建築CAD検定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-09-26

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験は一般社団法人全国建築CAD連盟が主催する民間資格で、取得後は建築業界にてCADシステムを使用した作図等の業務に携わり、年収としては480万円~960万円程度になります。最上級の準1級では合格者なしという事態が起こるほど難しい資格です。


建築CAD検定試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、CADソフトにより作図をする資格です。
建築CAD検定試験資格取得者は他にも建築CAD実務士と呼ばれております。
建築CAD検定試験の資格は「民間資格」です。


資格広場は、建築CAD検定試験になるには?建築CAD検定試験なるためには?建築CAD検定試験になりたいを応援しております。

建築CAD検定試験になるために必要な知識・受験資格

建築CAD検定試験に必要な知識は准1級では、配置図、1階平面図、外構(S=1/200)、2階平面図(S=1/200)、基準階平面図(S=1/200)、断面図(S=1/200)などが作成できることです。2級では、設計者の描いたラフスケッチ(平面図)(S=1/100)を基に平面詳細図(S=1/50)、平面図、断面図、屋根伏図、透視図(S=1/100)を基に立面図(S=1/50)を作成させることができるなどです。3級では、階段平面図(S=1/30)、通り芯・寸法・通り芯記号(S=1/100)、柱・壁・間仕切壁(S=1/100)、壁と窓(S=1/30)などが作成できることです。4級では、通り芯・寸法・通り芯記号(S=1/100)、柱・壁・間仕切壁(S=1/100)、壁と窓(S=1/30)などが作成できることです。

建築CAD検定試験の資格は「一般社団法人全国建築CAD連盟」が運営管理を行っております。

一般社団法人全国建築CAD連盟とは:
建築CADの助成および顕彰、教育などを行っている団体です。

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

建築CAD検定試験は一般社団法人全国建築CAD連盟が主催する、CADソフトにより作図を行うための知識を習得するための民間資格です。この資格には、准1級、2級、3級、4級と4つあり、受験資格はないため、最下級である4級から受験しなければならないというようなことはありません。受験方法については一般受験と団体受験の2つの方法があり、一般受験では、准1級が10月に開催され、受験料が1万4,400円、2級・3級が4月・10月に開催され、受験料は1万300円です。4級については一般受験はなく、団体受験のみになります。団体受験では准1級が10月に開催され、受験料は1万4,400円、2級・3級・4級が4月・7月・10月・1月に開催され、受験料は2級・3級が1万300円、4級が3,100円です。

建築CAD検定試験資格取得の為の勉強法

建築CAD検定試験の合格判断基準は准1級では、4図面すべて完成の場合、2級では、250満点中190点~200点が目安、3級では、200満点中140点~150点が目安、4級では、200満点中130点~140点が目安になります。学習の仕方については、基本的には、独学になりますが、建築CAD検定試験問題集を用いて学習する方法、建築CAD検定試験公式ガイドブックを用いて学習する方法、学校やスクールに通い学習する方法があります。建築CAD検定試験は独学でも3級までは取得できると言われていますので、建築業界に就職する予定または就職している人は3級を取得することをオススメします。

建築CAD検定試験の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

建築CAD検定試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

建築CAD検定試験の資格試験料

受験方法については一般受験と団体受験の2つの方法があり、一般受験では、准1級の受験料が1万4,400円、2級・3級の受験料は1万300円です。4級については一般受験はなく、団体受験のみになります。団体受験では准1級の受験料は1万4,400円、2級・3級・4級の受験料は2級・3級が1万300円、4級が3,100円です。受験料の他にも、合格者には、認定証の発行手続きがあり、カードタイプ(54×85mm)では2,500円、証明書タイプ(B5サイズ)では2,000円になります。

建築CAD検定試験試験・検定の年間試験回数

建築CAD検定試験の年間の試験回数は一般受験と団体受験で異なり、一般受験では、準1級が1回、2級・3級が年2回になります。団体受験では、準1級が年1回、2級・3級・4級が年4回になります。

建築CAD検定試験試験科目等の内容

建築CAD検定試験の試験内容は、准1級では、課題として与えられた建築図面(RC構造等)を、自らの建築製図知識とCADの経験を駆使したうえ、建造物の特性を理解した適切な判断によるとレースを行って完成させることです。2級では、自らの持つ建築知識を基に、CADシステムを使って建築図面を作成する実力を備えているかを問われます。試験は実技試験で、一定時間内に例に示す建築一般図を2面作成することです。3級では、与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかを問われます。試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図を基に、完成図を一定時間内に作成します。問題数は4問になります。4級では、与えられた建築図面をCADシステムを使って正しくトレースする実力を備えているかが問われます。試験は実技試験で、建築図面の要素を取り出して作成した参考図を基に、完成図を一定時間内に作成します。問題数は3問です。

建築CAD検定試験資格の難易度

建築CAD検定試験の難易度は合格率から分かるように2級までは比較的取得しやすく、準1級より急激に難しくなります。この資格の取得を目指すなら4級からが良いですが、4級は団体受験しかありませんので、3級から受験されることをオススメします。

建築CAD検定試験資格の合格率

建築CAD検定試験の合格率は准1級が約25%、2級が約56%、3級が約76%、4級が約90%です。2級までは56%と資格としては高い水準ですが、準1級より非常に難しくなり、年度によっては、合格者なしということもあるほどです。なので、準1級を取得することができれば、建築業界では一目置かれる存在になれます。

建築CAD検定試験試験の合格発表

現在調査中

建築CAD検定試験

建築CAD検定試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

建築CAD検定試験所持者の職業例

建築CAD実務士

建築CAD検定試験に向いている人

将来または現在建築業界に就職しようと考えている人が向いています。

建築CAD検定試験と同じ分野の他の資格

現在調査中

建築CAD検定試験の年収・給料相場

企業によりますが、月収30万~60万になり、年収になると480万円~960万円になります。

建築CAD検定試験の現状

建築業界のIT化が進んでおり、CADもその内の一つです。建築CAD検定を取得していると採用に有利になります。

建築CAD検定試験の将来性

建築業界は人が生活していく中で必要不可欠なので、将来性はあります。また、近年ではIT化が進んでいるため、将来性は高いです。

建築CAD検定試験の独立について

建築CAD検定試験では独立はできません。

建築CAD検定試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*