土地家屋調査士の現状と仕事の将来性についてご紹介

masman

by MATSUZAWA

更新日:2019-04-18

公開日:2019-04-18

土地家屋調査士

今回は土地家屋調査士の現状や仕事の将来性についてまとめました。土地家屋調査士は一般的に求人や需要が少ないと言われていますが、実際のところはどうなのか一緒に考えていきましょう。


土地や建物などの不動産売買や取引の際に必要不可欠な土地家屋調査士という職業があります。

不動産業界内で非常に重要な責任を担っている土地家屋調査士ですが、近年では求人や需要が少ないと言われています。

それらのことも含め、土地家屋調査士の現状や仕事の将来性について紹介します。

将来土地家屋調査士を志している方はぜひ参考にしてください。


土地家屋調査士とは?

土地家屋調査士

私達の生活の中には土地や建物などの不動産が無数に存在しています。

土地家屋調査士とは、それら不動産を売買、取引する際に必要な「表題登記」を作成するプロフェッショナルです。

表題登記を作成するためには一つ一つ異なる不動産のサイズ、規模などの測量を行い、またその不動産の用途やその他概要を調査する必要があります。

このように、不動産の測量や調査を専門的なスキルと知識を用いて表題登記を作成する職業が土地家屋調査士です。

非常に似た不動産鑑定士という職業がありますが、土地家屋調査士は不動産の測量や調査を行うのに対して、不動産鑑定士は不動産の鑑定を行い土地や建物などの価値を見出すという点で大きく異なります。

土地家屋調査士の仕事

不動産の測量及び調査業務がメインの仕事となりますが、作成した表題登記の申請も土地家屋調査士の重要な業務の一環となります。

例えば不動産を売買する際、新築をする際、また遺産相続の際に必要となる表題登記の作成や更新ができたらそれを法務局に申請する必要があります。

日常生活において土地家屋調査士と接する機会は限られていますが、表題作成のための調査・測量及び申請手続きを行う非常に重要な社会的役割を担っているのです。

仕事が少ない?土地家屋調査士の現状とは?

土地家屋調査士の仕事は専門の資格保持者のみ行うことができる独占業務となっています。

しかし、時代や社会の変化に伴い、土地家屋調査士の働き方や役割というのも徐々に変化してきており、近年では土地家屋調査士の需要や求人が少ないと囁かれています。

そのことも踏まえて、土地家屋調査士の現状について一緒に考えていきましょう。

現状その1:土地家屋調査士の仕事が減少傾向に

以前までは土地家屋調査士に限らず国家資格保持者はその資格だけで一生食べていけるほど世の中に仕事が溢れていました。

しかし、バブル経済が崩壊し徐々に不景気になるに連れて公共事業や不動産売買、土地取引などの数は全盛期に比べて大きく減少しました。

そのため当然土地家屋調査士の仕事や需要も減少し、全盛期では3000万円ほどあった独立開業者の土地家屋調査士の年収が近年では1000万円程に落ち込んできていると言われています。

他の業種に比べれば年収1000万円は高い方ですが、単純に3分の1まで落ち込んだことを考えると厳しい現状を伺うことができます。

加えて、近年では都市への人口集中、地方の過疎化、また戸建ての減少などの社会情勢を受け、土地家屋調査士の活躍できる場が減ってきています。

土地家屋調査士の需要は決して無くなることはありませんが、現在では非常に厳しい立場に置かれています。

現状その2:肉体労働的な側面がある

既に述べたとおり、土地家屋調査士は測量や調査、表題登記の作成が主な仕事内容ですが、意外と肉体労働的な側面が多い職業となっております。

不動産の調査をする際には事前に地図や資料などを用いて行いますが、測量は実際の現場に出向いて行うことになります。

そのため、依頼があれば夏の炎天下の中、冬の寒空の中測量業務を行うことも珍しくはなく、不動産の規模によっては測量に長時間かかることもあります。

このような肉体労働的な側面や長時間労働といった側面があり、また資格試験のレベルも非常に高いことから仕事が一部の土地家屋調査士に集中してしまい苦労しているという現状も業界内に存在します。

現状その3:不動産関連のトラブルに巻き込まれることも

土地家屋調査士は職業柄不動産関連の様々なトラブルに巻き込まれることもあります

例えば、土地開発や宅地分譲のために測量を行う場合、隣接地や住宅などの私有地との境界線を引く場合に不動産に関するトラブルが生じやすいと言われています。

そのため、土地家屋調査士は一般業務に加えて不動産関連の訴訟にも携わることになるため非常にハードな業務となることがあるのです。

土地家屋調査士のこれからの将来性

土地家屋調査士

以上で紹介した通り、土地家屋調査士の業務や需要に関する現状は近年非常にシビアなものとなっています。

しかし、業務がハードな一方で収入や雇用形態そのものは非常に安定しており、これから期待される業種の一つでもあります。

そこで、土地家屋調査士の将来性についても考えていきましょう。

ドローンを使ってキャリアアップ!?

近年多くの業界で活用されている「ドローン」ですが、不動産の調査や測量の現場に置いても非常に活躍が期待されている技術です。

以前までは従来の技法や方式で不動産の調査や測量は行われてきましたが、ドローン技術の活用によって業務の簡略化、効率化が実現し土地家屋調査士の負担もしてきています。

特に土地家屋調査士として独立を考えている方、もしくはキャリアアップを目指している方はドローン操作の免許をとることによって作業の幅も広がり他社との差別化にもつながります。

ダブルライセンス・兼業もオススメ

土地家屋調査士の資格は不動産業界だけでなく、他の関連業界でも使える資格であるためダブルライセンスや兼業もおすすめです。

例えば司法書士や行政書士の仕事において土地家屋調査士と関連した業務があるため、複数の関連資格を持っていることで独立する際にも必ず役に立ちます。

土地家屋調査士を兼業、もしくは本業いずれのケースにおいても土地家屋調査士の資格を持っていることでキャリアアップにつながります。

土地家屋調査士の現状や将来性まとめ

今回は土地家屋調査士の仕事や求人の現状や将来性について紹介しました。

実際のところ以前に比べて土地家屋調査士の需要は少ないと言われていますが、決して需要がなくなることはなく社会の中で大変大きな責任を担っています。

実際に土地家屋調査士を目指している方は以上で紹介したことをぜひ参考にし、キャリアアップ等につなげてください。

コメントを残す

*

*