アロマコーディネーター資格の仕事内容や試験情報を調査しました

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-21

アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れる事が出来る人材です。そんなアロマコーディネーターの資格試験に関する様々な情報をまとめました。合格率や過去問の有無についてもご説明します。

       

アロマコーディネーターは幅広い年齢層の男女が目指せる、アロマに関する最もベーシックかつオールマイティな資格です。資格です。
アロマコーディネーター資格取得者は他にもと呼ばれております。
アロマコーディネーターの資格は「民間資格」です。

アロマコーディネーターに必要な知識・受験資格

アロマコーディネーター

アロマテラピーに関する包括的な知識が必要とされます。

アロマコーディネーターの資格は「日本アロマコーディネーター協会」が運営管理を行っております。

日本アロマコーディネーター協会とは:
日本アロマコーディネーター協会は、教育を通じて正しいアロマセラピーを普及させる活動を行っている協会です。アロマコーディネーターは、この日本アロマコーディネーター協会により設置され、2004年に商標登録を受けた認定資格です。

アロマコーディネーターの仕事内容

資格広場は、アロマコーディネーターになりたいを応援しております。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

アロマコーディネーターとは、アロマセラピーに関する基礎知識を備え、アロマを安全に生活に取り入れることができる人材であることを示す、日本アロマコーディネーター協会(JAA)の最もベーシックかつオールマイティなJAA認定資格です。

アロマコーディネーターは、アロマショップやサロンの開業、アロマ関連セミナーの開催など、アロマを広く普及・啓蒙するためにこの資格を活用することができます。またJAAより様々な活動支援を受けることができます。

アロマコーディネーター資格の勉強法

アロマコーディネーターの資格を取得するためには、JAAが指定するスクールの所定のカリキュラムを修了した後、JAAが実施するアロマコーディネーター認定試験を受験し、合格後にJAAの正会員として登録する必要があります。まずは、指定スクールの講座を受講しましょう。

アロマコーディネーターの専門学校・通信講座

JAA設置のアロマコーディネーター資格は、日本アロマコーディネータースクールの通信講座を受講し、試験に合格することで取得出来ます。
また、JAAの各認定加盟校では通学講座による受講も可能です。

アロマコーディネーター資格の受講料・試験内容・難易度・合格発表について

ということで、アロマコーディネーターの資格を取得するために必要な情報について、具体的にご説明していきたいと思います。

受講料や、カリキュラムの細かい内容についても調べましたので、是非ご覧下さい。

アロマコーディネーター資格取得にかかる費用・受講料

通信講座の受講料は10,800円(税込)です。また、アロマコーディネーターの登録料として32,400円(税込)と、別途12,960円(税込)の年会費が必要です。

よってアロマコーディネーターの資格取得にかかる費用としましては、

10,800円+32,400円=43,200円

がかかり、それと別に年会費として毎年12,960円ずつを支払っていくという計算になります。

アロマコーディネーター試験・検定の年間試験回数

1年に3回実施されます。それぞれ2月、6月、10月に実施されます。

アロマコーディネーター試験科目等の内容

アロマコーディネーター資格の通信講座の具体的な内容について下記にまとめました。

こちらのカリキュラムを修了することによって、アロマコーディネーター試験の受験資格を満たすことが出来ます。

◆アロマセラピー概論
◆精油の抽出方法
◆ブレンドの比率と香りの相性
◆人間の脳と嗅覚
◆フェイシャルトリートメント理論
◆ボディトリートメント理論
◆アロマセラピーと精油の歴史
◆精油の安全性
◆精油に含まれる成分
◆香りの心理作用
◆アロマセラピーに関する法令

また、その後に課せられる認定試験の内容は、理論試験(筆記及び択一式)と小論文(800字程度の課題作文)になります。

アロマコーディネーター試験の過去問はある?

JAAが実施するアロマコーディネーター試験の過去問は公開されていないようです。また問題集や市販のテキスト等も流通していません。通信講座を重点的に学ぶことになりそうですね。

試験は毎回講座カリキュラムの中から出題されているようなので、受講内容を復習しておけば過去問がなくても合格の可能性は高いようです。

アロマコーディネーター資格の難易度

講習と本試験で終わります。そのため資格取得の難易度としては、非常に易しいと言えるでしょう。

アロマコーディネーター資格の合格率

講習と本試験で終わるため、合格率のデータはありません。

アロマコーディネーター試験の合格発表

講習と本試験で終わるため、別途に試験の合格発表があるわけではありません。

アロマコーディネーター資格取得後の就職先・年収・報酬相場

アロマコーディネーター

さて、ここからはアロマコーディネーターを取得した後の流れについてみていきましょう。

活躍の場や適性、気になる年収相場などについてもご説明いたします。

アロマコーディネーター所持者の職業例

アロマコーディネーターとして、アロマショップやサロンの開業、アロマ関連セミナーの開催などを行うことができます。たとえば、「エステティックサロンでボディやフェイシャルの施術者として」「老人ホームや病院での介護の一環として。また待合室のリラックスや院内感染の予防などのアドバイザーとして」「リゾートホテルやペンション、温泉旅館などでのリラクセーショントリートメントスタッフとして」「地域の美容室や理容店と提携して、アロマトリートメントビジネスとして」など多彩な仕事に展開していくことができるでしょう。アロマを専門的に扱うお店以外の求人もあるようですね。

アロマコーディネーターに向いている人

アロマに強い関心を持ち、これを積極的に生活に取り入れて、アロマの効用を活かしたいと考えている人に向いているでしょう。人間がより快適に過ごせるようにするためにアロマを活用することに対して強い興味・関心を持っている人は、この資格取得に向いていると言えるでしょう。

アロマコーディネーターと同じ分野の他の資格

アロマハンドリラックス、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーターなど。

アロマコーディネーターの年収・給料相場

サロンなどで働く場合、経験の有無などによって異なります。平均月収は15~16万円程度、年収にすると200~300万円程度といわれています。

アロマコーディネーターの現状

現状として、社員として美容サロンなどに就業する際には資格の有無はあまり関係なく、経験の方が重視される傾向にあります。収入に関しては平均月収が15~16万円程度と、一般的な事務職より若干下回り、決して儲かる職業とは言えないでしょう。知名度がまだ低く社会的な地位が確立されていない点、民間資格の市場価値が低い点などが低賃金の要因となっているようです。

アロマコーディネーターの将来性

知名度がまだ低く社会的な地位が確立されていない、民間資格の市場価値が低いなどの問題がありますが、将来、このような問題が解決されていけば、将来性も明るいものとなっていくでしょう。ストレス社会と言われる現代社会ですが、今後もそのような状況は大きくは変わらないでしょうから、アロマによるリラクゼーションの需要も高まっていく可能性があります。

アロマコーディネーターの独立について

独立してサロンを経営する人も多くいます。

アロマコーディネーター資格を所有している主な著名人

資格広場は、アロマコーディネーターになりたいを応援しております。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

現在調査中

コメントを残す

*

*