アロマテラピーアドバイザー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

アロマテラピーアドバイザーとは、アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできます。


アロマテラピーアドバイザーは幅広い年齢層の男女が目指せる、アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。資格です。
アロマテラピーアドバイザー資格取得者は他にもと呼ばれております。
アロマテラピーアドバイザーの資格は「民間資格」です。


資格広場は、アロマテラピーアドバイザーになるには?アロマテラピーアドバイザーなるためには?アロマテラピーアドバイザーになりたいを応援しております。

アロマテラピーアドバイザーになるために必要な知識・受験資格

アロマテラピーアドバイザーについての知識、具体的にはアロマテラピーを安全に楽しむ方法を第三者に伝える上で必要となる、精油や植物油の基礎知識が必要です。さらに、アロマテラピー関連法規についての知識、具体的には医薬品医療機器等法、景品表示法などアロマテラピーにかかわる法律についての知識が必要です。

アロマテラピーアドバイザーの資格は「公益財団法人 日本アロマ環境協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本アロマ環境協会とは:
公益社団法人日本アロマ環境協会は、1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体とする、2005年4月1日に設立された公益法人です。元環境省所管でした。植物に由来する精油を使った西洋の民間療法・アロマテラピーの普及と発展、個人・法人会員の活動支援サービスの拡充を目指し、アロマテラピー検定等各種民間資格の認定や、資格取得ができる「認定スクール制度」の運営を主に行っています。

アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーアドバイザーってどんな仕事?(仕事内容など)

アロマテラピーの基本知識を正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできる専門人材です。アロマテラピー検定1級に合格する、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講するなどの方法でなることができます。アロマショップで販売に携わりたい人から、友人とアロマクラフト作りを楽しみたいといった人にまで適した資格です。

アロマテラピーアドバイザー資格取得の為の勉強法

アロマテラピーアドバイザー資格を取得する際には3時間の講習会を受講します。日本アロマ環境協会(AEAJ)直接開催または認定スクールにおいて受講ができます。アロマテラピーアドバイザー認定講習会は「AEAJ直接開催」と「認定スクール開催」が選べるのです。カリキュラムは、「アロマテラピーアドバイザーについて」において、アロマテラピーを安全に楽しむ方法を第三者に伝える上で必要となる、精油や植物油の基礎知識を学びます。また、「アロマテラピー関連法規」において、医薬品医療機器等法、景品表示法などアロマテラピーにかかわる法律について学びます。

アロマテラピーアドバイザーの専門学校や通信講座について

準備中です。

アロマテラピーアドバイザーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アロマテラピーアドバイザーの資格試験料

5,140円(税込)です。なお、資格登録認定料は10,260円(税込)となっています。

アロマテラピーアドバイザー試験・検定の年間試験回数

アロマテラピーアドバイザー認定講習会は、AEAJ直接開催が8月と2月です。また、認定スクール開催は、1年に4回です。

アロマテラピーアドバイザー試験科目等の内容

アロマテラピーアドバイザー 標準カリキュラムは次の通りとなっています。まず「アロマテラピーアドバイザーについて」においては、アロマテラピーを安全に楽しむ方法を第三者に伝える上で必要となる、精油や植物油の基礎知識を学びます。「アロマテラピー関連法規」においては、医薬品医療機器等法、景品表示法などアロマテラピーにかかわる法律について学びます。また「公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)」という科目では、AEAJとその活動内容について学びます。

アロマテラピーアドバイザー資格の難易度

講習を受講することで、本資格を取得することができます。そのため、難易度としては易しいと言えるでしょう。

アロマテラピーアドバイザー資格の合格率

講習を受講することで、本資格を取得することができます。そのため、合格率のデータはありません。

アロマテラピーアドバイザー試験の合格発表

アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講することが必要です。そのため、本資格に関して合格発表があるわけではありません。

アロマテラピーアドバイザー

アロマテラピーアドバイザー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

アロマテラピーアドバイザー所持者の職業例

精油の正しい使用方法やアロマテラピーに関する法律の知識を習得し、安全なアロマテラピーの楽しみ方を一般の方にアドバイスできる専門人材として活躍できます。

アロマテラピーアドバイザーに向いている人

アロマショップで販売に携わりたい、職場の環境改善や健康管理の一助にアロマテラピーを導入したい、一般の方に安全なアロマテラピーをアドバイスしたいと考えている人に向いているでしょう。さらに、友人とアロマクラフト作りを楽しみたいなど趣味として楽しみたい人にも向いています。

アロマテラピーアドバイザーと同じ分野の他の資格

アロマコーディネーター、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーター、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストなど。

アロマテラピーアドバイザーの年収・給料相場

エステティックサロンやマッサージ店、アロマトリートメントサロンなどで企業の社員として働くアロマテラピーアドバイザーの場合、初任給は資格の有無、経験の有無によって異なります。年収で200~300万円程度といわれており、一般企業の事務職と比べると若干下回るようです。独立開業した場合、平均年収は300~400万円といわれていて、データ上では会社員の場合の1.5倍程度の収入となります。しかし、独立してからの数年間は安定した収入は見込むことができません。設備投資や顧客獲得のための費用など、出費の方が上回ることも少なくないでしょう。

アロマテラピーアドバイザーの現状

日本ではアロマテラピーアドバイザーに公的な資格はなく、医師法や薬事法に抵触する恐れがあるため治療としてのアロマテラピーを行うことはできません。あくまでリラクゼーションやトリートメントの範疇での使用になり、その資格も民間のものになっています。そのため、社員として美容サロンなどに就業する際には資格の有無はあまり関係なく、経験の方が重視される傾向にあるのです。収入に関しても、決して儲かる職業ではありません。アロマテラピーアドバイザーの知名度がまだ低く社会的な地位が確立されていない点、民間資格の市場価値が低い点などが低賃金の引き金になっているようです。

アロマテラピーアドバイザーの将来性

確実な将来性という点では、このアロマテラピーアドバイザーにはまだまだ未知数のところがあります。しかし、ストレス社会とも言われる現代日本において、徐々に認知度も高まり、需要等も増加することが期待されています。

アロマテラピーアドバイザーの独立について

独立してサロンを経営する人も多くいます。

アロマテラピーアドバイザー資格を所有している主な著名人

剛力彩芽、安めぐみ

コメントを残す

*

*