リフレクソロジスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

足の裏のさまざまな特定の部位を刺激することで、人間の体全体の自然治癒力を高めるとされる新しい民間療法です。リフレクソロジストは、この技術を習得した人のことを指します。按摩やマッサージ師のように国家資格は必要なく、整体やカイロプラクティックなどと同様、技能の認定には民間資格が用意されています。


リフレクソロジストは幅広い年齢層の男女が目指せる、さまざな国で広まっている。資格です。
リフレクソロジスト資格取得者は他にもリフレクソロジストと呼ばれております。
リフレクソロジストの資格は「民間資格」です。


資格広場は、リフレクソロジストになるには?リフレクソロジストなるためには?リフレクソロジストになりたいを応援しております。

リフレクソロジストになるために必要な知識・受験資格

リフレクソロジストは全体的に人を見つめます。心と身体の健康を維持するためには、規則正しい生活や適切な食生活、そして適度なストレス解消が大切です。リフレクソロジーのトリートメントにより、疲れや緊張を解きほぐし、心地良さを実現するだけではなく、健康を維持するためのさまざまな知識による適切なアドバイスが求められます。

リフレクソロジストの資格は「複数ありますが主な所は日本リフレクソロジスト認定機構が主だと言われています。」が運営管理を行っております。

複数ありますが主な所は日本リフレクソロジスト認定機構が主だと言われています。とは:
日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)は、日本国内でのリフレクソロジーの普及と発展、またそれを担うリフレクソロジストの地位向上とさらなる活躍の場を図ることを目的に発足しました。JRECでは、トリートメント技術に加え、身体の仕組みと栄養素の働きについての正しい知識を持ち、健康的な生活の維持のための的確なアドバイスまで行っています。合格登録後のリフレクソロジストの育成、活動支援を行っています。またホリスティックセラピーの観点から、自然療法、各種セラピーの活用も提唱し、それらの学習機会を提供しています。

リフレクソロジスト

リフレクソロジストってどんな仕事?(仕事内容など)

リフレクソロジストは、リフレクソロジーという民間療法の施術で、心身の不調を整えます。足の裏にある身体の部位に反射するツボを手や指で刺激し、血行不良を改善して、新陳代謝を活発にすることで、体調を改善する効果が期待できるとされるものです。リフレクソロジーには、英国式と台湾式があります。足裏の状態から、身体で不調の出ている箇所を把握し、生活面でのアドバイスも行っています。

リフレクソロジスト資格取得の為の勉強法

色々な方法はありますが、大きく分けて3つ。まず1つ目はリフレクソロジーが学べるスクールに入学し、通学して知識や技術などを勉強する方法です。2つ目は仕事や家事・子育ての合間にリフレクソロジーを勉強するには通信講座がオススメです。時間があまりない人、近くにスクールがない人でも効率よくリフレクソロジーを勉強できます。通信講座を終え、試験に合格することが出来れば資格取得となります。3つ目がリフレクソロジーサロンに就職し、働きながら知識や技術を身に付ける方法です。スクールや通信教育の学費が必要なく、収入を得ながらリフレクソロジーの勉強ができます。

リフレクソロジストの専門学校や通信講座について

準備中です。

リフレクソロジストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

リフレクソロジストの資格試験料

日本リフレクソロジスト認定機構の場合だとJREC加盟校でレギュラーライセンス対応講座を修了した方。または、修了前でもスクールの規定に則り受験資格を与えられた方が受験資格を得られます。(登録料)15,000円+税(登録審査受験料)10,000円+税(年会費)12,000+税がかかってきます。

リフレクソロジスト試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は3回で、3月上旬頃の5日間。7月上旬頃の5日間。11月上旬頃の5日間となっています。

リフレクソロジスト試験科目等の内容

試験内容というより審査内容になりますが、筆記試験2時間、実技試験はありません。リフレクソロジーを行うにあたり必要となる基礎知識の修得度を判断されます。

リフレクソロジスト資格の難易度

養成学校で勉強して専門課程を修了するのが一般的なルートになっていますので、難易度は普通に受講していればとれる資格になっています。前項でもありますが、ほぼ100%と言われていますので、さほど難しくないと思えます。

リフレクソロジスト資格の合格率

合格率などははっきりとしたものはないですが、認定校に通い受験資格の内容を満たせればとれる資格となっているので、ほぼ100%と言われています。

リフレクソロジスト試験の合格発表

合否については審査後、約3週間後に受験者宛に郵送でお知らせになります。

リフレクソロジスト

リフレクソロジスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

リフレクソロジスト所持者の職業例

整体院、マッサージサロン、エステティックサロン、フィットネスクラブ、スポーツジム、温泉施設、ホテル、旅館など。

リフレクソロジストに向いている人

ヘルスケアにまつわる人体解剖学や独特の民間療法・反射学に興味があり、向上心をもって追究できる人は適性があると言えるでしょう。またリフレクソロジストはおもに足裏という人体のなかでも比較的固い部分を手の指で刺激し、たくさんの人数を施術することもあります。体力に自信があり、手先が器用という人はリフレクソロジストに向いているでしょう。人当たりが良く明るい人、コミュニケーション能力があり会話が楽しい人、話を聞く能力に長けている人、おもてなしや思いやりの精神を持っている人も向いているといえます。

リフレクソロジストと同じ分野の他の資格

リンパドレナージュ、アロマテラピー、エステティシャンなど

リフレクソロジストの年収・給料相場

リフレクソロジストの平均年収は250万円~350万円程度と考えられます。月収にしますと20万円~30万円程度です。ただしアルバイトやパートであれば時給800円~1200円程度、月収10万円~20万円程度となります。業務委託(個人事業主)の場合は、勤務年数によって歩合が上がることもあり、基本的には施術した人数に応じて賃金が支払われます。実力や経験、勤務形態、勤務地、店舗の規模などによって、収入には大きな個人差が生じる職業であるといえるでしょう。

リフレクソロジストの現状

現状としては多くの民間企業がサロン運営に乗り出すなど、供給過多や競争の激化が見受けられます。ストレス社会や運動不足を背景に、さまざまな癒しのニーズは高まり、リラクゼーション業界は年々発展しています。リフレクソロジストはその代表的な職業のひとつとしてたくさんの人々の健康をサポートしてきました。

リフレクソロジストの将来性

勤務先の増加は喜ばしい話ですが、なかには本来のリフレクソロジーとはかけ離れた施術内容となってしまっているサロンもあります。就職先を探す際には、どんな施術をしているのかを見極めなければなりません。また体力勝負の仕事ですです。身につけた技術は一生ものですから、思いやりを忘れなければ大勢の人に喜ばれるリフレクソロジストとして活躍できるでしょう。

リフレクソロジストの独立について

リフレクソロジーサロンなどで経験を積んだ後、独立して自分のサロンを持つのも高収入を得るための手段です。独立開業には資金を要するため、リスクもありますが、集客に成功すれば、大きく稼ぐことができる可能性があります。自宅の立地条件によっては、一室をサロンとしてオープンすることも選択肢の一つです。

リフレクソロジスト資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*