高卒でも取れる国家資格一覧&民間資格一覧!おすすめの資格はどれ?

仕事において資格は収入に大きく影響しますが、資格取得条件に関しても様々な条件が定められていたりします。

高卒でも取れる資格を取得すれば、就職にも有利になり収入も上がるので、資格を1つでも取得し、高収入を目指したい所です。

高卒でも取れる資格で取得しやすい資格はどんな資格があるのか?

高卒でも取れる資格について、おすすめの資格一覧や国家資格・民間資格を一覧にしてまとめました。


高卒での資格の重要性

メディパートナーバナー

就職に有利な資格を見つける

高校を卒業してすぐに就職となると資格の有無でどの程度違いがあるのでしょうか?

♦高卒の正社員で就職した場合の給料平均♦

20代 男性:年収約200万円 女性:年収約179万円

30代 男性:年収約262万円 女性:年収約200万円

年齢と共に職場でのポジションも変わり、給料も上がっていきます。

このデータを見る限りやはり資格を取得しておくだけで目に見えて給料が上昇する可能性があります。

また、会社は学歴ばかりでなく、資格を有している事で技能や知識を評価されるので、どこの職場に行くのでも1つでも資格があれば就職に有利となるでしょう。

近年では特にオフィスワークなど若年者育成の為の募集が求人でも多く、早く働いて勤務年数を伸ばせば給料も上がるので、資格があれば更に資格と勤務年数で高収入が望めます。

高卒の最大の強みは、早い段階で仕事を始める事で業務経験に差をつける事なので、高卒でも取れる資格一覧を参考に働きながら通信講座での取得を考えてみてはいかがでしょう?

では早速、高卒でも取れる資格一覧を見ていきましょう。

高卒でも取れる国家資格一覧

国家資格

資格を取得して収入が増加すれば生活も大きく変わります。

高卒でも取れる資格にも国家資格は様々あり、国家資格は社会での信頼性が高いので、高卒ならば時間のある今のうちに取得すれば、高卒でも遅れを取らずにそれ以上の高収入を見込めるチャンスです!

国家資格の取得で自分の価値を高めませんか?

学歴での資格条件が無い物、比較的難易度の低い国家資格の高卒でも取れる資格一覧をご紹介します!

旅行業務取扱管理者

メディパートナーバナー

旅行業界での国家資格を目指す!

旅行業務取扱責任者とは旅行に関する企画や取引など幅広い業務を管理する資格です。

20代の平均年収が約400万円で30代になると約800万円と高収入が見込める、旅行業界では唯一の国家資格です。

そして年収を挙げていくのに経験を積み、より良い職場を目指し上手な転職をしていく事や、旅行業務取扱管理者の資格を活かし、旅行代理店を開業する事も可能になるので、持っているだけで翌日開業が可能なのが国家資格の強みとなります。

長期的な勤務で出世を狙うにしてもこの資格を持っておいた方が圧倒的に有利になってくるので、働きながら通信講座で資格取得を目指していきましょう。

旅行業務取扱管理者の平均年収と合格率

平均年収:400万円~800万円

合格率:

国内旅行取扱管理者:38.6%

総合旅行業務取扱管理者:23.4%

調理師

メディパートナーバナー

働きながら調理師を目指すならまずはココ!

調理師の資格取得を目指すのであれば、実務経験を積みながら取得可能な通信講座がおすすめですよ。

調理師という資格は調理をする仕事では必須資格ではありませんが、食品衛生の概念や料理の知識についてアピールできるので、飲食業界での就職には有利になります。

そして、職場によって大きく給料も変わってきます。

調理師養成施設は夜間もあり働きながら取得を目指す事もでき、2年以上の労働経験があれば、責任者に「実務経験証明書」に印鑑を押してもらえば、試験を受ける事ができるので、早期取得を目指すなら実務経験を積みながらの通信講座が有利で最も効率の良い取得の仕方となります。

調理師の資格を有していれば職種の幅が広がるので、飲食業界で活躍したい方は是非資料請求を!

調理師の平均年収と合格率

平均年収:300万円~

合格率:60%〜65%

介護福祉士

メディパートナーバナー

介護業界で活躍したい方は早速チェック!

介護業界において実務経験に応じての収入アップを目指したいなら介護福祉士の通信講座がおすすめです!

介護福祉系の資格では介護福祉士は唯一の国家資格になります。

なので、介護業界では非常に社会的な信頼も高く、介護業界での就職を考える方には強力な資格となります。

今の時代介護業界の仕事は非常に多く、介護業界の唯一の資格なので将来的に考えても、これからますますニーズの高まる資格なので、働きながらの通信講座での資格取得を目指すのが一番の近道でしょう。

一度資格を取得すれば更新が必要なく使える資格なので、今の時代のニーズを考えれば、取っておいて損のない資格です。

介護業界で働きたいとお考えの方も、転職を考えている方にも「資格を1つは持っておきたい」とお考えであれば、将来的にずっと使える資格なので、取得を目指して無料の資料請求をしてみましょう!

