ガス主任技術者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

ガス主任技術者は、ガス事業法に基づく国家資格の1つで、ガス工作物の保安・監督などを行います。爆発・火災の危険性があるガスは、専門知識を習得している有資格者だけが取り扱い可能です。ガス事業法により、ガス工作物は保安監督の方法が定められています。一般家庭の燃料ガス製造から供給まで、すべての過程においてガスの取り扱いができる資格が、ガス主任技術者なのです。


ガス主任技術者は幅広い年齢層の男女が目指せる、ガス会社に欠かせない資格資格です。
ガス主任技術者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
ガス主任技術者の資格は「国家資格」です。


資格広場は、ガス主任技術者になるには?ガス主任技術者なるためには?ガス主任技術者になりたいを応援しております。

ガス主任技術者になるために必要な知識・受験資格

ガス事業関係法令(保安に関するもの) ガスに関する物理および化学理論 ガス工作物の工事、維持および運用に関する技術 ガス工作物の構造および機能 ガスの成分分析および熱量等の測定 ガス器具の構造および機能

ガス主任技術者の資格は「日本ガス機器検査協会」が運営管理を行っております。

日本ガス機器検査協会とは:
日本ガス機器検査協会 (JIA:Japan Gas Appliances Inspection Association)は、昭和42年に財団法人として設立され、平成23年4月に一般財団法人に移行した法人です。 設立以来、客観的・中立的な第三者認証機関として、ガス機器、ガス警報器、燃料電池等の検査・認証、水道に接続される給水装置の検査・認証、ガス工作物使用前検査、LCAに基づく環境製品評価、森林認証、土壌汚染調査、ISO審査登録、ガス主任技術者試験事務、ガス機器設置スペシャリスト等の教育講習、書籍出版、ガスの安全に関する行政機関等からの受託事業、国際化への対応・海外認証機関との協力等を消費者団体、学識経験者、行政機関、関係業界との密接な連携のもとに展開しています。

ガス主任技術者

ガス主任技術者ってどんな仕事?(仕事内容など)

ガス主任技術者は、一般家庭で使用される、燃料ガスの製造から供給までの全過程に携わり、ガス工作物の保安・監督を行う際に必要な国家資格です。 … ガス工作物の工事、維持および運用に関する保安の監督を行うことができる範囲は免状の種類(甲種、乙種及び丙種の3種類)に応じて異なります。受験資格がありませんので、多くの学生が取得しています。ガス化社会が加速していく中で、今後も注目されるであろう資格の一つになります。 ガス主任技術者の資格があれば消防設備士甲種第4類の受験資格を満たします。 またガス主任技術者の資格があると社会保険労務士試験の受験資格を満たします。

ガス主任技術者資格取得の為の勉強法

日本ガス協会の試験問題解説集に過去5年分が解説付きで掲載されています。より多くの過去問を解くことも、試験合格のために有効な方法です。市販の問題集は、ガス主任技術者試験の合格に向けて特化した内容です。きちんと利用すれば、確実に合格力をアップできるでしょう。

ガス主任技術者の専門学校や通信講座について

準備中です。

ガス主任技術者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ガス主任技術者の資格試験料

12,700円です。

ガス主任技術者試験・検定の年間試験回数

年に1回行われています。

ガス主任技術者試験科目等の内容

試験内容 甲種、乙種、丙種ともに、ガス工作物の工事・維持・運用の保安に関して必要な知識および技能について試験が行われる 試験形式は五肢選択式、論述式 ・ガス事業関係法令(保安に限る ・ガスに関する物理および化学理論 ・ガス工作物の工事、維持、運用に関する技術 ・ガス工作物の構造および機能 ・ガスの成分分析および熱量などの測定 ・ガス器具の構造および機能などが試験内容となっています。

ガス主任技術者資格の難易度

ガス主任技術者丙種の合格率に関するデータですが、最も易しい試験と言われているわりには低水準で推移(過去5年間の平均値:26.0%)しており、計算上、毎年10人中7~8人が不合格となっていることから、合格率からも決して簡単に合格できるような資格ではありません。

ガス主任技術者資格の合格率

平成28年度に実施したガス主任技術者の合格率は甲種:17.9% 乙種:17.1% 丙種:32.0% 甲種と乙種が2割以下で10人受けても2人受からないという数字ですから、難易度は高いと言えるでしょう。丙種でも3割の合格率ですが、初級レベルとしても簡単とは言えません。

ガス主任技術者試験の合格発表

日本ガス機器検査協会のHPに合格者の受験番号が公表されています。

ガス主任技術者

ガス主任技術者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ガス主任技術者所持者の職業例

ガス関連会社で活躍することができます。

ガス主任技術者に向いている人

有資格者は昇給・昇格時に優遇される傾向もあり、ガス業界を望む人やすでに働いている人たちにとっては、取得しておいて損はないものです。ガス事業関係でしか必要とされない資格ではありますが、ガス業界に就職した方や就職を考えている方にとっては取得するメリットはあると言えます。

ガス主任技術者と同じ分野の他の資格

液体石油ガス設備士・簡易内管施工士、管工事施工管理技士、普通第一種圧力容器取扱作業主任者」「高圧ガス製造保安責任者(甲種機械、甲種化学、甲種冷凍)などがあります。

ガス主任技術者の年収・給料相場

ガス関連企業の例でいくと600万~800万円という高い相場であるようです。会社によっては1,000万円超えも見込める業界です。ガス関連企業の平均年収が600万円程と、通常のサラリーマンより高いので、必然的にガス主任技術者の年収も高い水準になると言えるでしょう。

ガス主任技術者の現状

ガス事業者は、「ガス事業法」に基づいて、その業務を行う際には、ガス主任技術者を選任しなければなりません。それゆえ、ガス主任技術者の資格取得者に対するニーズは高いといえます。また、有資格者は昇給・昇格時に優遇される傾向もあり、ガス業界を望む人やすでに働いている人たちにとっては、取得しておいて損はないものです。

ガス主任技術者の将来性

ガスは私たちの生活に必要不可欠なものとなります。ガス主任技術者の仕事は、ガス工作物の保安・監督であり、ガスを製造・供給する場所で必要な存在です。ガスは私たちの生活に必要不可欠なものとなります。ガス主任技術者の仕事は、ガス工作物の保安・監督であり、ガスを製造・供給する場所で必要な存在です。ガスは私たちの生活に必要不可欠なものとなります。ガス主任技術者の仕事は、ガス工作物の保安・監督であり、ガスを製造・供給する場所で必要な存在です。

ガス主任技術者の独立について

この資格は独立開業という類の資格ではありませんので、この資格で独立というのは現実的ではありません。

ガス主任技術者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*