独学で目指せる!宅建資格の難易度や合格するための勉強法をご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2018-12-13

公開日:2018-11-16

独学で宅建を目指すには

今回は宅建に関して、そもそも宅建とはどのような資格なのか、独学で資格取得を目指すための勉強法についてまとめました。国家資格でもある宅建の気になる試験概要や難易度についても紹介しているので取得を目指している方は是非参考にしてください。


宅地建物取引士、通称宅建として皆さんも一度は聞いたことのある資格ですが、土地や建物などの不動産が関わるあらゆる場面において大変重要な役割を担っている職業です。

国家資格にもなっており実際に宅建士になるには高度なスキルと知識の取得が絶対ですが、実は独学でも目指せる資格なのです。
具体的な勉強法や試験の難易度について一緒に見ていきましょう。

国家資格、宅建とは?

宅建

宅建士、宅建と略される宅地建物取引士とは、建物や土地の売買、賃貸物件のあっせんなどを行う不動産のプロフェッショナルで、一般的には宅地建物取引業者として不動産会社や建築関連会社で働いています。

例えば皆さんがアパートを借りる際に支払う家賃の値段や土地や家を売買する際の価格設定、また金融機関から融資を受ける際に不動産を担保として出す際の仲介人として宅建士は重要な役割を担っています。

不動産取引においては通常巨額のお金が動くことから、宅建士は経済情勢や社会情勢を考慮しつつ専門的な知識で土地や建物の売買をするスキルが必要とされるため国家資格になっています。

メリットがたくさん。宅建の資格

取得のためには膨大な数の知識が必要とされる宅建ですが、一度宅建資格を取得してしまえば不動産関連会社はもちろんのこと建築会社、金融機関などあらゆるビジネスシーンで活躍できる場が格段に増えるというメリットがあります。

また資格を持っていることで会社内にて昇給や昇格などの待遇を受けることも繋がりますし、スキルアップやキャリアップ、独立して事務所を立ち上げる際にも必ず役に立つ資格です。

宅建についての関連記事

就職にもオススメ資格、宅建のスキルを活かせる仕事とは?
宅地建物取引士、通称宅建。国家資格の一つでもある宅建の資格は、業界内でも取得者が少ないことから大変需要のある資格となっています。また、資格を持っていることで実務において様々なメリットがあり、関連分...
国家資格バナー

PR


独学で宅建合格を目指すための勉強法とは?

宅建士は国家資格でもあることから、取得するためには多くの時間を勉強に費やさなければなりませんが独学でも十分目指せる資格となっています。

そこで、独学で宅建合格を目指すために絶対実践したい勉強法について3つのポイントを紹介します。

勉強法1:勉強時間と勉強期間を設定する

独学で宅建合格を目指すための勉強法のポイントとして、まず自分の生活スタイルに合わせた勉強時間と勉強期間を設定することです。

宅建国家試験の受験者は学生、社会人、そして主婦が多いですが、それぞれの職業や生活スタイルによって勉強に当てられる一日の時間も異なります。

これまで実際に宅建に合格した方の勉強時間の合計はおよそ250〜300時間と言われています。

そのため、この勉強平均時間を基準に試験本番日から逆算して一日にどれくらい勉強できるのか、またどれくらいの期間を要するのかをあらかじめ設定することで勉強をスムーズに進めることができます。

勉強時間と勉強期間が設定できたら、そのプラン通りに勉強を進めることももちろん重要です。

勉強を始めた最初の期間だけ意気込んで勉強したは良いものの、後になって減速してしまったことによって試験日に間に合わなかった…という状況にほとんどの方が陥りがちです。
最後まで一定のペースが保てるかが独学で合格を目指すための重要なポイントの一つとなります。

勉強法2:勉強範囲の絞り込み

宅建は時間を掛けて勉強すれば合格できる、というわけでは決してありません。

いかに効率よく必要な知識を習得し、実際のテストで得点を稼ぐかが合格のカギとなってきます。

国家資格の中でも最難関と言われている弁護士や税理士などの資格同様、宅建に合格するためには膨大な知識を頭の中に叩き込む必要があります。

しかし、試験で出題される全ての範囲を独学でカバーしようとしても限界が必ずあります。

宅建合格のための2つ目のポイントはズバリ、テストでポイント源となる箇所を理解し勉強範囲を絞り込むことです。

宅建の国家試験では主に法律や専門知識に関して4つの項目に分かれており、各設問数も異なります。

そのためまずは自分の得意分野を網羅して、その他得点源になる箇所を絞り込んで勉強を進めてみましょう。
つまり、宅建の試験に合格するためには満点を目指すのではなく合格点を目指して勉強することをオススメします。

勉強法3:テキストの反復学習、実践演習

当然ですが、勉強して身に付けた知識を試験当日まで維持し本番に備えるということも重要になってくるため、テキストの反復学習も必要となってきます。

また、知識の習得だけでなく、実際に問題を解く力も身に着けなければなりません。

特に不動産関連会社で働いたことのない方にとって宅建の試験問題は専門用語などが多く出てくるため、たとえ答えが分かっていたとしても問題を解釈することができないというケースが生じてきます。

独特な言い回しや設問に慣れるためにも準備の段階で実践演習を解くことも合格にぐっと近づけるポイントとなります。

まずはテキストや参考書で知識が身に付いたら問題を解く、この繰り返しを行うことで本番に活かせる力を付けることができます。

宅建の試験概要や難易度は?

宅建

気になる宅建の試験概要ですが、出題範囲は主に民法、法令上の制限、宅建業法、その他関連知識の4つの分野から幅広い知識が問われます。

各出題範囲の配点及び合格点に関しては非公開ですが、受験者の中で上位15〜17%が合格のため毎回合格点は変動します。

他の国家試験に比べれば難易度はそれほど高くないと言えますが、日常生活においてあまり聞き慣れない法律や専門知識の習得が合格のカギとなるため、余裕をもって対策を練る必要があります。

先程も述べたように全ての範囲を完璧に網羅しようとしても絶対に不可能です。
そのため満点を目指すのではなく、まずは自分の得意分野から確実に得点を稼ぎ最低でも7〜8割り程度取れるほどの実力を付けることが合格のために必要となります。


独学で目指せる宅建まとめ

宅建の資格は国家試験でもあり高度な知識を必要とされるため、ほとんどの方が専門学校や通信講座を利用して合格を目指します。

しかし以上で紹介した3つの勉強法とポイントを理解することができれば独学でも十分目指せる試験となっています。

合格までの道のりは決して楽ではありませんが、宅建は努力して取得するだけの価値のある資格です。

今まさに宅建の資格取得を目指している方は、今回紹介した内容を参考に最後まで諦めずに勉強を頑張って下さい。

コメントを残す

*

*