石油学会溶接士技量検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-06-04

石油学会溶接士技量検定とは、石油工業関連の装置の溶接を行う技術者を対象に、知識と技能を認定する民間資格です。石油関連の一般構造物、圧力容器、配管等の溶接に携わることが可能であり、またガスの事業に関わる溶接を行うこともできます。今後も需要が見込まれる専門性の高い資格といえます。


石油学会溶接士技量検定は幅広い年齢層の男女が目指せる、石油工業関連の装置の溶接を行う資格です。
石油学会溶接士技量検定資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。
石油学会溶接士技量検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、石油学会溶接士技量検定になるには?石油学会溶接士技量検定なるためには?石油学会溶接士技量検定になりたいを応援しております。

石油学会溶接士技量検定になるために必要な知識・受験資格

石油関連の工業装置などに関する知識が必要となります。

石油学会溶接士技量検定の資格は「一般社団法人日本溶接協会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本溶接協会とは:
昭和23年に設立されました。ものづくり分野のグローバル化や日本の溶接関連の現状を解決に導いています。

石油学会溶接士技量検定

石油学会溶接士技量検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

石油関連の一般構造物、圧力容器、配管等の溶接に携わることが可能であり、またガスの事業に関わる溶接を行うこともできます。

石油学会溶接士技量検定資格取得の為の勉強法

現在調査中

石油学会溶接士技量検定の専門学校や通信講座について

現在調査中

石油学会溶接士技量検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

石油学会溶接士技量検定の資格試験料

受験料は種類によって異なります。

石油学会溶接士技量検定試験・検定の年間試験回数

毎月1~2回行われています。

石油学会溶接士技量検定試験科目等の内容

試験は試験材によりA種~H種の7種に分かれています。A種は19mm以下の板の炭素銅、B種は全ての厚さの板の炭素銅、C種は厚さ22mm以下の管及び板の炭素銅、E種は全ての厚さの板の高張力鋼、F種は厚さ22mm以下の管及び板の2.25Cr-1Mo鋼、G種は19mm以下のオーステナイト系ステンレス鋼、H種は厚さ22mm以下の管及び板のオーステナイト系ステンレス鋼を使用します。試験内容は、A~C種は、溶接技能者評価試験合格者を書類審査により認定します。E種は、実技試験が1級と2級あり、1級は下向き、立向き、横向き、上向きの溶接姿勢を行い、2級は下向き、立向き、横向きの溶接姿勢を行います。F種は実技試験で、水平固定管、鉛直固定管を溶接し、表曲げ試験により試験を行います。G・H種はステンレス鋼溶接技術検定合格者を書類審査により認定します。

石油学会溶接士技量検定資格の難易度

合格率が約80%なので、難易度は易しいと言えるでしょう。

石油学会溶接士技量検定資格の合格率

合格率は約84%となっています。

石油学会溶接士技量検定試験の合格発表

現在調査中


石油学会溶接士技量検定

石油学会溶接士技量検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

石油学会溶接士技量検定所持者の職業例

現在調査中

石油学会溶接士技量検定に向いている人

石油工業関連の仕事に就いている人に向いています。

石油学会溶接士技量検定と同じ分野の他の資格

現在調査中

石油学会溶接士技量検定の年収・給料相場

現在調査中

石油学会溶接士技量検定の現状

実務で作業を行ったことのある人にとっては難関過ぎてクリアできないという性質のものではなく、あくまでの技術を確認してより確実なものにするための認定試験と考えて受験に臨むことが良いでしょう。落とす試験ではなく、日常生活のなかで配管を行うのに大切な溶接という技術を、しっかりと身につけるための試験です。ステンレスの配管や水回りの配管などは、建設設備に欠かせないものであり、身につけた技術者がいなければ建物をしっかりと完工することができません。

石油学会溶接士技量検定の将来性

今後も需要が見込まれる専門性の高い資格といえ、その業界に身を置いていない場合イメージをしづらい部分がありますが、手堅い技術検定といえるでしょう。

石油学会溶接士技量検定の独立について

需要が見込まれる専門性の高い資格なので、独立は可能といえるでしょう。

石油学会溶接士技量検定資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*