測量士になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.12.03

公開日:2017.03.30

測量士とは測量士法によって測量に関する計画を作成し実施する国家資格です。ITの技術進歩により仕事の内容も大幅に変化したひとつとなります。近年は土地家屋調査士の科目免除のためなどで受験する方が増えております。


資格名:測量士

測量士の資格は「国家資格」です。

資格広場では測量士になるには?測量士なるためには?測量士になりたいを応援しております。

測量士になるために必要な知識

高校1年生程度の数学の知識が必要となります。特に三角関数など図形の知識を多く必要となります。

またCADなどのパソコンを用いての製図の知識も必要です。午前の試験の科目では「測量関連法規・条約」「「多角測量」「水準測量」「地形測量」「写真測量」「応用測量」「汎地球測位システム測量」「「地路情報システム」となっております。

測量士の資格は「国土地理院」が運営管理を行っております。

国土地理院とは:

国土交通省に置かれる特別機関

測量士

▼ 仕事内容▼ 試験詳細▼ 資格取得者の傾向

測量士ってどんな仕事なの?(仕事内容など)

測量業者の行う測量に関する計画を作成し実施することを行います。

建物や道路を建設するときには適当な場所へ建てることはなく測量士によって正確な場所に建設するように測量を行います。
測量士の一般的な仕事はこの土木測量となるでしょう。

その他、登記申請するための所有している個人や法人の土地の広さを計測したり、普段利用したりする地図を作成するためなど内業と外業が混ざり合うお仕事となっております。

近年ではパソコンやGPSの普及により仕事の効率化が大幅に進んでいる資格となります。

測量士資格取得の為の勉強法

受験資格は特になく学歴、実務経験がなくても受験することが可能の資格であるため、測量業者だけでなく高校生などが受験することもあります。

科目数は多いですが出題パターンがある程度決まっているため問題の傾向をはかる上で過去問と中心に行っていきましょう。

午前中の試験を高得点を取得することがより合格への近道となります。選択問題では得意な科目を作り対策をしておきましょう。

日本測量協会ではセミナーや通信教育、参考書などの販売も行っております。

また資格取得には大学や高等専門学校、短期大学などで測量に関する科目を修了、卒業したり、専門の養成施設での習得するなどを行った後、実務経験を行えば資格を取得することも可能です。

測量士の試験料・試験の内容・合格発表について

測量士資格試験料

書面受付によるもので4,250円の収入印紙が必要となります。

測量士試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は1回です。
願書受付期間は1月中となっており受験日は5月中旬頃となっております。

測量士の試験科目等の内容

午前、午後それぞれ150分行います。

午前は択一式の28問で1問25点の700点、午後は記述式となっており必須問題1題300点と選択問題4題中2題を選び1題200点の計400点となっております。

国土地理院が用意した電卓を使用できるようになっております。試験科目は9科目となっております。

測量士資格の難易度

受験者の大半が実務経験者の中、合格率が10%前後と難易度が高めの国家資格となっております。

しかし、測量士としての所定の学業を修了し実務経験を経ることで取得することも可能ですので、全体的にみれば難易度はそれほど高くなないでしょう。

測量士資格の合格率について

平成28年度は2,924名が受験し合格率が10.4%、平成27年度は2,739名が受験し合格率が11.5%と毎年10%前後ほどとなっております。

しかし、平成25年度では合格率が5.2%、平成15年度では2.37%と難易度がとても高くなる年もあります。

測量士試験の合格発表

合格発表は7月中旬に行われております。

国土地理院の各部支所やホームページなどで知ることができます。
全受験生充てに合否の通知も行います。

午前の択一式で350点以上で午後との合計で910点以上が合格基準となります。

国家資格バナー

PR


測量士資格取得後の傾向

測量士の職業例

建設会社での現場監督、測量会社、官公庁の土木科や上下水道科

測量士に向いている人

外業では新しく建設するための現場はまだ開発がされてない山奥なども多く思うような作業が進まないこともあります。

体力だけでなく忍耐力も必要となってくるでしょう。

内業では図面作成をしていく中で平面を立体空間にできる空間把握能力も必要となるでしょう。

測量士と同じ分野の他の資格

測量士補、土地家屋調査士、建築士、技術士、RCCM、土木施工管理技士

測量士の年収・給料相場

測量士の平均年収は454万円となっており、サラリーマンの平均年収とほぼ変わりはないでしょう。

測量士の現状

測量士がいることで新しい道路が整備され建物が建設されます。

しかし、建設の現場では公共事業の量が減り、民間工事も少ないため、業者同士の競争も激しくなっております。
測量会社の従業員数は10人未満の中小企業が50%以上と大半を占めております。

また男女構成比も98%以上が男性と肉体労働が多い測量現場ではまだまだ女性が少なくなっております。
測量士試験の受験者数は平成9年をピークに減少傾向でしたが、ここ2.3年はやや増加傾向となっております。

測量士の将来性

近年は若い受験者も増加しておりますが、測量会社に入社する方はまだまだ年齢が高く30代以上が95%以上を占めているため、若い受験者が測量会社で働きやすい環境をつくることが必要となってくるでしょう。

ほとんどの測量会社が10人以下の少人数会社なのも若手社員が入社しにくい現状となっております。

仕事内容はIT技術の進歩によってGPSや最新の設備を使い大幅に変更されました。
そのため新しい技術を今後も取り入れることを現場が行うことでより仕事をスムーズに行うことができるようになるでしょう。

測量士の独立について

独立をすることは可能です。測量法によって営業所ごとに測量士を置き国土交通省に申請をしなければいけないため資格は必須となります。

しかし、測量士の資格だけでは申請書類などを全て作成することはできないため土地家屋調査士や行政書士の資格などを合わせて取得しておくことが良いでしょう。

現状、公共事業や民間事業の縮小が目立つため競争は激化しております。
日本測量協会の認定資格なども取得し実務経験を積んだ会社と連携を取るなどすることが賢明です。

コメントを残す

*

*