ボイラー溶接士(普通/特別)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-02

公開日:2018-05-31

ボイラー溶接士は、溶接により作られるボイラー・第1種圧力容器の製造、改造、修繕などの作業に従事するのに必要な資格です。全ての溶接作業に携わることが可能な「特別ボイラー溶接士」と、条件付きで従事する「普通ボイラー溶接士」に分類されます。

       

ボイラー溶接士(普通/特別)は受験資格は以下の通りです。【普通ボイラー溶接士】 1年以上溶接作業の経験がある者(ガス溶接・自動溶接を除く)【特別ボイラー溶接士】普通ボイラー溶接士免許を受けた後、1年以上ボイラー又は第一種圧力容器の溶接作業の経験がある者(ガス溶接、自動溶接を除く)の男女が目指せる、溶接により作られるボイラーまたは第1種圧力容器の製造、改造、修繕なでおの作業に従事するのに必要な資格です。資格です。
ボイラー溶接士(普通/特別)資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
ボイラー溶接士(普通/特別)の資格は「国家資格」です。

資格広場は、ボイラー溶接士(普通/特別)になるには?ボイラー溶接士(普通/特別)なるためには?ボイラー溶接士(普通/特別)になりたいを応援しております。

ボイラー溶接士(普通/特別)に必要な知識・受験資格

ボイラーに関する幅広い知識と、十分な取り扱い実務経験が必要です。

ボイラー溶接士(普通/特別)の資格は「公益財団法人 安全衛生技術試験協会」が運営管理を行っております。

公益財団法人 安全衛生技術試験協会とは:
厚生労働大臣の指定を受け、・労働安全衛生法に基づくボイラー技士、クレーン・デリック運転士、衛生管理者、潜水士等の免許試験・同法に基づく労働安全・衛生コンサルタント試験・作業環境測定法に基づく作業環境測定士試験を国に代わって行っている試験機関です。

ボイラー溶接士(普通/特別)

ボイラー溶接士(普通/特別)の仕事内容

ボイラー溶接士は、溶接によって作られたボイラーや、第1種圧力容器の製造や改造、修理などを行うことができる国家資格です。普通ボイラー溶接士と特別ボイラー溶接士に分かれており、前者は溶接部の厚さが25ミリ以下か、フランジや管台などに制限されています。全ての溶接作業に携わることが可能なのが「特別ボイラー溶接士」で、条件付きで作業に従事することができるのが「普通ボイラー溶接士」ということになります。また、ボイラー溶接士については免許に有効期限があり(溶接作業に従事していないと、資格に必要な技能の維持が難しくなるため)、更新手続が必要とされています。

ボイラー溶接士(普通/特別)資格の勉強法

学科試験と実技試験があります。学科試験に関しては、ボイラーの構造から工作・修繕知識、溶接施工方法、 溶接棒・溶接部の性質概要、 溶接部検査概要など幅広い分野の知識が問われるので、該当テキストを繰り返し学習・復習し、覚えることをしっかりと整理して、過去問などでも問題演習を繰り返しておくことが非常に重要です。これは、特別でも普通でも同じです。また、安全知識や法令関係などについても問われますので知識の偏りなく万遍なく勉強しておくことが大切ですし、漏れがないように準備しておきましょう。また、特別ボイラー溶接士では横向き突合せ溶接の、普通ボイラー溶接士では下向き・立向き突合せ溶接の実技試験が課されますので、実地に練習を積み重ねておくことが必要です。

ボイラー溶接士(普通/特別)の専門学校・通信講座

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

ボイラー溶接士(普通/特別)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ボイラー溶接士(普通/特別)の資格試験料

普通ボイラー溶接士では、学科試験8300円、実技試験が18900円となっています。また、特別ボイラー溶接士では、学科試験が8300円、実技試験が21800円となっています。

ボイラー溶接士(普通/特別)試験・検定の年間試験回数

1年に2回実施されます。それぞれ2月上旬頃と9月上旬頃に実施されています。

ボイラー溶接士(普通/特別)試験科目等の内容

以下の通りとなっています。特別・普通ともに、学科試験は、(1)ボイラーの構造及びボイラー用材料に関する知識(2)ボイラーの工作及び修繕方法に関する知識(3)溶接施工方法の概要に関する知識(4)溶接棒及び溶接部の性質の概要に関する知識(5)溶接部の検査方法の概要に関する知識(6)溶接機器の取扱方法に関する知識(7)溶接作業の安全に関する知識(8)関係法令について出題されます。実技試験では、学科試験合格者のみを対象として、アーク溶接による実際の溶接作業が課されます。普通ボイラー溶接士試験では、下向き・立向き突合せ溶接、特別ボイラー溶接士では、横向き突合せ溶接が課されることになっています。

ボイラー溶接士(普通/特別)資格の難易度

受験者の半数以上が合格しており、難易度としてはやや易しい部類に入るでしょう。しかし、幅広い知識と経験は必須です。

ボイラー溶接士(普通/特別)資格の合格率

合格率は、特別(筆記)が76.6%、特別(実技)が88.7%、普通(筆記)が62.0%、普通(実技)が63.0%ほどがとなっています。

ボイラー溶接士(普通/特別)試験の合格発表

実施センターによって異なります。センターの掲示板に合格者は貼り出されます。インターネットでの発表はありません。

ボイラー溶接士(普通/特別)

ボイラー溶接士(普通/特別)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ボイラー溶接士(普通/特別)所持者の職業例

?有資格者は溶接のスペシャリストして求人も多く、収入や昇格、就・転職などに有利で将来性がある資格といえるでしょう。ボイラー関係の仕事に従事していきたい人は是非取得しておきたい資格といえます。

ボイラー溶接士(普通/特別)に向いている人

ボイラーについての知識と経験を備えており、将来にわたって溶接のスペシャリストとして活躍していこうという意思を持った人が向いているでしょう。ボイラーについても知識と実地経験を幅広く吸収していこうという意欲のある人に向いていると言えるでしょう。

ボイラー溶接士(普通/特別)と同じ分野の他の資格

ガス溶接作業主任者、ガス溶接技能者、PC工法溶接管理技術者など。

ボイラー溶接士(普通/特別)の年収・給料相場

一般的に、ボイラー溶接工の平均年収は425.0万万円(賞与込)です。

ボイラー溶接士(普通/特別)の現状

ボイラーまたは第1種圧力容器の製造、改造、修繕などの作業を行う資格です。ボイラー溶接に関するスペシャリストとして需要は一定数あります。

ボイラー溶接士(普通/特別)の将来性

有資格者は溶接のスペシャリストして求人も多く、収入や昇格、就・転職などに有利で将来性がある資格といえるでしょう。そのため、溶接作業従事者はぜひ取得しておきたい資格です。

ボイラー溶接士(普通/特別)の独立について

独立をするというより、溶接工として会社や工場、作業所などで業務に従事するのが一般的な形態です。

ボイラー溶接士(普通/特別)資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*