介護福祉士の平均年収と合格率

平均年収:250万〜400万

合格率:73.7%~

高卒でも取れる民間資格一覧

民間資格

民間資格の中でも高卒でも取れる簡単な資格をご紹介していきます。

民間資格は求人において、無くてはならない資格でないものも多くありますが、有利に就職するには資格を持っていた方が断然優位に立てるので、取っておいた方が良いでしょう。

また現在何かしらの資格を取得している場合にも、民間資格は様々な分野の資格があるので、合わせて取得すれば大幅な収入増加につながるものもあります。

民間資格は高卒でも取れる資格が多いので、一度資料請求などで資格選びをするのがおすすめです。

仕事をしながらでも取得できるという点で民間資格は取得しやすい資格となります。

以下の民間資格一覧で、まずは自分に合った民間資格を取得しませんか?

ベビーシッター 

メディパートナーバナー

ベビーシッターを目指すなら通信講座で

「週末だけ働きたい」「何か資格が欲しい」とお悩みのあなたにはベビーシッターの通信講座がおすすめですよ。

在宅保育などの保育に関する基礎知識・専門知識を身に付けている証明となる民間資格です。

現代では女性も社会進出を果たし働いている方も多く、幼稚園や保育園に子供がなかなか入れないという現状もあり、ベビーシッターは需要の高い民間職業となっています。

ベビーシッターは通信講座を利用しての取得が人気で「働きながら取得したい」という女性が多くなっています。

海外と比較すると、まだまだベビーシッターは日本では普及してませんが、これから将来ますますニーズが高くなっていく事は間違いありません。

ベビーシッターの取得は週末ベビーシッターで働く主婦の方に人気なので、空いた時間を利用しての通信講座での資格取得を目指しましょう。

無料の資料請求をして詳しく見てみてはいかがでしょうか?

ベビーシッターの平均年収と合格率

平均年収:266万円~

合格率:80%~

介護職員初任者研修

メディパートナーバナー

最短1ヵ月の介護資格を目指す方へ

介護業界でのスキルアップを目指しているのなら、介護職員初任者研修の資格は、最短1ヵ月で取得可能な介護職員初任者研修講座での取得が良いでしょう。

2013年に「ヘルパー2級」から名称が変更になりました。

特別な受講条件は必要なく、カリキュラムを終了し、試験に合格すれば取得となり、介護業界において誰でも挑戦できる民間資格となっています。

平日・土日・夜間と受講日程も選べるので、介護業界で重要視されるキャリアを継続しながらの取得が可能になります。

ほぼ100%の合格率なので、無理なく自分のペースで取得を目指すために、まずは資料請求をしましょう!

介護職員初任者研修の平均年収と合格率

平均年収:253万円~

合格率:ほぼ100%

調剤事務管理士

メディパートナーバナー

就職に有利な調剤事務管理士の資料請求

調剤事務管理士は最短3日で取得できる通信講座がおすすめです!

調剤事務管理士は取得すると給与や福利厚生面での待遇がアップするというケースが多く、転職や就職に有利な民間資格です。

また求人も多く仕事に困る事がないので、長期的に安定的な収入が見込めます。

主な業務は調剤薬局で薬剤師をサポートしたり、処方箋の会計や受付業務、保険請求のレセプトを作成します。

調剤事務管理士の資格は通信講座での取得がメインとなるので、無料資料請求をしてみるのが◎

調剤事務管理士の平均年収と合格率

平均年収:300万円~

合格率:60%~

取っておいて損はない!おすすめ資格一覧

おすすめ資格

何か手に職をつけたいという方にとっておきのおすすめ資格一覧をご紹介します!

「仕事はしているけど収入がいまひとつ…」という方、その専門分野に関する資格取得をする事で高収入が見込めるかもしれません。

高卒でも取れる資格のおすすめ資格を様々な視点から一覧でご紹介していきます。

通信講座で働きながらの取得がおすすめです!

そして資格を有すれば、求人でも大幅に選択が広がります!

高収入でおすすめの資格:宅地建物取引士

メディパートナーバナー

通信講座で人気の宅建をチェックする

宅地建物取引士は金融機関や建築・不動産管理などの就職・転職で非常に強力な資格となっていて、金融・不動産業界で活躍するなら宅建士資格の通信講座をおすすめします。

宅地建物取引士は非常に国内で人気の高い資格で、不動産売買や物件の斡旋などする場合にそれに関する専門の知識をお客様に説明します。

そして一度合格すればライセンスは一生有効なので、安定的収入の期待値が高くなっています。

宅地建物取引士の取得は通信講座での取得者が非常に多く、働きながら国家資格が取得できるのは魅力の1つです。

時間をかけてじっくり勉強する事ができるので、通信講座の資料請求を1度してみてはいかがでしょうか?

