ガス溶接技能講習資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-23

公開日:2018-06-04

ガス溶接技能講習とは、可燃性ガスを利用して、金属をつなぎ合わせる「ガス溶接」を行うために必要な国家資格です。溶接の仕事を始めたいと思っている方は、この資格からチャレンジするのがおすすめです。


ガス溶接技能講習は幅広い年齢層の男女が目指せる、ガス溶接の業務資格です。
ガス溶接技能講習資格取得者は他にもなしと呼ばれております。
ガス溶接技能講習の資格は「国家資格」です。


資格広場は、ガス溶接技能講習の資格を取得したい皆さんを応援しております。

ガス溶接技能講習になるために必要な知識・受験資格

ガス溶接技能講習

まずは無料で資料請求♪

可燃性ガス及び酸素を用いて行う金属の溶接、溶断又は加熱の業務に関しての知識が必要となります。

ガス溶接技能講習の資格は「一般社団法人労働技能講習協会」が運営管理を行っております。

資格取得のための講習も行われていますが、専門学校などの授業の一環で資格を取得する人も多いようです

ガス溶接技能講習を受けて免許を取得して、就職に直結する場合も少なくなく若い世代でも月収30万円以上の収入に繋げている人も!
スキルアップのために、ガス溶接技能講習を受けてみませんか?


一般社団法人労働技能講習協会とは:
昭和50年に設立されました。小規模事業所における労働災害防止対策を指導し、快適な作業環境の形成に寄与することを目的としています。

ガス溶接技能講習の免許を取った後の仕事内容は?

可燃性のアセチレンガスやLPガスなどと、支燃性の強い酸素を用い、高温の炎を取り扱います。
この作業は、この講習を修了した者のみ行うことができ、労働安全衛生法等の法令において定められています。

ガス溶接技能講習資格取得の為の勉強法

協会が講習を開催しています。講習は2日間行われ、学科1日と実技1日と分かれています。基本的に土曜日・日曜日に講習が行われています。

学科に関しては、合計で9時間行われ、設備の構造・取り扱いの知識、可燃性ガス及び酸素の知識、関係法令となっており、最後に学科試験が行われます。
実技に関しては、5時間、ガス溶接等の設備の取り扱いの実技試験のみ行われます。

ガス溶接技能講習の専門学校や通信講座について

ガス溶接技能講習

簡単♪無料で資料請求!

ガス溶接技能講習は協会が開いている講習となっております。

講習を受けて考査してもらい、合格が出ればガス溶接技能講習の課程を修了して免許を取得することが出来ます。

可燃性のガスを使用して溶接や切断などを行う作業は、ガス溶接技能講習を修了していないと行えない作業となっています。

専門学校などで資格取得も可能なので、建設系の資格を取得したいとい考えている学生さんは、専門学校の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?専門学校の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

ガス溶接技能講習の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

ガス溶接技能講習の難易度など

ガス溶接技能は、講習を受けて考査に合格すれば、免許を取得することが出来ます。

免許取得のために、どれぐらいの費用がかかるのかなどをまとめてみました!

ガス溶接技能講習の資格試験料

受講料が12,400円、テキスト代が860円となっており、合計13,260円となっています。

ガス溶接技能講習試験・検定の年間試験回数

学科試験と実技試験どちらも月に1、2回行われています。

ガス溶接技能講習試験科目等の内容

試験は学科試験と実技試験に分かれています。学科試験では、講習で学習した内容が出題されます。試験時間は、1時間です。実技試験では、ガス溶接等の設備の取り扱いが出題されます。試験時間は、5時間です。

ガス溶接技能講習資格の難易度

合格率が高く、講習を受講してから試験が行われるので、簡単だと言ってもいいでしょう。

ガス溶接技能講習資格の合格率

合格率は約90%となっています。

ガス溶接技能講習試験の合格発表

合格発表は、基本的には実技試験修了後に即日交付されます。

ガス溶接技能講習資格取得後の就職先・年収・報酬相場

ガス溶接技能講習資格取得後の就職先など

国家資格であるガス溶接技能。
この技能の講習を受けるだけで、就職や転職の幅がぐんと広がります!

資格取得後の傾向や年収などをまとめてみました。

ガス溶接技能講習所持者の職業例

建設・土木工事業、解体工事業、整備サービス業、機械器具設置工事業、金属製造業、管工事業

ガス溶接技能講習に向いている人

製造業や建設業に勤めている方に向いています。
建物整備の専門学校や建設系の学校などで取得したのちに、そのまま就職へ繋げるひとも多いようです。

ガス溶接技能講習と同じ分野の他の資格

高所作業車技能講習、小型移動式クレーン技能講習、有機溶剤技能講習、玉掛け技能講習、足場の組立て等技能講習

ガス溶接技能講習の年収・給料相場

現場監督に従事するようになれば、年収は約500万円前後ほどとなっています。危険を伴う作業のため、収入面でも待遇は良いようです。

ガス溶接技能講習の現状

可燃性ガス及び、酸素を用いて行う溶接、溶接の作業は、各現場において広く使われており、これらの作業中に使用される装置の欠陥や作業方法の不適正などにより、大きな爆発や火災がしばしば発生しています。
この資格は溶接の初歩的な資格の一つと言われており、この資格を取得していないとガス溶接をすることができません。

ガス溶接技能講習の将来性

溶接の資格はたくさんあるので、自分のレベルに合った資格に挑戦することが大切です。この資格を取得した後、慣れてきたらほかの溶接の資格を取得しても良いでしょう。
先述したように、危険を伴う職種であるため、収入面自体は他の職業よりやや高い傾向にあるので、男女ともに人気が高い資格です。

ガス溶接技能講習の独立について

他の資格も取得しておくと独立は可能になるかもしれませんが、この資格だけでは難しいと思われます。

ガス溶接技能講習資格まとめ

ガス溶接技能講習資格まとめ

まずは無料で資料請求♪

ガス溶接技能講習は、建設業や工事などの現場作業における仕事に就職したいと考えている人なら持っておくとスキルアップや就職にとても有利な資格になります。

就職後に資格取得を狙う人も多いですが、専門学校などで取得する人ももちろん多く、卒業後の仕事に役立てています。

ガス溶接技能講習は収入アップにもつながる資格なので、取得は早めがおすすめ!

工業系の専門学校をお探しの方は、上のボタンから無料で簡単に資料請求が出来ます!

幾つかの学校のパンフレットを一括で申し込めるので、進路に悩んでいる人は必見ですよ♪

コメントを残す

*

*