溶接作業指導者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.21

溶接作業指導者とは、溶接作業員に対して決められた作業工程や溶接設計を達成するための指導を行う民間資格です。民間資格なので、取得が義務づけられている資格ではありませんが、工事現場や建設過程で必須の溶接に関する高いスキルの証明となる資格として知られています。溶接技術はあらゆる工業分野で必要とされているにもかかわらず、近年では熟練の技術者が不足しがちです。


溶接作業指導者は25歳以上の幅広い年齢層の男女が目指せる、溶接の設計・品質管理の責任者資格です。

溶接作業指導者資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。

溶接作業指導者の資格は「民間資格」です。

資格広場は、溶接作業指導者になるには?溶接作業指導者なるためには?溶接作業指導者になりたいを応援しております。

溶接作業指導者になるために必要な知識・受験資格

必要な知識は講習で習うことができます。

溶接作業指導者の資格は「一般社団法人日本溶接協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本溶接協会とは:

昭和23年に設立されました。ものづくり分野のグローバル化や日本の溶接関連の現状を解決に導いています。

溶接作業指導者

溶接作業指導者ってどんな仕事?(仕事内容など)

溶接管理技術者は、高い技術知識と施工管理能力により、公共工事や工場認定に当たって現場に常駐することが要求されます。工事現場では建築鉄骨や橋梁などを担当したり、工場現場では化学プラントやエネルギー施設などに所属したりして、作業計画の立案や設計を行います。溶接の設計・品質管理の責任者です。

溶接作業指導者資格取得の為の勉強法

講習が行われます。3日間行われ、朝の9時から夕方の16時半までの2コマから3コマとなります。試験自体の合格率はほぼ100%ですから、講習中に案内されるガイダンスに従って試験問題を解いていけば十分合格できるレベルです。特別な試験対策をする必要はないでしょう。講習会で使用するテキストは講習会で配布られるわけではありませんので、事前に準備しておく必要があります。講習会当日には販売していないので、注意が必要です。講習は5月と11月の年に2回行われます。

溶接作業指導者の専門学校や通信講座について

試験前に講習が行われます。


溶接作業指導者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

溶接作業指導者の資格試験料

受験料は、新規受講の方は税込50,760円、再受験の方は12,960円となります。

溶接作業指導者試験・検定の年間試験回数

毎年9~11月の年に1回行われています。

溶接作業指導者試験科目等の内容

指導者の役割と基礎知識、被覆アーク溶接と高張力鋼の溶接、自動アーク溶接と薄板の溶接などが出題されます。

溶接作業指導者資格の難易度

合格率が約100%なため、難易度は易しいと言えます。

溶接作業指導者資格の合格率

合格率は約100%となっています。

溶接作業指導者試験の合格発表

現在調査中

国家資格バナー

PR



溶接作業指導者

溶接作業指導者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

溶接作業指導者所持者の職業例

溶接の技術は、鋼材を扱うあらゆる現場で必要となります。橋梁や鋼管杭、ビルなどの工事現場、自動車などの向上が就職先です。溶接技術者の中でもこれらの資格をもっている場合は熟練技術者としての価値が上がります。近年は熟練技術者の不足が一層進んでいるため、ますます需要が高まっており転職に当たっても有利な環境と言えます。

溶接作業指導者に向いている人

溶接作業に携わる方に向いています。

溶接作業指導者と同じ分野の他の資格

溶接管理技術者

溶接作業指導者の年収・給料相場

現場の溶接班長として勤務する場合は、年収400万円前後の年収の方が多いようです。溶接管理技術者1級の場合、400~600万円となります。

溶接作業指導者の現状

溶接技能における豊富な経験が要求されるため、作業のしやすさをどのように確保するかを考えなければなりません。特にロボットによる自動化ができない現場では、その技能の伝承も求められています。

溶接作業指導者の将来性

溶接技術に関する熟練の技術者や指導者の需要は今後ますます増えることが予想されるため、資格を保有することは非常に将来性があると考えられます。

溶接作業指導者の独立について

溶接現場での溶接班長などの職に就くこととなるので、独立は難しいでしょう。

溶接作業指導者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*