産業カウンセラー資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-23

産業カウンセラーは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が主催している資格で、働く人はもちろん、家族など身内に対して、様々な心理的手法を用いて、その問題を解決できるようにサポートすることを目的としています。


産業カウンセラーは幅広い年代の男女が目指せる、ますます需要が高まる資格です。
産業カウンセラー資格取得者は他にもと呼ばれております。
産業カウンセラーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、産業カウンセラーになるには?産業カウンセラーなるためには?産業カウンセラーになりたいを応援しております。

産業カウンセラーになるために必要な知識・受験資格

上級資格をめざす人は受験資格を満たしている必要あり

産業カウンセラーの資格は「一般社団法人 日本産業カウンセラー協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会とは:
一般社団法人日本産業カウンセラー協会は産業カウンセラーによって組織された職能団体である。産業カウンセラーは心の専門的技能者であるだけでなく、関連する広い学問、科学を重んじ、産業界の動向に通じた複合的能力をもって、あらゆる場面で活躍している。

産業カウンセラー

産業カウンセラーってどんな仕事?(仕事内容など)

産業カウンセラーは、産業を取り巻く現場で働く人たちが抱えている問題に対してアプローチを行い、問題解決に導くためのサポートをする専門家です。公共職業安定所や学校のような公的な機関から、民間企業、医療機関などさまざまな場で働いています。

産業カウンセラー資格取得の為の勉強法

産業カウンセラー養成講座とは、産業カウンセラーの資格の受験資格を得る為の講座で、「通学制」と「通信制」のいずれかを選択して受講します。

産業カウンセラーの専門学校や通信講座について

準備中です。


産業カウンセラーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

産業カウンセラーの資格試験料

・学科試験10,800円(税込)・実技試験21,600円(税込)※合格した場合、資格登録料としてさらに7,000円必要です。

産業カウンセラー試験・検定の年間試験回数

毎年1月下旬に学科試験と実技試験が行われています。

産業カウンセラー試験科目等の内容

筆記試験:択一式(60問、150分)実技試験:ロールプレイング、口述試験

産業カウンセラー資格の難易度

きちんと対策をしなければ易しいとは言えないでしょう

産業カウンセラー資格の合格率

60~70%

産業カウンセラー試験の合格発表

3月頃


産業カウンセラー

産業カウンセラー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

産業カウンセラー所持者の職業例

産業カウンセラー

産業カウンセラーに向いている人

産業カウンセラーは、まずしっかり耳を傾けて、相談者がどんなことを望んでいるのかを聞き出します。傾聴」を丁寧に行えるような、聞き上手で包容力のある人は、産業カウンセラーに向いているといえるでしょう。

産業カウンセラーと同じ分野の他の資格

メンタル心理カウンセラー、アートセラピー・メンタルケア

産業カウンセラーの年収・給料相場

一般的な会社員と同じで、中小企業であれば年収200~400万円、大企業であれば年収500万円以上となります。

産業カウンセラーの現状

世間一般の人に「産業カウンセラー」という職業やその仕事内容が広く認知されているかというと、まだそれほどではないというのが実情なのではないでしょうか。

産業カウンセラーの将来性

「将来に不安を抱いている」「働くことに対して希望が持てない」「正社員になれずキャリア形成が上手くいかない」という若者もとても多いので、このような人たちをサポートしていく場面では産業カウンセラーの力が必要となるでしょう。

産業カウンセラーの独立について

産業カウンセラーのなかには、独立開業して仕事を請け負っている人もいます。今の日本で、この資格だけで独立している人はそれほど多くはなく、収入に関する統計もありません。しかし、なかなか顧客がつかず経営が厳しいという事務所も珍しくはないようです。

産業カウンセラー資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*