屋外広告士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-13

屋外広告士とは街中の存在するある一定の大きな看板を設置するために必要な資格となります。看板業や広告代理店を営むには持っておくことで受注量が拡がるため取得することになるでしょう。科目合格性もあるため受験しやすい資格でもあります。


屋外広告士は20代、30代、40代の男女が目指せる、業務主任者の資格要件の1つである資格です。
屋外広告士資格取得者は他にも該当なしと呼ばれております。

屋外広告士の資格は「公的資格」です。

資格広場は、屋外広告士になるには?屋外広告士なるためには?屋外広告士になりたいを応援しております。

屋外広告士になるために必要な知識・受験資格

建築に関連する法規やデザインを行う設計力が必要となるでしょう。広告力を打ち出すだめにデザイン力が必要となりますので、デザインに対する色彩や意匠、素材などの知識も必要となります。

屋外広告士の資格は「一般社団法人日本屋外広告業団体連合会」が運営管理を行っております。

一般社団法人日本屋外広告業団体連合会とは:
平成17年に国土交通省に認可

屋外広告士

屋外広告士ってどんな仕事?(仕事内容など)

基準値以上の大規模な屋外広告を設置するためには屋外広告士や一級建築士などの資格保持者などを管理者として設置しなければいけません。高さが4m以上で1表示面積が10平方メートル以上の屋外広告物が該当し、ビルの屋上などの看板やネオンのついた広告板などの製作、施工に関する総合的な知識や技術を用いて看板、広告の安全な設置、管理を行います。看板を描くデザインや技術力も必要となりパソコンを使ってデザインしたり、時には手描きで看板を作成することもあります。

屋外広告士資格取得の為の勉強法

学科試験、実技試験とも60%以上の得点で合格となります。学科3種類、実技それぞれで科目合格があるため、時間をかけて受験できる方は得意科目を作り半分の科目は合格できる水準に持っていきましょう。過去問を中心に傾向を対策し学習することがよいでしょう。それぞれの学科では問題数が少ないため1問の割合が大きくなります。学科試験のうち関係法規と設計・施工が15問中9問の正解、広告デザインが20問中12問正解ですので過去問の対策も暗記ではなく、なぜそうなるのかまで考えれるようにしておくことで過去問とは違う類題が出たときでも落ち着い解くことができると思います。

屋外広告士の専門学校や通信講座について

準備中です。


屋外広告士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

屋外広告士の資格試験料

17,500円(税込)

屋外広告士試験・検定の年間試験回数

年間の試験回数は1回で10月の下旬に全国の複数の会場で行われます。受験申込期間は5月上旬~8月上旬となっております。

屋外広告士試験科目等の内容

学科試験Aが関係法規の科目として60分15問、学科試験Bが広告デザインの科目として80分20問、学科試験Cが設計・施工の科目として60分15問行われます。学科試験は全てマークシート方式で行われます。実技試験では120分間で屋外広告物の設計またはデザインを行い、願書申込の際にどちらかを選択します。1・2級建築士は学科Cと実技が1・2級建築施工管理技士、1・2級土木施工管理技士は学科Cが免除されます。

屋外広告士資格の難易度

それほど難しい試験ではないでしょう。しかし、18歳以上で実務経験が3年以上必要とされるため、誰でも受験できる資格ではありません。

屋外広告士資格の合格率

平成27年度では906名の受験者数に対し合格率が26.7%でした。毎年1,000前後の受験者数となっておりますが、合格率は年々減少傾向となっております。平成19年度では受験者数1,223名で合格率42.7%と受験者数、合格率とも近年で最大となっております。

屋外広告士試験の合格発表

12月の中旬ごろに発表されます。

国家資格バナー

PR


屋外広告士

屋外広告士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

屋外広告士所持者の職業例

看板製作会社、看板設置会社、TV製作関係会社

屋外広告士に向いている人

広告ですので町の景観に気にしながら宣伝したいモノをアピールすることができる美術的センスが必要となるでしょう。また、人間の心理的な行動を理解している方などもよいでしょう。管理者として設置するための肉体労働も必要となるため体力に自信がある方も向いております。

屋外広告士と同じ分野の他の資格

一級建築士、電機工事士、高所作業者、ネオン工事資格

屋外広告士の年収・給料相場

平均的な年収は400万円~500万円となるでしょう。大手広告業などに就職した場合や独立して行っていくことができれば給料は上がることになるでしょう。

屋外広告士の現状

屋外広告を設置する看板業などは中小企業などが多いです。インターネットの普及により、広告の方法が物理的なものからネットでの広告などのシフトしてきており仕事を待っていてもまわってこないのが現状です。また、受注単価も下がってきているので数をこなさないと営業的に難しくなるでしょう。従業員の平均年齢が徐々に上がってきており、人手不足を感じる影響も減少しているため新たな業種を行う会社が増えてきております。

屋外広告士の将来性

インターネットの普及により屋外広告士が必要な大きな看板を街中に掲げることが少なくなりました。看板を見て広告として役割を果たすには多くの人が見ることが重要となりますが、街中を歩く人たちは顔を上げてビルの屋上などを見ながら歩くよりも携帯を片手に下を見ながら歩くことが増え広告の役割を果たしていない結果になっております。だからといってすべての看板がなくなることはなく、今後の技術進歩によって新しい屋外広告を設置する必要性が出てくるかもしれません。広告代理店やテレビ局関係者へ就職される方などは現場で使用できる資格となりますので取得しておくこともよいでしょう。

屋外広告士の独立について

看板屋さんなど職人として独立をすることは可能で、屋外広告士も看板業界では必要な資格といえるでしょう。インターネットの普及で看板を設置することの必要性は減少していることは事実ですが、ITの発展は看板業の仕事の変化を生み出しCADを使用してデザインを行ったり、カッティングシートで大きな写真を分割で張り合わせて看板にするなど仕事の効率化も行えるようになりました。技術力と営業力があれば大手広告代理店から受注することも可能となります。

屋外広告士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*