女子アナになるにはある条件が必須!?気になる年収も解説!

masman

by いっしー

更新日:2019-06-21

公開日:2018-10-04

現場の女子アナ

女子アナはテレビやイベントを華やかにする非常に魅力的な仕事です。その為、就職の競争率も高いです。今回は女子アナになるには必須となる能力と女子アナの年収について解説していきます。


テレビの画面に花を添える存在、女子アナウンサー。

女性ならば誰もが一度は憧れる魅力の溢れた職業です。

地方局から大手キー局まで、多くの女子アナが仕事をしていますが、実際に就職しようという事であればそれは非常に狭き門になります。

しかし、実は女子アナになるにはある条件と法則があるのです。

今回は、女子アナになるには絶対に必要になる条件と気になる年収を解説していきます。


女子アナのお仕事

ニュースを伝える女子アナ

女子アナの仕事は様々なメディアを通して情報を正確に伝える事です。

活躍場所はテレビやラジオは勿論、各種テレビ局が主催するイベント等にも及びます。

更にはバラエティー番組で司会者の補佐役の様な役割だったり、企画によってはタレントの様な働きが求められる事もあります。

従来のアナウンサーとしての仕事だけでなく、女子アナになるには多様性のある能力が求められているのです。

女子アナに求められる能力

女子アナになるには様々な能力が必要となります。

これを前もって把握しておかなければ、女子アナの就職採用試験で遅れを取る事になります。

しかし、逆に取れば把握しておけばライバルに差をつける事も可能になります。

女子アナになるには必須と言える作業になりますので、しっかり確認しておきましょう。

アナウンス能力

女子という言葉が付いていてもアナウンサーとしての仕事は男性となんら変わりありません。

当然、女子アナになるには高いアナウンス能力が求められます。

原稿を噛まずにスラスラ読む能力や、難解な字や専門的な語句に関するボキャブラリーも必要になります。

こういったアナウンス能力は日常生活で向上させる事は難しいです。

ですので、各テレビ局や企業が主催するアナウンススクールや講座に参加する事で、アナウンサーとしての能力は向上させる事が出来ます。

ある程度の学力

女子アナになるには、ある程度の学力が必要となります。

最低でも大卒レベル、欲を言えば慶応や早稲田といった東京都内の有名大学を卒業している事が望ましいです。

なぜなら、女子アナといえど就職先はテレビ局という事には変わりありません。

従って、テレビ局の募集基準をまずクリアする必要があります。

なので、大卒の資格は絶対に必要になります。

なぜ東京都内の有名大学を卒業しておく事が望ましいかというと、その理由は2つあります。

ひとつは、あなたもテレビを見ていて感じている部分もあるかと思いますが、新人女子アナが各番組で紹介される場面があります。

そういった場面で誰もが知る有名大学名であれば視聴者に対し「知性」をアピールする事が出来ます。

実際に紹介される女子アナの学歴は高学歴のものが多いです。

もう一つは、大手キー局は当然ですが都内にテレビ局を構えています。

当然、面接等では本社に出向く必要があります。

就職活動は大学在学中に行いますので、生活基盤が都内である方が就職活動費用として節約が出来るのです。

地方局を志望しているという事であれば、そのテレビ局の地方の大学に行く事も一つの方法です。

昨今では東大や京大卒の女子アナもいます。自分の長所を「知性」と位置づけたいのであればそういった最高レベルの大学に進学するべきですが、あくまで必要なのは視聴者を納得させる事の出来る学歴ですのでそこまでの学歴は必要ありません。

番組のコメンテーターよりも博識であったりすると、視聴者に違和感を与えてしまう事もありますので女子アナになるにはある程度の学歴が望ましいと言えます。

ある程度の容姿

女子アナはテレビやイベントで人前に出る仕事が大部分を占めます。

したがって、女子アナになるにはある程度の容姿が現実問題として必要になります。

ここで言う「容姿」というのは単純に美人かどうかという事ではありません。

女性らしい所作や立ち振る舞い、愛嬌があるかどうかもこの「容姿」に含まれます。

勿論、美人であればそれはそれで就職に有利に働く事もあるでしょうが、あまり美人すぎても他のタレントやアイドルが際立ちませんので女子アナになるにはある程度の容姿である事が求められます。

コミュニケーション能力や特技

女子アナの仕事はタレントやコメンテーターとのコミュニケーションも必要になります。

大物タレントとコミュニケーションを取れていれば、そのタレントの冠番組のアシスタントに指名されたり、博識なコメンテーターと良くコミュニケーションが取れている事を視聴者にアピール出来れば自分の女子アナとしての価値を高める事が出来ます。

アナウンサーとしての仕事も人から人へ伝える事ですので、女子アナになるには人とのコミュニケーション能力は必須と言えます。

また、女子アナも最近ではタレントと同列で仕事を行う事もあります。

ある意味ではタレントと同様の能力が求められる場面があります。

そういった場合の時の為になにかしら自分の強みと言える特技や能力を持っていると良いです。

他の女子アナと差や違いをハッキリさせる事で起用する側もあなたを分析しやすくなり、番組への起用もやりやすくなるでしょう。

ですので、女子アナになるには何かしらの特色を持つ事は非常に有利です。

もちろん、こういった事は就職試験時にもアピール出来ますので就職内定する可能性も上がります。

女子アナの就職先

報道カメラ

女子アナになるには、当然ながらテレビ局に就職しなければなりません。

大手キー局から地方局まで毎年のように求人があります。

しかし、その求人に対しての応募数が大手キー局になると膨大な人数になりますので、その倍率は非常に高くなります。

多くの女子アナ志望者はまずキー局にチャレンジしてから地方局にも募集する事が多いですので、単純に女子アナになるには最初から地方局に募集してライバルが少ない内に内定をゲットするのも一つの作戦です。

女子アナの年収

女子アナの年収は大手キー局と地方局ではかなりの差があります。

これが大手キー局に応募が集中する一つの要因となっています。

地方局の女子アナの年収が650万円程度と言われているのに対し、大手キー局であれば800万円を超える年収になります。

更に、大手キー局であれば夏休みの支給など福利厚生面でも優遇されますのでより条件が良くなります。

大手キー局で人気が上昇すれば、フリーランスのアナウンサーになる事も出来ます。

フリーになればタレントと同じギャラによる収入になりますので、年収1000万円越えも夢ではありません。

女子アナになるにはまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、女子アナになるには必須となる能力と年収について解説しました。

昨今の女子アナの活躍の場の多様化により、昔に比べて女子アナになるには多くの能力が求められるようになりました。

しかし、それに比例して女子アナの年収や待遇もより改善されている事も事実です。

大変な事ですが、目指す価値のある職業といえますので興味があれば是非チャレンジしてみて下さい。

コメントを残す

*

*