技能師と呼ばれております。
点字技能検定試験の資格は「民間資格」です。

資格広場は、点字技能検定試験になるには?点字技能検定試験なるためには?点字技能検定試験になりたいを応援しております。

点字技能検定試験になるために必要な知識・受験資格

まず、点字資料製作に3年以上従事した者であるということが求められます。視覚障害者向けに点字を用いた資料(本)について、より質の良い正確な物を製作するための卓越した知識と技術が要求されます。また、試験内容からも分かるとおり、点字だけではなく、視覚障害と言うものについての幅広い知識も必要です。

点字技能検定試験の資格は「社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会」が運営管理を行っております。

社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会とは:
社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会(日盲社協)は、視覚に障がいのある人びとのための事業を行っている全国の福祉施設や事業者が、集まった団体です。社会福祉関係の機関・団体と連携しながら、視覚障がい者の福祉と文化の向上のために、活動している団体です。

点字技能検定試験

点字技能検定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

目の不自由な人にも読める文字として開発された「点字」は、視覚障害者に情報を伝達したり娯楽を提供したりするために不可欠な存在です。文書や書籍だけでなく、街角の手すりなどの表示にも使われています。この点字に関する卓越した知識・技術を有する方に対して資格を付与することにより、点字関係職種の専門性と社会的認知度を高めていくものです、合わせて点字の普及と点字の質の向上を図り、視覚障害者に的確な情報を提供することを目的とする資格です。

点字技能検定試験資格取得の為の勉強法

受験資格は、社会福祉法人日本盲人社会福祉施設協議会(日盲社協)及び社会福祉法人日本盲人会連合において従事する労働者であり、点字資料製作に3年以上従事した者となっています。そのため、まずはこの実務経験を積むことが必須です。また学科試験においては、障害者福祉に関すること、視覚障害者福祉に関すること、視覚障害児者の教育に関することなど視覚障害に関して様々な角度から出題されます。点字だけに限らず、幅広く「視覚障害」というものについて知識を得ていくことが必要です。

点字技能検定試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


点字技能検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

点字技能検定試験の資格試験料

受験料は、15,000円です。なお、払い込まれた受験料は理由のいかんに関わらず返還されません。

点字技能検定試験試験・検定の年間試験回数

試験は、1年に1回、11月中旬頃に実施されます。会場は、年によって異なることがあるのでホームページなどのでの確認が必要です。平成29年に関しては、東京、大阪、札幌、下関でそれぞれ試験が実施されました。

点字技能検定試験試験科目等の内容

試験には、学科試験と実技試験があります。学科試験は、四肢選択で2時間実施されます。内容としては、① 障害者福祉に関すること、② 視覚障害者福祉に関すること、③ 視覚障害者の教育に関すること、④ 国語の文法的理解と読解力に関すること、⑤ 点字の基礎と歴史、表記法に関することが出題範囲とされています。また実技試験は、2時間30分の試験です。内容は、① 点字化技能試験、② 校正技能試験です。①点字化技能試験については、墨字使用者は、墨字問題文を点字化を行います。点字使用者は、墨字問題文を音声化したカセットテープを聞いて点字化を行います また、②校正技能試験については、墨字使用者は、点字問題文とその墨字原文とを照合し、点字問題文の中にある点字表記上の明らかな誤りを、「点字校正表」の形式で解答を行います。点字使用者は、点字問題文とその墨字原文を音声化したカセットテープとを照合し、点字問題文の中にある点字表記上の明らかな誤りを、「点字校正表」の形式で解答を行います。

点字技能検定試験資格の難易度

学科試験については、75%以上の正答率で合格となります。実技試験に関しては、①点字化技能試験について、減点20点以下で合格となります。また②校正技能試験について、75%以上の校正箇所の指摘及び、誤りによる減点が40点以下で合格となります。難易度は「普通」と分類されることもありますが、合格率等を考えると、簡単な試験ではないと言えるでしょう。

点字技能検定試験資格の合格率

近年合格率は、23%程度です。最近では、受験者数が数十人に対して合格者数は十数人です。合格率は30%未満で推移しています。

点字技能検定試験試験の合格発表

合否結果は、12月末頃までに通知されます。学科試験または実技試験のいずれかに合格すると、「社内検定試験一部合格通知書」が送付されます。同時に、「社内検定試験一部合格者台帳」に記録されます。この通知書は次回の受験の際に、一部試験免除(学科か実技)を証明する書類となります。

国家資格バナー

PR



点字技能検定試験

点字技能検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

点字技能検定試験所持者の職業例

障害者支援センター、福祉関連一般企業などにおいて勤務します。点字の本を作るためには専用のタイプライターをはじめとして多くの物が必要です。点字技能師の資格を取得すると、出版社などに就職するのが一般的です。点字資料を発行する出版社は多くはないので就職は狭き門といえますが、資格を取る事で質の高い物を作る能力があるというアピールができます。また、ボランティアなども多く募集されています。

点字技能検定試験に向いている人

目の不自由な人にも読める文字として開発された「点字」は、視覚障害者に情報を伝達したり娯楽を提供したりするために不可欠な存在です。文書や書籍だけでなく、街角の手すりなどの表示にも使われています。そのため点字技能士は、その社会的責務の大きさを自覚できる人でないといけません。また、伝達情報に間違いやミスなどがあってはいけませんので、少しの間違いなどにも気付くことのできる細やかさを持っていることが求められるでしょう。

点字技能検定試験と同じ分野の他の資格

特別支援学校教諭、福祉情報技術コーディネーター、視覚障害生活訓練専門職など。

点字技能検定試験の年収・給料相場

点字通訳者の収入は、全国平均に比べてやや低い傾向があります。具体的なデータとしては、年収の平均は約350万円、月収では約24万円です。額面だけで見ると金額的にはそこまで低い水準ではないのですが、平均年齢が約40歳という点から考えると、低いと言わざるをえないでしょう。現状ではボランティアとして働く人が多いのも、水準が低い理由の一つでもあるようです。

点字技能検定試験の現状

視覚障害者のための出版物は少数ではありますが、通常の本と同様常に発行されているものです。決して絶対数が多い職業ではありませんが、必要性の高い職業です。ニーズがなくなってしまうということも考えにくい職業です。ただし、現在ではボランティアとしての点字通訳者が求められている点等からも、お金をもらう職業としては不安定であることが分かります。

点字技能検定試験の将来性

安定性、将来性共に難しい部分があるといえるでしょう。安定性に関しては、現在では点字の通訳をボランティアに頼っているという難点があります。これは、他の職業に就いている人がボランティア感覚でやらないと収入が期待出来ないということです。将来性に関しても、年収の平均額から考えると厳しいでしょう。平均年齢から考えれば、年収額も水準が低く、将来性に関しても明るいとはいえません。また、就職をするにしても点字資料を発行する出版社は多くはないので狭き門といえますが、資格を取る事で質の高い物を作る能力があるというアピールにはなるでしょう。

点字技能検定試験の独立について

独立を前提とした資格ではなく、この資格のみで独立することは一般的ではありません。

点字技能検定試験資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*