溶接管理技術者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

最終更新日:2018.07.26

公開日:2018.05.31

溶接管理技術者とは、溶接技術に関する技術知識と施工及び管理に関する職務能力を持多技術者の能力を認定する民間資格です。認証者の保有や常駐が、官公庁の工事発注の必須条件となりこともあり、業界でのニーズは常に求められています。将来性がある溶接管理技術者資格を取得するのはお勧めです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

溶接管理技術者は幅広い年齢層の男女が目指せる、溶接技術に関する能力資格です。
溶接管理技術者資格取得者は他にも溶接管理者と呼ばれております。
溶接管理技術者の資格は「民間資格」です。

sponsored link

資格広場は、溶接管理技術者になるには?溶接管理技術者なるためには?溶接管理技術者になりたいを応援しております。

溶接管理技術者になるために必要な知識・受験資格

工場関連の知識が必要となります。

溶接管理技術者の資格は「一般社団法人日本溶接協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本溶接協会とは:
昭和23年に設立されました。ものづくり分野のグローバル化や日本の溶接関連の現状を解決に導いています。

溶接管理技術者

溶接管理技術者ってどんな仕事?(仕事内容など)

施工計画、技術管理、施工基準の決定、監督指導、現場管理などを行います。

溶接管理技術者資格取得の為の勉強法

講習が行われているので、講習を受講しましょう。その講習で問題集が受け取れますので、それをメインに行えば問題ないでしょう。

溶接管理技術者の専門学校や通信講座について

講習があります。
sponsored link

溶接管理技術者の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

溶接管理技術者の資格試験料

受験料は筆記試験が25,920円、口述試験の特別級が27,000円、1・2級が21,600円となります。

溶接管理技術者試験・検定の年間試験回数

筆記試験は、毎年6月の第一日曜日と11月の第一日曜日の年に2回行われ、口述試験は、筆記試験の約1か月後に行われます。

溶接管理技術者試験科目等の内容

試験は特別級と1・2級に分かれています。特別級では筆記試験Ⅰ、筆記試験Ⅱ、口述試験があります。筆記試験Ⅰは、溶接法、溶接機器、溶接冶金、溶接材料、溶接力学、溶接設計、溶接施工及び管理、安全衛生、試験検査が出題されます。筆記試験Ⅱは、材料・溶接性、設計、施工管理、溶接法・機器が出題されます。口述試験は、溶接施工・監理の経験・知識が出題されます。1・2級の筆記試験と口述試験はどちらも、溶接法、溶接機器、溶接冶金、溶接力学、溶接設計、溶接施工及び管理、安全衛生、試験検査が出題されます。

溶接管理技術者資格の難易度

難易度はやや易しいとなります。

溶接管理技術者資格の合格率

合格率は1級30%、2級50%ほどとなります。

溶接管理技術者試験の合格発表

合格発表は、評価試験実施後3か月以内に発表されます。

国家資格バナー

PR


溶接管理技術者

溶接管理技術者資格取得後の就職先・年収・報酬相場

溶接管理技術者所持者の職業例

建設、建設業界などに就職することができます。

溶接管理技術者に向いている人

工場関連の仕事で役立つ資格を取りたいと考えている人に向いていると思われます。

溶接管理技術者と同じ分野の他の資格

アルミニウム溶接技術検定、ガス溶接作業主任者、ガス溶接技能者

溶接管理技術者の年収・給料相場

現在調査中

溶接管理技術者の現状

溶接の技術は建設業や自動車業界などを初めとする製造業など、どの作業現場でも必ず必要とされています。特に建設業でガスを用いる溶接を行う際は、法令で国家資格であるガス溶接技能者の有資格者を設置することが義務付けられています。

溶接管理技術者の将来性

認証者の保有や常駐が、官公庁の工事発注の必須条件となることもあり、業界のニーズは常に求められています。また、溶接は幅広い分野の産業で利用されているため、今後も活躍の場が広がることが期待されています。今後の将来性を考えても溶接管理技術者資格は需要が高くなると思われます。

溶接管理技術者の独立について

実務経験を積んでいけば、独立も視野に入れることが可能でしょう。

溶接管理技術者資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*