フランス語能力認定試験【TEF】資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-03

公開日:2018-07-10

フランス語能力認定試験は、年3回(2月、6月、10月)あり、フランス語の能力を測る試験になります。類似資格としては、TOEICがあり、違いとしては、英語かフランス語かの違いになります。試験結果には、900点満点のスコア制でそのスコアに応じ7つのレベルに分けられます。


フランス語能力認定試験【TEF】は幅広い年齢層の男女が目指せる、フランス語力能力の指標となる資格です。
フランス語能力認定試験【TEF】資格取得者は他にもフランス語能力認定試験【TEF】と呼ばれております。
フランス語能力認定試験【TEF】の資格は「国家資格」です。

資格広場は、フランス語能力認定試験【TEF】になるには?フランス語能力認定試験【TEF】なるためには?フランス語能力認定試験【TEF】になりたいを応援しております。

目次

フランス語能力認定試験【TEF】になるために必要な知識・受験資格

フランス語能力認定試験に必要な知識は、この資格の名称の通り、フランス語が必要な知識になります。その中でも、単語や文法、リスニングなど文字ではなく、会話レベルの知識が重要になります。

フランス語能力認定試験【TEF】の資格は「株式会社日仏文化協会」が運営管理を行っております。

株式会社日仏文化協会とは:
フランス留学支援や語学スクール事業などを行っている会社です。

フランス語能力認定試験【TEF】

フランス語能力認定試験【TEF】ってどんな仕事?(仕事内容など)

フランス語能力認定試験【TEF】とは、フランス文科省が認可している、世界共通のフランス語の能力試験です。この、フランス語能力認定試験の結果はフランス語能力の指標として採用されます。フランスの多くの大学で、学部の編入をする際にフランス語能力認定試験の結果が証明として使用できるため、編入する際は、フランス語の試験が免除される特典があります。また、カナダに移民申請をする際にフランス語の能力の証明として唯一フランス語能力認定試験の結果が求められます。

フランス語能力認定試験【TEF】資格取得の為の勉強法

フランス語能力認定試験には受験資格の規制はありませんので、誰でも受験することができ、学歴にも左右されません。ですが、フランス語能力認定試験において良い結果を出すためには、必ず勉強をしなければいけません。勉強の方法には、テキストを購入し、独学により勉強するほかに、大学や短期大学、専門学校などに通い外国語を勉強する方法があります。一番お金がかからない勉強方法はテキストを購入し独学で勉強することですが、デメリットとして、フランス語は普段の生活で触れることが全くない言語のため、文法など、実際の会話レベルの勉強ができないことがあります。一方、お金はかかりますが、大学や短期大学、専門学校などに通いフランス語を勉強することで、確実にフランス語を上達させることができます。

フランス語能力認定試験【TEF】の専門学校や通信講座について

準備中です。


フランス語能力認定試験【TEF】の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

フランス語能力認定試験【TEF】の資格試験料

フランス語能力認定試験には3つの試験があり、必須試験、オプション試験筆記、オプション試験口頭があります。では、この3つの試験料はいくらになるのかというと、全て同額の15,000円です。ですが、これは、純粋な試験料になります。独学で勉強される場合はこの金額と大差ありませんが、大学や短期大学、専門学校に通い勉強しているとなるとその授業料もかかりますので、かなりお金がかかります。

フランス語能力認定試験【TEF】試験・検定の年間試験回数

フランス語能力認定試験は年間3回で2月、6月、10月にあります。申込み締め切り日は試験便の約1か月前~2か月前になりますので、忘れることのないように公式サイトなどで確認することが必要です。

フランス語能力認定試験【TEF】試験科目等の内容

フランス語能力認定試験の試験内容は、必須試験では、読解、リスニング、文構成・語句があり、オプション試験筆記では作文、オプション試験口頭では面接があります。試験時間は必須試験の読解が60分、リスニングが40分、文構成・語句が30分で計130分、オプション試験は筆記が60分、面接が17分あります。解答方法については、必須試験がマークシート方式でオプション試験については、筆記と口頭になります。

フランス語能力認定試験【TEF】資格の難易度

フランス語能力認定試験はフランス語の能力を測る試験のため、フランス語が母国語であれば簡単ですが、日本に生まれ、育ち、通常の教育を受けていると、英語は勉強しますが、フランス語と接することはまずありません。そう考えるとこのフランス語能力認定試験は難しい部類に入る資格です。

フランス語能力認定試験【TEF】資格の合格率

フランス語能力認定試験は、国家資格ですが、試験の合格点というものはありません。強いて挙げるのであれば、この試験は900点満点のスコア制であり、その得点数によって7つのレベルに分けられます。実際に900点満点はフランス人でも取ることが難しいので満点を獲得できた際は、かなり有力な証明になります。

フランス語能力認定試験【TEF】試験の合格発表

フランス語能力認定試験は年間3回、2月、6月、10月にあります。申込み締め切りは試験日の約1か月~2か月前にあり、合格発表は、試験後約6週間程度で試験結果の証明書が郵送されます。受験地は東京と大阪の2か所になりますが、詳細については、公式サイト等を参考にして下さい。また、オプション試験に関しましては、開催時期・開催都市が限定されますので、必ず公式サイトにて詳細を確認してください。


フランス語能力認定試験【TEF】

フランス語能力認定試験【TEF】資格取得後の就職先・年収・報酬相場

フランス語能力認定試験【TEF】所持者の職業例

通訳、語学スクール教師

フランス語能力認定試験【TEF】に向いている人

フランス語能力認定試験に向いている人は、フランス文化に興味がある人や好きなフランス俳優がいる人、フランスに関係する仕事をしたいと考えている人に向いています。英語は世界共通語として浸透してきていますが、フランス語はこのように興味がないと関わることがありませんので、少しでもフランスに興味がある人には向いている資格です。

フランス語能力認定試験【TEF】と同じ分野の他の資格

TOEIC

フランス語能力認定試験【TEF】の年収・給料相場

フランス語能力認定試験資格を取得している人の就職先として真っ先に思う浮かぶのが、通訳です。この通訳の年収の平均は会社努めの場合400万円~1,000万円ほどと言われ、フリーランスですと300万円~600万円ほどと言われています。ですが、会社努めもフリーランスもフランス語能力認定試験の結果が良ければ良いほど、国際会議など、重要な会議の通訳として抜擢され、その分報酬も増えます。

フランス語能力認定試験【TEF】の現状

フランス語能力認定試験の受験率は日本ではかなり低く、試験としての認知も低い状況となっています。その理由として、英語が共通語として普及していることが挙げられるのと、フランス語を日本教育では教えることがほとんどないためです。また、フランス企業と仕事をする企業も少ないためこのような状態となっています。

フランス語能力認定試験【TEF】の将来性

今後はグローバル社会となりますので、フランス語能力認定試験において良い結果を残すことは、非常に仕事を有利に進めることができ、出世についてもしやすくなりますので、将来のために取る資格としては良いです。

フランス語能力認定試験【TEF】の独立について

フランス語能力認定試験を取得して仕事をしている人の多くは通訳として活躍しています。通訳として独立することはできますが、独立して通訳のみで生活していくために、試験の結果において、最高レベルの結果を残しておく必要があります。最高レベルの結果を残しておくことにより、世界規模の会談などの通訳として採用してもらえる可能性が高くなり、その分報酬もたくさんもらえ、年収1,000万円も夢ではなくなります。

フランス語能力認定試験【TEF】資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*