宅地建物取引士の平均年収と合格率

平均年収:320万円~540万円

合格率:15~17%

就職に有利なおすすめの資格:MOS

メディパートナーバナー

オフィスワークでの取得ならまずはココ!

MOSはワード・エクセル・パワーポイントなどのオフィスでは必ず利用されるソフトに関する知識を学びます。

MOSの資格取得は通信講座と非常に相性が良く、勉強しながら効率的に合格を目指せるのでおすすめです。

今の時代はインターネットの普及によりそれに関する企業も多く、企業で働く為には、ほとんどの場合パソコンのスキルが必須となっている為、パソコンスキルに関して「何ができて何ができないのか?」という部分も企業側が知りたい情報なので、そこでMOSを持っていれば企業にとっては需要のある人材と認知してもらえます。

この資格の強い所はやはり世界共通の資格であり、他業種でも今やMOSの知識を有していれば需要が高く、収入の増加にもつながるので、これから就職をされる方はまさにこの資格は取っておくべき資格と言えるでしょう。

MOSの平均年収と合格率

平均年収:300万円~

合格率:80%~

難易度の低いおすすめの資格:製菓衛生師

メディパートナーバナー

製菓衛生師の無料資料請求をクリック!

製菓衛生師は国家資格なので「通学する時間がない…」と思っている人も少なくありませんが、実は通信講座での取得が可能なんです!

国家資格が仕事や勉強をしながら取得を目指せるのは非常に効率が良いですよね?

製菓衛生師の資格は製造業での就職では取っておいた方が良い資格で、求人でも製菓衛生師必須条件も多くあります。

また、この資格所持者が開業する場合に、食品衛生責任者の講習が免除され申請するだけで取得ができるのです。

まず受験資格を取得するには2年以上の菓子製造業での従事が必要になるので、働きながら勉強して取得を目指していくのが最短ルートになりますので、製菓業界で就職を考えている方には、通信講座での取得がメリットが多いので、早速資料請求をクリックしてみましょう!

製菓衛生師の平均年収と合格率

平均年収:300万円前後

合格率:70~80%

需要の高いおすすめの資格:ケアマネージャー

メディパートナーバナー

更なるスキルアップに資料請求!

ケアマネージャーは介護業界においで必須の人材となっており、資格取得にはケアマネージャー通信講座が非常に人気があります!

ケアマネージャーの通信講座での資格取得層は半数以上が介護業界従事者で、仕事をしながら、経験を活かして更なるスキルアップを目指す人が少なくありません。

ケアマネージャーは介護の為の方針やサービス、それにかかる費用などのプランを立てる専門家です。

日本の高齢化社会においてケアマネージャーの需要が非常に高く、資格においても業務独占資格となるので、誰でもできる業務ではありません。

なので、資格を取得していれば、介護業界ではケアマネージャーは求人にも軒並み募集されていて、自分に合った生活環境での仕事選びに役に立てる資格となります。

また介護業界でなくても、ケアマネージャーの資格はいざという時に役に立ち、就職・再就職にも困らず強力な武器となるので、まずは無料資料請求をして取得を考えましょう。

ケアマネージャーの平均年収と合格率

平均年収は369万円

合格率は15%~40%

高卒でも取れるおすすめ資格!国家資格・民間資格一覧まとめ

メディパートナーバナー

高卒で目指せる資格

おすすめの高卒でも取れる資格、比較的難易度の低い国家資格・民間資格一覧をご紹介しました。

高卒だからといっても資格1つで大きく労働環境が変化し、収入面でも向上する事がわかりましたね。

資格は勤務年数と連動しているケースが非常に多く、大卒も充分に追い越せる期待が高く「資格の勉強をしている時間が取れない」「仕事に活かせる資格は難しそう」と悩んでいる人も多いですが、高卒だからこそ今が絶好のチャンスかもしれませんよ?

高卒でも取れる資格、高卒だからこそ有利な資格はたくさん存在します。

資格は様々な取得方法がありますが、生活していく上で仕事を休めない方の為に通信講座で実務経験を伸ばしながら自分の知識を増やし、活かしていきましょう!

収入増加をさせ生活を安定させるために、今の内に自身のスキルアップをしていけば、人に認められる価値ある人材となるのは間違いありません。

この記事の高卒でも取れる資格一覧をご参考に資料請求をしてみてはいかがでしょうか?