建築図面製作技能士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-13

建築図面製作技能士とは、国家資格である技能検定制度の一種で、かつて都道府県職業能力開発協会が実施していた、建築図面製作に関する学科及び実技試験に合格した者をいう。 受検者減少により2011年10月26日廃止になった。


建築図面製作技能士は幅広い年齢層の男女が目指せる、専門家としてさらにスキルアップしたい人におすすめの資格です。
建築図面製作技能士資格取得者は他にも建築デザイナーという名称で呼ばれております。

建築図面製作技能士の資格は「国家資格」です。

資格広場では建築図面製作技能士になるには?建築図面製作技能士なるためには?建築図面製作技能士になりたいを応援しております。

建築図面製作技能士になるために必要な知識・受験資格

試験は廃止になっておりますが、この資格相応の知識は、建築の製図、材質、構造力学、建築学など専門知識や技術が必要です。実務経験を重ねながら、しっかりと知識を得る必要があります。似ている資格として建築CAD検定があります。CADの知識も必要となっている今では、建築図面作成技能士以上の知識を必要とします。

建築図面製作技能士の資格は「中央職業能力開発協会」が運営管理を行っております。

中央職業能力開発協会とは:
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

建築図面製作技能士

建築図面製作技能士ってどんな仕事?(仕事内容など)

2011年10月26日廃止になりましたが、建築図面製作技能士とは、建築物の図面を製作する人の事を言います。具体的には施工前、施工後、リフォーム前、リフォーム後などの建築物の図面、建築投資図、写真などを作成するスペシャリストの事です。

建築図面製作技能士資格取得の為の勉強法

試験廃止なので同等の技術を得るための勉強法ですが、建築の図面作成に関する勉強が必要になってきます。建築学・設計・製図・また工事工程など建築に関する幅広い専門知識を要しており、現場での実務経験がある事が大事なので、建築会社・設計会社・建築設計事務所などで実際の業務に関わる事が大切です。

建築図面製作技能士の専門学校や通信講座について

準備中です。


建築図面製作技能士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

建築図面製作技能士の資格試験料

試験廃止になっておりますので試験料はありません。

建築図面製作技能士試験・検定の年間試験回数

廃止になっておりますので、試験は行われておりません。

建築図面製作技能士試験科目等の内容

試験廃止になっておりますので試験内容はありません。

建築図面製作技能士資格の難易度

2011年10月26日廃止になっておりますが、おおよその難易度は、2級建築士とほぼ同じと言われております。これにCADの分野が入ってきますので、ほんの少し上がる可能性があります。しかし極端に上がるということは無いです。

建築図面製作技能士資格の合格率

2011年10月26日廃止になっておりますので、合格者もいませんので合格率はありません。

建築図面製作技能士試験の合格発表

2011年10月26日廃止になっておりますので、試験もありませんので合格発表はありません。

国家資格バナー

PR


建築図面製作技能士

建築図面製作技能士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

建築図面製作技能士所持者の職業例

建築会社、設計会社、建築設計事務所、インテリア会社、リフォーム会社

建築図面製作技能士に向いている人

廃止されている資格ですが、建築の製図、材質、構造力学、建築学など行う、専門学校、短期大学、高等専門学校、大学へ行った方や、CADの勉強をした方には向いています。自分が設計したものを知られ日本だけでなく世界へ広めたいという好奇心が多い方が向いています。どこの誰が使うか分かりませんので責任が重いです。なのできちんと業務をこなせる人が向いています。

建築図面製作技能士と同じ分野の他の資格

インテリアコーディネーター、建築CAD検定試験、インテリアプランナー、CADデザイナー・CADオペレーター

建築図面製作技能士の年収・給料相場

月収20万前後~ですが、建築図面製作のスペシャリストとして技能士を名乗る事で、大きな自己アピールにつながりますし、報酬のアップも期待出来ます。設計事務所・工務店・ゼネコン・ハウスメーカーなどが主な就職先になります。建築系の職場では標準的に必要とされる技術なので、CADにあわせて建築の知識を身につけると、より評価されやすくなるでしょう。雇用形態は職場によって正社員のほか契約社員、また外部委託といった契約になるケースもあり、収入もそれによって異なります。

建築図面製作技能士の現状

廃止になっていますが、似たような試験である建築CAD検定を受験した方が良いです。そこで建築CAD検定とは、建築用図面をCADを使って描く技量を測るものです。CADを導入している建築会社、建設会社などが多いのが理由です。建築図面制作技能士の本来の建築図面製図のプロとして建築設計事務所などで有利に働くのと同じCADです。また建築設計よりも幅広い活動ができます。

建築図面製作技能士の将来性

廃止になっている今では、建築CAD検定を受けた方が良いでしょう。その上で、建築家・工務店の管理業務担当・インテリアデザイナー・構造設計者・設備設計者・ゼネコン施工担当・住宅メーカー設計担当・リフォーム設計者・建築系営業職・建築施工職人・ アトリエ系設計事務所スタッフ・組織系設計事務所の設計部門・インテリアコーディネーター・都市計画家・建材・素材メーカー開発担当・ 照明デザイナー・ショールームスタッフ・建築設備機器メーカー開発担当・建築業経理・庭園デザイナー・行政の建築関連業務担当・研究者や教育関係者・建築コンサルタントなど多岐にわたる業種があるため将来性は非常に高いです。

建築図面製作技能士の独立について

廃止になっておりますので、同じような資格であるCAD検定を受けることにより独立する方が多いです。建築設計事務所に所属し独立される方もいます。建築図面は勿論、屋上庭園やオリジナル家具のデザインなど、2Dだけでなく3D・CG化し、プレゼン資料作成することも可能です。また、大学や専門学校、リフォーム会社などからCAD講師の依頼を受けることもあります。もちろんですが、フリーランスとしてクラウド上で仕事もすることができますので、とても良いです。

建築図面製作技能士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*