宅地建物取引士

宅地建物取引士 資格

宅地建物取引士は土地や建物の売買、アパートの賃貸契約の際に取引相手に重要事項説明をするお仕事です。この説明は義務化されている必須の業務で、宅地建物取引士は不動産の事務所に最低一人、大きな事務所では5人に1人必要な人材で、この資格は最も人気な国家資格となっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宅地建物取引士は幅広い年齢層の男女が目指せる、最も人気な国家資格仕事です。
宅地建物取引士は他にも宅建士と呼ばれています。

sponsored link

専門学校・短大・大学10箇所を一度に資料請求や願書取り寄せを行うだけで全員にもれなく
1000円分の図書カードを全員にプレゼント!!

資料請求キャンペーン
キャンペーン詳細を見る

宅地建物取引士

宅地建物取引士ってどんな仕事?

土地や建物の売買、アパートの賃貸契約の際取引相手に“重要事項説明”を説明することが義務付けられています。この説明を行えるのが宅地建物取引士です。不動産業は高額かつ複雑な権利関係が生じます。より知識をもった専門家が介入することで不当な取引や契約が行われるのを防ぐことを目的としています。また不動産業を営む際には、事務所ごとに最低1人、大きな事務所では5人に1人の割合で有資格者を配置しなければならないと決められています。

宅地建物取引士になるためには?

試験はマーク方式で行われます。合格するのにとても難しいと有名な資格の一つですが、出題される問題はパターン化されていますので絶対に落としてはいけないポイントさえ押さえることができれば十分に合格できる資格といえます。より多くの過去問を解いて、よく出題されている問題をしっかり理解することが大切です。

宅地建物取引士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

sponsored link

宅地建物取引士

宅地建物取引士の仕事例・報酬相場

宅地建物取引士の他の職業例

不動産経営、建築業、デベロッパー、銀行員

宅地建物取引士に向いている人

不動産の専門用語やむずかしい知識を、誰にでもわかりやすく説明するのが宅地建物取引士の仕事でもあるので、物事を論理的に考えられる人は宅地建物取引士に向いていると言えます。また、不動産は高額商品となることが多く、生活や仕事の拠点として求めることが多いことから接客や交渉が嫌いではない人もまた宅地建物取引士には向いているでしょう。

宅地建物取引士と同じ分野の他の職業

不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士・マンション管理士・管理業務主任者

宅地建物取引士の給料相場

宅地建物取引士の給料・年収ですが、一般的な「不動産屋さん」の求人ですと300〜400万円程度で普通のサラリーマンと何ら変わりありません。ただ勤続年数が長くなればそれに比例してもらえる額も増える場合もあります。また、不動産業界ではインセンティブ制(歩合制)を設けていることが多く、コンサルタント系不動産会社などでは1000万円近く稼いでいる人も中にはいます。また、資格手当がつく会社がほとんどでおおよそ1万円~3万円ほどの手当てがつきます。それだけで年収が12万円~36万円変わってきますので、収入に大きな幅がある資格だと言えます。

宅地建物取引士の現状

不動産業界では持ってて当たり前の資格になるため、資格だけあっても重宝される人材ではありません。また不動産業は景気に振り回されるることが多く、その変動が他の業過に比べて大きいことが言えます。景気に振りまあされないためにも、マンション管理士や不動産鑑定士など他の資格を取得し、勤めている企業でなくてはならない人材になることが大切となります。

宅地建物取引士の将来性

土地や建物の取引の需要は今後の日本でも一定してあると見込まれます。少子高齢化や人口減少社会が進んでいますが、住むということは人が暮らしていくことに必要不可欠であり、時代によらず人々の需要が安定しやすいという特徴があると言われています。

宅地建物取引士の独立について

宅地建物取引士の取得後、すぐに独立・開業する人は少ないようです。まずは数年は主任者として企業で働き、ノウハウをなどを学んだあとに起業・独立する人が多い傾向にあります。その理由としては、資金面と独立するにあたっての外部とのかかわり(コネ)が重要になるためだと言われています。

コメントを残す

*

*