マンションリフォームマネージャーの難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-05-06

公開日:2018-03-13

ライフ・サービス

1992年にマンションリフォームアドバイザーの資格が新しく制定されました。それから24年になる2016年3月までで試験に合格した人の数は総計約10,200人にものぼる、大変注目されている資格です。家という身近な存在なので女性でもとっつきやすいというのが魅力です。


マンションリフォームマネージャーは幅広い年齢層の男女が目指せる、マンションに関する様々な情報を知れる資格です。
マンションリフォームマネージャーは他にもなしと呼ばれております。
マンションリフォームマネージャーは「民間資格」です。

メディパートナーバナー 資料を比較して取得を目指す

目次

マンションリフォームマネージャー取得のために必要な知識・受験資格


マンションのリフォームには、上下階の騒音の問題、水回りの排水勾配など、問題が多くあるため、それらをいかにうまく解決するための深い専門知識が問われます。

マンションリフォームマネージャーは「公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター」が運営管理を行っております。

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターとは:
住宅政策の推進の一翼を担っています。消費者側の利益を守ることや、住宅に絡む争いを素早く適正におさめるために、住宅品質確保法や住宅瑕疵担保履行法の下で、住宅についての相談業務を行ったり、住宅に絡む争いを円満に解決させるためのサポートなどの業務を手広く実行しています。

マンションリフォームマネージャー

マンションリフォームマネージャーってどんな資格?

国土交通省の制定したマンション標準管理規約の中では、マンション管理組合がサポートを受けるための知識を持っているものと謳われています。管理組合や近隣、施工業者との間にマンションリフォームアドバイザーが入り、ニーズに沿った問題のないクオリティーの高いリフォームの企画提案やまたそれを実行にうつしたりします。近隣住民にも気を配り、マンションのリフォームの企画提案を行う専門家です。

マンションリフォームマネージャー取得の為の勉強法

マンションリフォームアドバイザーの試験対策としては、試験を行う団体が作成しているテキストや対策問題を使って問題に触れることが必須となります。学科による試験に備えての勉強方法は、建築基準法の法規の部分を重点的に行いましょう、また設計製図による試験の対策としては、過去に出題された問題集を使い問題慣れしておきましょう。それこそががマンションリフォームアドバイザー合格へのポイントです。

マンションリフォームマネージャーの専門学校や通信講座について

資料請求はこちら

マンションリフォームマネージャーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

マンションリフォームマネージャーの試験料

マンションリフォームアドバイザーの資格試験の試験料は14,000円となります。しかしながら、前年度または前その前の年度に、学科による試験または設計製図による試験のどちらか片方に合格している時は、申請を行うことにより10,800円に割引がされます。

マンションリフォームマネージャーの年間試験回数

10月、年に1回となります。

マンションリフォームマネージャー試験科目等の内容

マンションリフォームアドバイザーの試験の趣旨はマンションの共有部分では無く、自分たちだけで使用できる専有部分のリフォームを行う際に、その家で暮らしている人の希望を叶えるために、スペシャリストとしてそのマンションの管理組合やリフォーム会社などと一緒になって、住んでいる人に非常に価値のあるリフォームを行うための技能があるかどうかを、客観的に見極めることです。学科による試験と設計製図による試験の2種類があります。学科による試験では、マンションリフォームに関する専門的な知識が求められます。この試験は4つのうちから正解を一つ選ぶ方式で全部で50問出題されます。内容としては、計画・基礎知識、法規・規約・制度、マネジメント、住戸内各部のリフォーム、設備のリフォームの分野があります。そして設計製図による試験は、マンション専有部分のリフォーム設計図書の作成となっています。これには平面図や留意事項説明が含まれます。学科による試験に合格するには、全問正解で250点なのですが、そのうちの150点以上を獲得すつ必要があります。けれども分野ごとに基準点があり、計画・基礎知識は全問正解で50点なのですが、そのうち25点以上を獲得する必要があります。法規・規約・制度は全問正解で50点なのですが、そのうち25点以上を獲得する必要があります。マネジメントは全問正解で50点なのですが、そのうち25点以上を獲得する必要があります。住戸内各部のリフォームは全問正解で50点なのですが、そのうち25点以上を獲得する必要があります。設備のリフォームは全問正解で50点なのですが、そのうち25点以上を獲得する必要があります。設計製図による試験では、ランクAと採点された場合に合格となります。

マンションリフォームマネージャーの難易度

合格率も高く、普段から関連の仕事に就いているのであれば、それほど難しくなくクリアできるはずです。

マンションリフォームマネージャーの合格率

平成28年度実施された第25回の試験結果ですが、最終合格率 29.3% (学科試験49.1% 設計製図 37.9%) 受験者数614名、合格者数180名となっています。

マンションリフォームマネージャーの合格発表

マンションリフォームアドバイザーの合格発表は、試験日より約2ヶ月後に受験者全員に、合否結果および試験結果が郵送されます。合格者には合格証が発送されます。

マンションリフォームマネージャー

マンションリフォームマネージャー取得後の就職先・年収・報酬相場

マンションリフォームマネージャー所持者の職業例

マンションリフォームアドバイザーの資格を取得したあとに、設備業の設計部門や建築事務所などで勤める人が多いです。専有部分のリフォームに関するスペシャリストとしてお客さんから信頼されることが多いです。

マンションリフォームマネージャーの取得に向いている人

リフォーム業者、ゼネコン、設計事務所、独立・開業を目指したい人に向いています。

マンションリフォームマネージャーと同じ分野の他の資格

マンション管理士

マンションリフォームマネージャーの年収・給料相場

資格を保有していると、手当や収入アップもあります。

マンションリフォームマネージャーの現状

マンション専有部分のリフォームだけに留まらず、マンション修繕やマンション管理などのいろいろな業種で活動する人が増えています。マンションのリフォームでは、戸建てと違って区分所有者となりますので、近隣との関係性などのいろんな条件を加味したリフォーム計画の策定や施工を行わなければなりません。お客さんの希望を叶え、価値のあるリフォームを行うためにはマンションリフォームアドバイザーは無くてはならない存在です。

マンションリフォームマネージャーの将来性

専有部分のリフォームだけでは無くマンション全体の大規模修繕、またマンションの売買の際でもマンションリフォームのスペシャリストであるマンションリフォームマネジャーは必要とされており、活躍の場は広がってきています。

マンションリフォームマネージャー所持者の独立について

マンションリフォームマネジャーの資格を取得したからといっても、それだけで独立できることはほぼ不可能です。リフォームを依頼する先は概ね不動産会社なので、マンションリフォームマネジャーとして独立したとしても個人に仕事が回ってくることは考え難いです。もしどうしても独立したいのであれば、他の住宅に関わる資格も合わせて取得することを考えたほうが良いでしょう。

マンションリフォームマネージャーを所有している主な著名人

なし

資料請求はこちら

コメントを残す

*

*