ボイラー・タービン主任技術資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

ボイラー・タービン主任技術者は業務独占の資格になります。法律でも必置義務があり、全国的に需要があります。また、収入による地方格差も少ないため将来的に安定した業務につくことのできる資格といえます。申請の条件として実務経験が必要なので、取得までには時間はかかります。


ボイラー・タービン主任技術は幅広い年齢層の男女が目指せる、中卒以上から受験することができ、全国的に就職先もあり、収入が安定しています。資格です。
ボイラー・タービン主任技術資格取得者は他にも第1種ボイラー・タービン主任技術者、第2種ボイラー・タービン主任技術者と呼ばれております。
ボイラー・タービン主任技術の資格は「国家資格」です。


資格広場は、ボイラー・タービン主任技術になるには?ボイラー・タービン主任技術なるためには?ボイラー・タービン主任技術になりたいを応援しております。

ボイラー・タービン主任技術になるために必要な知識・受験資格

ボイラーやタービンに関する専門的な知識と技術が必要です。

ボイラー・タービン主任技術の資格は「経済産業省」が運営管理を行っております。

経済産業省とは:
問い合わせ先は各地方産業保安監督部電力安全課になります。電気事業法に基づき、電気の安全と安定供給を目的とした監督部署です。

ボイラー・タービン主任技術

ボイラー・タービン主任技術ってどんな仕事?(仕事内容など)

ボイラー・タービン主任技術者とは、電気事業法に基づく発電用ボイラー、蒸気タービン、ガスタービン及び燃料電池発電所等の工事、維持、運用に係る保安の監督などを行う者であり、安全の確保及び、電力の安定供給を図るのが目的の資格です。また、火力発電所(火力発電を行う電気工作物)、原子力発電所または一定規模以上の燃料電池発電所において電気事業法に規定する主任技術者として選任され、火力・原子力・燃料電池設備に係る保安の監督を行う者のことです。

ボイラー・タービン主任技術資格取得の為の勉強法

第1種ボイラー・タービン主任技術者は全ての設備で対応可能です。第2種ボイラー・タービン主任技術者は圧力5880kPa未満の汽力設備、原子力設備、ガスタービン設備及び圧力98kPa未満の燃料電池設備が対応できます。申請資格に関して、第1種ボイラー・タービン主任技術者は、大学(機械工学)卒の場合であれば電気工作物に限る発電用の設備に6年以上(内、圧力5,880kPa以上の発電用の設備に3年以上)の実務経験があること、大学卒であれば、10年以上(内、電気工作物に限る発電用の設備に6年以上と圧力5,880kPa以上の発電用の設備に3年以上)の実務経験があること、短大・高専(機械工学)卒であれば、電気工作物に限る発電用の設備に8年以上(内、圧力5,880kPa以上の発電用の設備に4年以上)の実務経験があることです。短大・高専卒であれば、12年以上(内、電気工作物に限る発電用の設備に8年以上と圧力5,880kPa以上の発電用の設備に4年以上)の実務経験があること、高校(機械工学)卒であれば、電気工作物に限る発電用の設備に10年以上(内、圧力5,880kPa以上の発電用の設備に5年以上)の実務経験があること、高校卒であれば、14年以上(内、電気工作物に限る発電用の設備に10年以上と圧力5,880kPa以上の発電用の設備に5年以上)の実務経験があること、中学卒であれば、20年以上(内、電気工作物に限る発電用の設備に15年以上と圧力5,880kPa以上の発電用の設備に10年以上)の実務経験があることです。一級海技師(機関)、特級ボイラー技士、エネルギー管理士(熱)又は、技術士(機械部門に限る)の2次試験に合格した者は、電気工作物に限る発電用の設備に6年以上(内、圧力5,880kPa以上の発電用の設備に3年以上)の実務経験が必要です。第2種ボイラー・タービン主任技術者の申請資格は、大学(機械工学)卒であれば、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に3年以上の実務経験があること、大学卒であれば、5年以上(内、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に3年以上)の実務経験があること、短大・高専(機械工学)卒であれば、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に4年以上の実務経験があること、短大・高専卒であれば、6年以上(内、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に4年以上)の実務経験があることです。高校(機械工学)卒であれば、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に5年以上の実務経験があること、高校卒であれば、7年以上(内、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に5年以上)の実務経験があること、中学卒であれば、2年以上(内、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に10年以上)の実務経験があることです。一級海技師(機関)、特級ボイラー技士、エネルギー管理士(熱)又は、技術士(機械部門に限る)の2次試験に合格した者は、最高使用圧力が18kPa以上のもののボイラー、蒸気タービン、ガスタービン又は、燃料電池設備の発電用の設備に3年以上の実務経験が必要です。

ボイラー・タービン主任技術の専門学校や通信講座について

準備中です。

ボイラー・タービン主任技術の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ボイラー・タービン主任技術の資格試験料

申請手数料は6,600円です。

ボイラー・タービン主任技術試験・検定の年間試験回数

随時行われています。

ボイラー・タービン主任技術試験科目等の内容

試験は実施されておらず、申請により学歴及び実務の経験に応じて交付されます。

ボイラー・タービン主任技術資格の難易度

学歴により実務経験が異なるので、機械工学等を履修しているほうが取得に有利になります。

ボイラー・タービン主任技術資格の合格率

試験ではないので、申請条件が満たされていれば交付されます。

ボイラー・タービン主任技術試験の合格発表

申請後に交付されます。

ボイラー・タービン主任技術

ボイラー・タービン主任技術資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ボイラー・タービン主任技術所持者の職業例

各種発電所、研究所、ビル設備管理会社等の就職先があります。

ボイラー・タービン主任技術に向いている人

高等専門学校や大学等で、機会工学を勉強した人が向いていると思われます。なぜならタービンやボイラーにおける専門的な知識が必要とされるからです。それ以外の学歴を持つ場合は、実務経験で培った経験と知識を生かして勉強できる人が向いています。電気の安定供給や安全性に関する責任はとても大きく、責任感のある人でないと難しい職種になります。

ボイラー・タービン主任技術と同じ分野の他の資格

ボイラー技士、エネルギー管理士

ボイラー・タービン主任技術の年収・給料相場

就職先起業によっても異なりますが、平均して約450万~600万円程度です。大手や公官庁に関係するならさらに高額の年収が期待できます。

ボイラー・タービン主任技術の現状

国家資格としては試験がなく、学歴と実務経験で申請すれば取得でき、全国的に需要があり収入も安定しています。

ボイラー・タービン主任技術の将来性

独占業務として認められ、法律上で必置義務もあるので需要の高い資格になります。収入の地方格差もなく、収入・求人も安定しており、将来有望な資格になります。

ボイラー・タービン主任技術の独立について

基本的には企業で就職することが多いですが、フリーランスとして研究職につく場合もあります。

ボイラー・タービン主任技術資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*