ボイラー技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-05-21

ボイラー技士の資格取得にはさまざまな受験資格があります。(2級は受験資格はないです)さらに、試験に合格しても実務経験に関する証明書の提出もあります。(実務経験のない場合は講習を受講します)このように上級資格を取得するには年数や難易度が上がりますが、ボイラーを取り扱う上で必要不可欠な資格となるので就職や転職には有利になります。


ボイラー技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、労働安全衛生法によってボイラーを扱うにはボイラー技士が必要不可欠となっていることから、需要が高い資格です。資格です。
ボイラー技士資格取得者は他にも特級ボイラー技士、1級ボイラー技士、2級ボイラー技士と呼ばれております。
ボイラー技士の資格は「国家資格」です。


資格広場は、ボイラー技士になるには?ボイラー技士なるためには?ボイラー技士になりたいを応援しております。

ボイラー技士になるために必要な知識・受験資格

ボイラーの取り扱いに関する専門的な知識と安全性に関する技術が必要です。免許交付には実務経験が必要ですが、実務経験がない場合は講習等を受講することで免許交付が可能です。

ボイラー技士の資格は「安全衛生技術試験協会」が運営管理を行っております。

安全衛生技術試験協会とは:
厚生労働大臣の指定を受け、労働安全衛生法に基づくボイラー技士、クレーン・デリック運転士、衛生管理者、潜水士等の免許試験等をを国に代わって行っている試験機関です。

ボイラー技士

ボイラー技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

ボイラー技士とは、ボイラーを取り扱うことができる業務独占の資格です。2級ボイラー技士は、一般的に設置されている製造設備あるいは暖冷房、給湯用のエネルギー源としてのボイラーを取り扱うことが可能です。1級ボイラー技士は、大規模な工場や事務所・病院などのエネルギー源としてのボイラーを取り扱うことができます。また、伝熱面積の合計が25㎡以上500㎡未満のボイラーを取り扱う作業(貫流ボイラーのみを取り扱う場合において、その伝熱面積の合計が500㎡以上のときを含む。)については、特級又は一級ボイラー技士免許を受けた者のうちからボイラー取扱作業主任者を選任することが必要です。 特級ボイラー技士は大規模な工場等のエネルギー源としてのボイラーを取り扱うことが可能です。また、伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱う作業(貫流ボイラーのみを取り扱う場合を除く。)については、特級ボイラー技士免許を受けた者のうちからボイラー取扱作業主任者を選任することが必要です。

ボイラー技士資格取得の為の勉強法

ボイラー技士の資格には、特級・1級・2級があります。2級の受験資格は不要です。1級の受験資格は、二級ボイラー技士免許を受けた者、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で1年以上の実地修習を経たもの、海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者、ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で伝熱面積の合計が25㎡以上のボイラーを取り扱った経験があること、保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で伝熱面積の合計が25㎡以上のボイラーを取り扱った経験があること、ボイラーに関する学科を修めた者でその後1年以上の実地修習を経たもののいずれかに該当することです。特級ボイラーの受験資格は、一級ボイラー技士免許を受けた者、エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法)第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で2年以上の実地修習を経たこと、海技士(機関1、2級)免許を受けた者、ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱った経験があること、ボイラーに関する講座又は学科目を修めた者にでその後2年以上の実地修習を経たもののいずれかに該当することです。

ボイラー技士の専門学校や通信講座について

準備中です。

ボイラー技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ボイラー技士の資格試験料

試験料は6,800円です。

ボイラー技士試験・検定の年間試験回数

2級ボイラー技士の試験は、毎月行われています。1級ボイラー技士の試験は、1~2か月の1回の頻度で行われています。特級ボイラー技士の試験は年に1回で、平成30年度は10月に行われます。試験地は、北海道安全衛生技術センター、東北安全衛生技術センター、関東安全衛生技術センター、中部安全衛生技術センター、近畿安全衛生技術センター、中国四国安全衛生技術センター、九州安全衛生技術センターです。

