アロマテラピー検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

アロマテラピーの効用は、家庭だけでなく、医療・介護の現場でも注目されるようになり、安全に実践できる知識がますます求められています。アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。


アロマテラピー検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。資格です。
アロマテラピー検定資格取得者は他にもと呼ばれております。
アロマテラピー検定の資格は「民間資格」です。


資格広場は、アロマテラピー検定になるには?アロマテラピー検定なるためには?アロマテラピー検定になりたいを応援しております。

アロマテラピー検定になるために必要な知識・受験資格

精油の基礎知識、精油のプロフィール、安全な精油の使い方、アロマテラピー利用法、アロマテラピーの歴史、アロマテラピーと地球環境などに関する知識が必要です、さらに、アロマテラピーに関係する法律についても知識が要求されます。アロマについての広範で多岐にわたる多様な知識が必要とされます。

アロマテラピー検定の資格は「公益財団法人 日本アロマ環境協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 日本アロマ環境協会とは:
公益社団法人日本アロマ環境協会は、1996年に設立された日本アロマテラピー協会を母体とする、2005年4月1日に設立された公益法人です。元環境省所管でした。植物に由来する精油を使った西洋の民間療法・アロマテラピーの普及と発展、個人・法人会員の活動支援サービスの拡充を目指し、アロマテラピー検定等各種民間資格の認定や、資格取得ができる「認定スクール制度」の運営を主に行っています。

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

アロマテラピーの効用が、家庭だけでなく、ビジネスシーンや医療・介護の現場でも注目されるようになり、安全に実践できる知識がますます求められています。アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。また、さらに学びを深めることで、アロマテラピーのプロフェッショナルを目指すこともできます。自分や家族などの健康維持にアロマテラピーを活用したい人から、今の仕事の幅を広げたい人にまで適した資格です。

アロマテラピー検定資格取得の為の勉強法

試験問題は『アロマテラピー検定 公式テキスト』から出題されます。ワークブックや試験例題も掲載しており、独学でも受験可能です。また、幅広い知識を得るために、また今後の資格を見据えて認定スクールへ通う人もいます。アロマテラピー検定1級、2級それぞれに対応した公式テキストが販売されています。このテキストで幅広くアロマテラピーについて学び、検定試験の対策に活かすこともできます。

アロマテラピー検定の専門学校や通信講座について

準備中です。

アロマテラピー検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アロマテラピー検定の資格試験料

2級、1級ともに6,480円(税込)です。1,2級併願する場合は、12,960円(税込)です。

アロマテラピー検定試験・検定の年間試験回数

1年に2回、実施されます。5月と11月に実施されます。

アロマテラピー検定試験科目等の内容

試験は選択解答式(マークシート)です。2級と1級があり、何級からでも受験できます。また、2級と1級は同じ日に受験ができます。試験の内容としては、香りテスト(香りを嗅いで精油名を答える問題)、精油の基礎知識、精油のプロフィール(対象10種類)、安全な精油の使い方、アロマテラピー利用法、アロマテラピーの歴史、アロマテラピーと地球環境、アロマテラピーに関係する法律などの範囲から出題されます。

アロマテラピー検定資格の難易度

前項で示した合格率のとおり、1,2級ともに比較的簡単に取得できるでしょう。

アロマテラピー検定資格の合格率

合格率は、1級そして2級ともおよそ90%です。

アロマテラピー検定試験の合格発表

試験日からおよそ2,3週間後に結果が発送されます。

アロマテラピー検定

アロマテラピー検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

アロマテラピー検定所持者の職業例

アロマテラピー検定で基礎知識を習得することにより、さまざまな場面で植物の香りを役立てられるようになります。また、さらに学びを深めることで、アロマテラピーのプロフェッショナルとしても活躍できるでしょう。

アロマテラピー検定に向いている人

自分や家族などの健康維持にアロマテラピーを活用したい、アロマテラピーを体系的に学びたい、さらに上位の資格取得を目指したい、今の仕事の幅を広げたいなどアロマテラピーについて追究していきたい人に向いているでしょう。より多彩な方法でアロマを日常生活に取り入れようと考える人に向いています。

アロマテラピー検定と同じ分野の他の資格

アロマコーディネーター、アロマフェイシャルリラックス、介護アロマコーディネーター、アロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクターなど。

アロマテラピー検定の年収・給料相場

独立等を目指すよりも、自分自身の趣味のため、あるいは家族や友人などの健康維持に役立てるために取得を目指す人が多い資格です。そのため、給料アップなどに直結することはあまりないと言えるでしょう。

アロマテラピー検定の現状

自分や家族などの健康維持にアロマテラピーを活用したい人が多く受験しています。また、実際にアロマに関わる仕事についている人が、仕事の幅を広げるために受験するケースもあります。現代はストレス社会と言われる時代です。職業などに直結しなくても、自宅などで家族や友人などの健康維持に気軽にアロマの知識を役立てることができるため、特に多くの女性に人気があります。

アロマテラピー検定の将来性

ストレス社会とも言われる現代日本において、徐々に認知度も高まり、本資格の需要等も増加することが期待されています。自分や家族などの健康維持にアロマテラピーを活用したい人は今後も増えていくでしょう。そのような社会の状況を背景として、アロマに関する基本的な資格である本資格は、ますます存在感を増していくでしょう。

アロマテラピー検定の独立について

独立等を目指すよりも、自分自身の趣味のために、あるいは自分の家族や友人などの健康維持のために取得を目指す人が多い資格です。

アロマテラピー検定資格を所有している主な著名人

安めぐみ(1級)

コメント・口コミ・体験談

  1. ざくろ より:

    仕事やプライベートでストレスが溜まっていたことがあり、癒しを求めていました。そこで、香りによって脳がリラックスしたり、ホルモンバランスが整うことを知りました。普段からアロマを焚いていた訳ではありませんでしたが、芳香剤やアロマディフューザーには興味がありました。どうせなら深く知識を得たいと考え、資格を取得することを決めました。
    もちろん学校に通ったり講座を受ける方が身につくのも早いと思いましたが、金銭的にも余裕がなかったため、独学で勉強しました。テキストや香りのサンプルを購入して何度も復習したのと、ネットで練習問題をこなしていきました。歴史や法律などの深いところまで知ることができて、面白かったです。ひっかけ問題に気づくために、最後まで問題を読むように心がけたところ、無事に合格できました。
    (ざくろ/静岡県在住/30代/女性)

コメントを残す

*

*