フラワーショップでの仕事のやりがいは?季節はいつが多忙か

masman

by ari_na

更新日:2019-07-04

公開日:2019-07-04

フラワーショップ

”フラワーショップ”は、花の手入れや管理を行い、たくさんの花を販売することが仕事です。フラワーショップは、とくにどの季節が多忙なのでしょうか?花を扱うことのやりがいや、花屋になるためにはどんなことを勉強するのかも要チェックです!


”フラワーショップ”は、様々な鉢花や切り花、観葉植物などを販売しているところです。「花屋」や「生花店」とも呼ばれており、花の手入れや管理を行うなど多くの仕事があります。
毎日たくさんの綺麗な花に囲まれている、人気の職業の一つです。

花が大好きな人にはとっておきの仕事と言えますが、季節によって多忙の度合いなども変わってくるのでしょうか?フラワーショップのやりがいについても見ていきましょう!


フラワーショップとは?

フラワーショップでのお仕事

”フラワーショップ”とはお花屋さんのことで、多数の鉢花や切り花、観葉植物などを販売しているところです。
毎日たくさんの花に囲まれて働くという環境は、想像しただけで素敵だと思えます。

人気の職業の一つですが、もちろん花の管理や手入れを行うなど、フラワーショップならではの苦労も多くあります。

それでは、フラワーショップに勤めるには特別な資格などは必要なのでしょうか?

資格や学歴などは問われない

フラワーショップで働くには、特別な資格や学歴などは必要ありません。
アルバイトとして勤務し、努力が認められて社員に昇格する人もいれば、自身がフラワーショップを経営するなど働き方も様々です。

また、花に関しての詳しい知識が欲しい場合、農業大学や短期大学の園芸科などで花の育て方や新種の開発、実習・研究に至るまで様々なことを学ぶことができます。
フラワーデザインやフラワーコーディネーターを目指せる専門学校もあるので、自分のやりたいことが学べる学校を探しましょう。

フラワーショップの仕事

続いては、フラワーショップでの詳しい仕事内容について見ていきましょう。

フラワーショップは「お花を売っているところ」というイメージが強いと思いますが、販売だけが仕事ではありません。

お花の仕入れや品質の管理まで行い、フラワーショップの経営者であれば売り上げを伸ばすためにどうするかも考えなくてはなりません。
主に、店員は次のような仕事の流れで作業をしています。

早朝から「仕入れ」へ

フラワーショップで働いている人の朝は、とても早いことで知られています。

まずはお店で売るお花を仕入れなくてはならないため、1週間のうちに2〜3回ほど、朝の5時から6時くらいに市場まで購入に赴きます。
仕入れるお花の種類や数は、お店に来てくれる客層や需要の高いもの、または流行のものなどを考えて買う必要があります。

取り扱っているのが造花ではなく生花なので、大量に仕入れて売れ残ったとしたら、処分するしかなくなってしまうのです。
そのため、よく品定めをして購入します。

花の鮮度を保つ「水揚げ」

お花を仕入れたら、次はお店で「水揚げ」という作業を行います。
生花はしっかりと手入れをしなければ、萎れてしまって元気がなくなります。

それでは売り物にならないため、鮮度を保つために花の茎を切り直したり、切り口に熱を加えたりするなど、花の種類に合わせた水揚げを行います。
ちなみに、この水揚げの作業はフラワーショップに勤める者としてきちんと勉強し、経験を重ねていく必要があります。

水揚げ作業が終わったら、お花を良い状態に保つためにこまめに水を取り替えたり、温度管理をするなどします。

それでも枯れてしまうお花は出てきます。
完全に枯れていなくても、枯れかけていたら思い切って処分する「見切り」という判断も下さなくてはなりません。
はじめは胸が痛む作業かもしれませんが、経験を重ねることで、どこで判断するかが分かってくることでしょう。

販売

お店が開店したら、誰かにプレゼントするためや自分の家で育てるためのお花を購入するお客様が次々とやって来ます。
ここで、接客業としての本領が発揮されます。

とくにパーティや誕生日などのお祝い事で送られる花などは、お客様からオススメを聞かれることも多々あります。
そこで人気が高まっているお花やお店のイチオシなどを、お客様の好みや用途に合わせてアドバイスしていきます。

最近ではインターネットを利用してお花の販売を行うフラワーショップも増えてきました。
このようにネットショップにも対応しているお店の場合、サイトを更新したり、チェックをすることも仕事に含まれてきます。

フラワーショップの多忙な季節は?

フラワーショップの多忙な時期

お花が咲き乱れる季節といえば、春から夏にかけてが最盛期と言えます。

しかし、お花は温室栽培もできるうえに、フラワーショップは通年でお花を販売しています。
では、そのフラワーショップがとくに多忙となる季節はいつなのでしょうか?

イベントごとに多忙

フラワーショップは何らかのイベントがあるごとに多忙となっていきます。

まず3月と4月の春の季節は、卒業式や入園式、入学式、入社式、送別、人事異動、お彼岸などがあります。
出会いと別れのために多くの人がお花を贈るため、フラワーショップも仕事が山積みです。

続いて5月には母の日6月はジューンブライドで結婚式が増える7月は東京のお盆8月は地方のお盆9月はお彼岸と敬老の日12月はお歳暮やお正月…と、1年を通じてイベントがたくさんあります。

こうして見てみると、比較的秋の季節は忙しさが収まっているようにも感じますね。
今後、法律などが変わって新たな記念日などができた場合は、フラワーショップの仕事も増えるかもしれません。

フラワーショップのやりがいは?

フラワーショップの仕事は、以外にも体力勝負なところがあります。
1本1本のお花に重みはそれほどありませんが、これが束になってくると、ずっしりとした重量を感じるのです。

仮に体力がないまま働き始めたとしても、お花の管理をしていくうちに力もついてきそうですね。

それでは、フラワーショップで働くことのやりがいについて見ていきましょう!

美しい花と触れ合える

フラワーショップが仕入れるお花は、農家の人が一生懸命育てたものです。

そこから開花に合わせて販売するため、少しでも長く花を咲かせるための手間暇をかけていきます。

こうして苦労して手入れをしたお花が次々と売れていくことは、とてもやりがいを感じることでしょう。

「大切な日」のお手伝いができる

綺麗に包んであるお花を購入するお客様は、何か大切な日だからフラワーショップに来ている人がほとんどです。

プロポーズをする時に渡すお花や、日頃うまく感謝が伝えられない相手にお花をプレゼントする人など様々です。

フラワーショップの人が多忙であっても、お花を雑に扱ったり、適当な接客になってはいけません。
誰かの大切な日を彩るお手伝いが叶うことは、大きなやりがいだと言えます。

フラワーショップについてのまとめ

フラワーショップで働くことは華やかに見えるようで、実は体力勝負なところがあります。
お花を扱うという仕事は魅力に感じますが、美しく見せるためには、従業員の知られざる苦労があるということを忘れずにいたいものですね。

1年を通じて様々な行事があるため、フラワーショップの仕事もそれに合わせて多忙となっていきます。

ですが、忙しいながらも、大切な人へ送るお花を取り扱っているということは、大きなやりがいです。
お花が好きで、これを職業にしたいと考えている方は、雇用形態も複数あるので、自分に合った働き方で従事してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*