健康管理能力検定1級資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-21

公開日:2018-09-26

健康管理能力検定1級

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)は非特定営利組織日本成人病予防協会が主催する民間資格で、全国各地で年1回開催され、取得後は企業、医療・福祉、自治体、家庭等さまざまな分野において活躍しています。


健康管理能力検定1級は幅広い年齢層の男女が目指せる、予防医学と健康管理のスペシャリストの資格です。
健康管理能力検定1級資格取得者は他にも健康管理士一般指導員と呼ばれております。
健康管理能力検定1級の資格は「民間資格」です。

資格広場は、健康管理能力検定1級になりたいを応援しております。


健康管理能力検定1級になるために必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)に必要な知識は公式テキストの内容にあるように、健康生活を守るためのライフスタイルに合わせた健康づくりについて学ぶ「健康管理学」、現代に多くみられる病気のメカニズムを知り、健康寿命の延伸のため、病気の発症予防・重症化予防対策を学ぶ「生活習慣病の基礎知識」、心に及ぼす影響とともにその解消法を学ぶ「心の健康管理」、ライフスタイルに合わせた食卓づくりや食育、食品添加物について学ぶ「生活を守る栄養学」、健康を守る法律を学び、健康づくりに活かす「生活環境と健康」、いざという時の応急処置について学び、健康を管理し身体を守るために役立つ知識を身につける「身体を守る健康知識」です。

健康管理能力検定1級の資格は「非特定営利活動法人日本成人病予防協会」が運営管理を行っております。

非特定営利活動法人日本成人病予防協会とは:
日本人の健康管理や病気予防を推進している団体です。

健康管理能力検定1級ってどんな仕事?(仕事内容など)

健康管理能力検定1級

健康管理能力検定1級とは別名「健康管理士一般指導員」と呼ばれる非特定営利法人日本成人病予防協会が主催する民間資格です。平成4年からスタートし、しでに6万5,000人以上の人が取得し、企業、医療・福祉、自治体、家庭等さまざまな分野において活躍しています。この資格を取得するための受験資格は、「健康管理士一般指導員受験対策講座」を修了した人になり、受験料は5,500円(税込)になり、試験時間は90分で、北海道・東北・関東・東海・北陸・関西・中国・四国・九州地方と全国で開催され、試験は年1回になります。この資格は、自分・家族・友人のために、正しい健康管理の知識を身につけたい人、スキルアップして仕事に活かしたい人、ボランティアなど地域に貢献したい人にオススメです。

健康管理能力検定1級資格取得の為の勉強法

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)は全問題数に対して70%以上正解することで合格になり、毎回約70%~75%が合格になります。この合格発表については試験後約2週間で合否にかかわらず郵送されます。勉強の方法については、健康管理士一般指導員受験対策講座を受講し修了することで対策ができます。また、この健康管理士一般指導員受験対策講座は講座修了しないと受験資格を得ることができませんので、健康管理士一般受験対策講座を受講し修了するだけで受験資格取得と受験対策を同時に行うことができます。また、健康管理士一般受験対策講座だけで不安な人には試験日の1か月前に合格対策講座が開講されますので、講座の総復習として参加することで合格に一歩近づきます。

健康管理能力検定1級の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

健康管理能力検定1級の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

健康管理能力検定1級の資格試験料

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の試験料は5,500円(税込)です。試験料のほかに、健康管理士一般指導員受験対策講座受講費用が6万4,800円(税込)、この費用には、教材費、添削指導料、消費税が含まれています。また、所定の条件を満たせば受講料の20%が戻る「教育訓練給付制度」もあります。また、受験前などのオプション講座として養成講座と合格対策講座があり、養成講座(全4回分)が2万1,600円(税込)、合格対策講座(全1回)が5,400円(税込)になります。

健康管理能力検定1級試験・検定の年間試験回数

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の年間の試験回数は1回です。開催箇所は北海道・東北・関東・東海・北陸・関西・中国・四国・九州と全国各地で行われています。

健康管理能力検定1級試験科目等の内容

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の試験の内容は、公式テキストに記載されている「健康管理と予防医学」についての内容になります。試験問題は公式テキストの内容に沿って出題されますので、テキストの内容を理解できれば問題ありません。試験に出題されるテキストの内容については、健康管理学、生活習慣病の基礎知識、心の健康管理、生活を守る栄養学、生活環境と健康、身体を守る健康知識になり、解答方法は記述方式になります。

健康管理能力検定1級資格の難易度

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の難易度は合格率が約70%~75%という数値から分かるように低いです。試験問題についても公式テキストの内容に沿って出題されますので、自分でたくさんある参考書から自分にあったものを選ぶ必要もありません。また、公式テキストを使用し、健康管理能力検定1級受験対策講座を受講することが受験資格になること、試験日の1か月前から、オプション講座として養成講座や合格対策講座が開講されることから、かなり難易度は低くなっています。

健康管理能力検定1級資格の合格率

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の合格率は約70%~75%になり、他の資格と比較するとかなり高い水準となっています。

健康管理能力検定1級試験の合格発表

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)の合格発表は試験後約2週間で合否にかかわらず結果が郵送されます。

健康管理能力検定1級資格取得後の就職先・年収・報酬相場

健康管理能力検定1級

健康管理能力検定1級所持者の職業例

健康管理士一般指導員など

健康管理能力検定1級に向いている人

健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)に向いている人は、正しい健康管理の知識を身につけたい人、スキルアップして仕事に活かしたい人、営業、接客などでお客様とのコミュニケーションや信頼関係を築きたい人、看護師・栄養士・医療事務・社会福祉士・介護福祉士・などの医療・福祉従事者、ボランティア活動など地域貢献したい人、高齢社会に向けて役立つ知識を身につけたい人です。

健康管理能力検定1級と同じ分野の他の資格

健康管理能力検定2級、健康管理能力検定3級

健康管理能力検定1級の年収・給料相場

現在調査中

健康管理能力検定1級の現状

平成4年にでき現在では取得者6万5,000人の資格であり、まだ、認知の低い資格です。

健康管理能力検定1級の将来性

高齢社会が進み、20代でも生活習慣病にかかる現在、健康などについての知識を習得できる健康管理能力検定1級(健康管理士一般指導員)は将来性がある資格になります。

健康管理能力検定1級の独立について

健康管理士として独立することはできません。

健康管理能力検定1級資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

現在調査中

コメントを残す

*

*