アルミニウム溶接技術検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-23

加工時の酸化やひずみが起こりやすい素材のアルミニウムの溶接は繊細な技術が求められる事と、アルミニウムを使用した製品(車や建材など)が多い為、有資格者のニーズは高いと言えます。


アルミニウム溶接技術検定は幅広い年代の男女が目指せる、建設業界での需要が高い資格です。
アルミニウム溶接技術検定は他にもアルミニウム溶接技術検定と呼ばれております。
アルミニウム溶接技術検定は「民間資格」です。

アルミニウム溶接技術検定取得のために必要な知識・受験資格

3ヶ月以上アルミニウムの溶接技術を取得した満15歳以上の者。

アルミニウム溶接技術検定は「一般社団法人 軽金属溶接協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 軽金属溶接協会とは:
本協会は、軽金属の溶接・接合技術の向上、及び溶接・接合を適用した軽金属構造物の品質性能の高度化を図り、もって産業界及び学界の発展に寄与することを目的とする。

アルミニウム溶接技術検定

アルミニウム溶接技術検定ってどんな資格?

アルミニウムのティグ溶接・ミグ溶接の技能をJIS Z 3811(アルミニウム溶接技術検定における試験方法及び判定基準)に基づいて試験する資格認定です。加工時の酸化やひずみが起こりやすい素材のアルミニウムの溶接は繊細な技術が求められる事と、アルミニウムを使用した製品(車や建材など)が多い為、有資格者のニーズは高いと言えます。

アルミニウム溶接技術検定取得の為の勉強法

アルミニウム溶接技術検定習得のためには学科試験・実技試験の合格が必要であるため、1か月以上アルミニウムの溶接技能を取得していることが前提にある。学科については試験用の講座等は設けられていないため基本的には実技とともに経験に沿っての独学となるでしょう。

アルミニウム溶接技術検定の専門学校や通信講座について

準備中です。


アルミニウム溶接技術検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

アルミニウム溶接技術検定の試験料

学科試験:1130円、実技試験:ティグ溶接:8040円~、ミグ溶接:8290円~※実技の試験料は種目(材料)により異なる

アルミニウム溶接技術検定の年間試験回数

毎月2~4回程度

アルミニウム溶接技術検定試験科目等の内容

●学科試験①溶接用のアルミニウム合金材料の概要、②容加材と溶接部の性質の概要、③溶接施行法の概要、④溶接災害防止法など
●実技試験①薄板、中板、厚板、パイプ(薄肉、中肉、厚肉)の突合せ溶接、②試験材の表曲げ、裏曲げ、側面曲げ試験

アルミニウム溶接技術検定の難易度

約8割の合格率であるため難易度は比較的低いと言えます。

アルミニウム溶接技術検定の合格率

77.70%

アルミニウム溶接技術検定の合格発表

実施先までお問い合わせ下さい。


アルミニウム溶接技術検定

アルミニウム溶接技術検定取得後の就職先・年収・報酬相場

アルミニウム溶接技術検定所持者の職業例

溶接工

アルミニウム溶接技術検定の取得に向いている人

溶接工は一般に重量物を製作し、かがみ作業、立ち作業などもあるので、強靭な身体と耐久力が必要です。

アルミニウム溶接技術検定と同じ分野の他の資格

ガス溶接技能者、ガス溶接作業主任者、溶接管理技術者

アルミニウム溶接技術検定の年収・給料相場

溶接工の平均年収は398.7万円(賞与込)です。

アルミニウム溶接技術検定の現状

工業全般に必要とされる、金属を用いたものづくりや土木関係の現場にはなくてはならない仕事です。溶接の作業は機械化が進んでいますが、人間の手によるものでないとできない作業もまだ多く、溶接工が活躍する場面は多々あります。

アルミニウム溶接技術検定の将来性

溶接の仕事は、機械化や労働料の安価な外国人の雇用などにより一生安泰であると断言することは難しい。

アルミニウム溶接技術検定所持者の独立について

独立されている溶接工の方はいらっしゃいますが、アルミニウム溶接技術検定を持っているからと言って独立に繋がるわけではありません。

アルミニウム溶接技術検定を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*