アロマセラピスト資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-05-21

アロマセラピストとは、プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントを提供できる専門人材です。

       

アロマセラピストは幅広い年齢層の男女が目指せる、プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。資格です。
アロマセラピスト資格取得者は他にもと呼ばれております。
アロマセラピストの資格は「民間資格」です。

資格広場は、アロマセラピストになりたいを応援しております。

アロマセラピストに必要な知識・受験資格

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

解剖生理学、顔面の皮膚科学、衛生学、ボディ・フェイストリートメント理論、基材論、健康学、ストレスとメンタルヘルス、ホスピタリティとコミュニケーション、精油学総論、精油学各論などについての知識が必要です。

アロマセラピストの資格は「公益財団法人 日本アロマ環境協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本アロマ環境協会とは:
公益社団法人日本アロマ環境協会は、1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体とする、2005年4月1日に設立された公益法人です。元環境省所管でした。植物に由来する精油を使った西洋の民間療法・アロマテラピーの普及と発展、個人・法人会員の活動支援サービスの拡充を目指し、アロマテラピー検定等各種民間資格の認定や、資格取得ができる「認定スクール制度」の運営を主に行っています。

アロマセラピストの仕事内容

アロマセラピスト

プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できる能力を認定する資格です。精油の専門知識に加え、解剖生理学や皮膚科学に関する知識、トリートメント技術などを習得し、ボディおよびフェイスへのアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを提供できる専門人材です。アロマテラピー検定1級に合格する、アロマテラピーアドバイザー資格を取得する、認定スクールでアロマセラピスト必須履修科目を修了するなどの方法でなることができます。

アロマセラピスト資格の勉強法

認定スクールに通い、必須履修科目を受講する必要があります。「アロマハンドトリートメントとは」「アロマハンドセラピストのための解剖生理学」「アロマハンドトリートメントの準備と確認事項」「アロマハンドトリートメントの手技と手順」「アロマハンドセラピストの活動領域」といった項目について勉強します。

アロマセラピストの専門学校・通信講座

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

アロマセラピストになるためには専門学校で学ぶのが一番!日本全国のアロマセラピスト専門学校が一覧でまとまっています。気になる専門学校がありましたら、ぜひ気軽に資料請求してみてくださいね。

アロマセラピストの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アロマセラピスト

では早速、アロマセラピストの試験料や試験のスケジュール、難易度についてご説明いたします。

アロマセラピストの資格試験料

5,140円(税込)です。なお、資格登録認定料は10,260円(税込)となっています。

アロマセラピスト試験・検定の年間試験回数

1年に2回、実施されます。5月と11月に実施されます。

アロマセラピスト試験科目等の内容

試験問題は、それぞれ『アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト 公式テキスト(共通カリキュラム編)』『アロマセラピスト公式テキスト(独自カリキュラム編)』『アロマテラピー検定公式テキスト1級』『アロマテラピーアドバイザー認定講習会テキスト』の中から出題されます。

アロマセラピスト資格の難易度

前項で示した合格率のとおり、比較的簡単に取得できるでしょう。

アロマセラピスト資格の合格率

合格率は公表されていませんが、合格の基準は正答率が80%以上とされています。

アロマセラピスト試験の合格発表

試験受験から約1カ月弱で結果通知が発送されます。

アロマセラピスト資格取得後の就職先・年収・報酬相場

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

ここからはアロマセラピスト資格取得後の主な就職先についてご説明いたします。気になる年収や給料相場についても調査しましたので、是非ご覧下さい。

アロマセラピスト所持者の職業例

プロのアロマセラピストとして、一般の方にアロマテラピートリートメントやコンサルテーションを実践できます。

アロマセラピストに向いている人

アロマセラピストとしてサロン勤務・経営したい、病院や施設などで、アロマテラピートリートメントを行いたいと考えている人に向いた資格でしょう。さらに一般の人に全身アロマテラピートリートメントを行いたいと思っている人にも向いています。

アロマセラピストと同じ分野の他の資格

アロマコーディネーター、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーター、アロマテラピーインストラクター、アロマテラピーアドバイザーなど。

アロマセラピストの年収・給料相場

エステティックサロンやマッサージ店、アロマトリートメントサロンなどで企業の社員として働くアロマセラピストの場合、初任給は資格の有無、経験の有無によって異なります。アロマセラピストの平均月収は15~16万円程度、年収にすると200~300万円程度といわれており、一般企業の事務職と比べると若干下回るようです。独立開業したアロマセラピストの平均年収は300~400万円といわれていて、データ上では会社員の場合の1.5倍程度の収入となります。

アロマセラピストの現状

日本ではアロマセラピストに公的な資格はなく、医師法や薬事法に抵触する恐れがあるため治療としてのアロマテラピーを行うことはできません。あくまでリラクゼーションやトリートメントの範疇での使用になり、その資格も民間のものになっています。そのため、社員として美容サロンなどに就業する際には資格の有無はあまり関係なく、経験の方が重視される傾向にあるのです。収入に関しては平均月収が15~16万円程度と、一般的な事務職より若干下回り、決して儲かる職業ではありません。アロマセラピストの知名度がまだ低く社会的な地位が確立されていない点、民間資格の市場価値が低い点などが低賃金の引き金になっているようです。

アロマセラピストの将来性

アロマセラピストにとってもっとも深刻な問題は、アロマテラピーやエステティックでマッサージ行為を行うことは法律で禁じられているという点です。国内にあるクイックマッサージ店やリラクゼーションサロンなどは、実質のマッサージ行為を「トリートメント」という言葉に置き換えて、法律の網目をくぐり抜けて営業しているのです。近い将来、この問題への注目度が上がった場合、アロマセラピストの活動範囲が狭まってしまう可能性もあります。

アロマセラピストの独立について

独立してサロンを経営する人も多くいます。

アロマセラピスト資格を所有している主な著名人

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

該当なし

コメントを残す

*

*