ボイラー技士試験科目等の内容

2級ボイラー技士の試験は「ボイラーの構造に関する知識」「ボイラーの取扱いに関する知識」「燃料及び燃焼に関する知識」「関係法令」の4科目で各10問です。1級ボイラー技士の試験は「ボイラーの構造に関する知識」「ボイラーの取扱いに関する知識」「燃料及び燃焼に関する知識」「関係法令」の4科目で各10問です。特級ボイラー技士の試験は「ボイラーの構造に関する知識」「ボイラーの取扱いに関する知識」「燃料及び燃焼に関する知識」「関係法令」の4科目で各6問です。特級には科目免除がありますが、1・2級に関しては科目免除はないです。特級の科目免除該当者は、特級ボイラー技士試験を受け一部の科目について合格点を得た者で、合格点を得た科目の試験が行われた月の翌月の初めから起算して2年以内のものです。試験科目は同じですが、試験時間や問題の難易度は異なります。

ボイラー技士資格の難易度

特級ボイラー技士の難易度は高いと思われますが、1・2級ボイラー技士に関しては、過去問等で勉強すればそれほと難易度は高くないと思われます。

ボイラー技士資格の合格率

1・2級ボイラー技士の合格率は約50~60%程度です。特級ボイラー技士の合格率は約20%~30%程度です。

ボイラー技士試験の合格発表

合格基準は科目ごとの得点が40%以上でかつその合計が60%以上です。合格の場合は「免許試験合格通知書」、それ以外の場合は「免許試験結果通知書」が届きます。合格後に免許申請の手続きが必要です。(ボイラー取扱い実務経験従事証明書の添付が必要です。)1・2級は試験後10日程度で合格通知書等が発送されます。特級に関しては試験後、約2か月以内には発送されます。

ボイラー技士

ボイラー技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ボイラー技士所持者の職業例

所有している資格によって就職先がかわります。特級の場合は大規模工場・プラント建設会社・職業訓練校など、1級の場合は中規模以上の工場・プラント建設会社・職業訓練校(2級よりは幅が広い)など、2級の場合はビル管理会社・ビル設備会社・建設会社・ホテル・病院・温泉施設・工場などが主な選択肢となります。上級の資格を取得している方が、転職の選択肢も多く有利といえます。

ボイラー技士に向いている人

ボイラー技士の仕事はボイラーを安全に管理することです。ボイラーは高温になり、間違った使い方をすると大きな事故にもつながりますので、安全配慮に対する意識の高い人が向いていると思われます。

ボイラー技士と同じ分野の他の資格

ボイラー整備士、ボイラー溶接士

ボイラー技士の年収・給料相場

ボイラー技士の年収は300万円~400万円程度になりますが、就職先の企業により大きく異なります。大手企業の管理職になると年収600万円以上も可能です。上級の資格を取得することにより、昇給やキャリアアップを期待することができます。

ボイラー技士の現状

ボイラーの管理にはボイラー技士の資格が必要不可欠ですが、冷温水発生器等の普及により必要ではない場合もでてきています。2級ボイラー技士の資格だけでは、就職に有利であるとは言い切れない現状もあるので、取得する際は上級資格の取得を視野に入れるべきです。

ボイラー技士の将来性

ボイラーと取り扱いには必要不可欠の資格になりますので、関係業務に就職するときは有利といえます。現状では、2級だけよりも1級や特級の資格が作業範囲が多く需要も高いと考えられます。また、ボイラーのみの資格取得だけではなく、ガスや電気関係の資格を取得している方が転職に関してよりよい条件が見込めると思われます。

ボイラー技士の独立について

ボイラー技士はほとんどが会社に所属して業務をこなしていますが、独立することは可能です。ただし、上級のボイラー技士資格を取得しているか、ボイラー技士だけでなくガスや電気の資格を有していることが望ましいです。

ボイラー技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*