建築施工管理技士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-14

建築施工管理技士は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者です。並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、大規模工事(超高層建築、大規模都市施設等)を扱います。


建築施工管理技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、手に職をつけて働きたい方におすすめの資格です。
建築施工管理技士資格取得者は他にも該当なしという名称で呼ばれております。

建築施工管理技士の資格は「国家資格」です。

資格広場では建築施工管理技士になるには?建築施工管理技士なるためには?建築施工管理技士になりたいを応援しております。

建築施工管理技士になるために必要な知識・受験資格

1級と2級では、工事内容が異なるので注意しておかなければなりません。1級建築施工管理技士は、大規模工事に携わることができます。高層ビルや高層マンション・公共施設における工事などです。一方、2級建築施工管理技士は、中規模の工事に携わります。さらに、2級建築施工管理技士の資格は、建築・躯体・仕上げ・という3種類に分かれています。建設工事の適正な施工と発注者・建設業者の保護・建設業の健全な発達促進を目指している建築業法の知識も必要です。

建築施工管理技士の資格は「一般財団法人建設業振興基金」が運営管理を行っております。

一般財団法人建設業振興基金とは:
一般財団法人建設業振興基金はこのような建設産業の近代化・合理化を図るために中小建設業の金融の円滑化、建設産業の構造改善・情報化の推進、建設業経理士試験、建設業経理事務士検定や建築及び電気工事施工管理技術検定等の諸事業を実施し、建設産業の振興に寄与することを目的として、昭和50年に国と建設業者団体等からの拠出によって設立された公益法人です。

建築施工管理技士

建築施工管理技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

1・2級建築施工管理技術検定制度は、建設業法第27条第1項に基づき国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。検定に合格した者は技術検定合格者となり、所定の手続きによって国土交通大臣から技術検定合格証明書が交付され、1級・2級建築施工管理技士の称号が与えられます。この技術検定合格者については建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格が付与されております。

建築施工管理技士資格取得の為の勉強法

試験を主催する団体が参考書や過去問題集を販売していますが、書店にも参考書や過去問題集があります。独学の勉強方法は、参考書を読んで過去問を解く。この繰り返しです。通信教材もあり参考書に比べると高価ですが、その分効率よく勉強ができる作りになっています。また、分からないところをメールで質問できるので、気軽に勉強できます。大企業の場合は会社が講師を雇い、講習会を開いてくれるところもあるようです。

建築施工管理技士の専門学校や通信講座について

準備中です。


建築施工管理技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

建築施工管理技士の資格試験料

1級学科試験は学科試験・実地試験共に9400円です。2級学科試験は学科試験・実地試験を受験する場合9400円です。学科のみは4700円で、実地のみは4700円です。

建築施工管理技士試験・検定の年間試験回数

1級の学科試験は6月に行われ、実地試験は10月です。2級は平成29年より年に2回となり、6月に学科試験があります。11月には学科・実地試験と実地試験と学科試験が行われます。

建築施工管理技士試験科目等の内容

1級建築施工管理技士の学科試験では、建築学等・施工管理法・法規です。実地試験では建築施工管理・施工管理法です。2級建築施工管理技士の学科試験では、建築学等・施工管理法・法規・躯体施工管理法・仕上施工管理法です。実地試験は、施工管理法・躯体施工管理法・仕上施工管理法があります。

建築施工管理技士資格の難易度

国土交通大臣が認定する国家資格であるため、通常の検定試験に比べて難易度は高めです。受験資格も、指定学科の卒業及び実務経験が必要になるなど細かく規定されており、誰でもチャレンジできないことからも、資格のハードルが高くなっています。しっかりとした勉強が必要となります。

建築施工管理技士資格の合格率

1級の学科試験は、49.4%で1級の実地試験では37.8%となっております。また2級の学科試験は47.9%で2級の実地試験では33.5%ほどとなっております。

建築施工管理技士試験の合格発表

建設業振興基金のホームページで照会することができます。また、建設業振興基金より合否通知書が送付されます。

国家資格バナー

PR


建築施工管理技士

建築施工管理技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

建築施工管理技士所持者の職業例

個人住宅・賃貸マンション・アパート・ビル・商業施設の施工やリフォームなど

建築施工管理技士に向いている人

施工管理技士は工事全体の安全管理を担当します。どんなに綿密な計画や設計を行ったとしても、施工品質自体が低ければ期待した機能は発揮されません。それどころか、一歩間違えれば重大な事故に繋がるリスクもありますので、慎重さや注意力のある人、また危機管理能力を持っていることが、施工管理者には必要な要素と考えられます。その他にも、一筋縄ではいかない職人たちをまとめるリーダーシップのある人、物事を計画的に進めていける人、一つのことに集中して作業をこなせる人に向いています。

建築施工管理技士と同じ分野の他の資格

建築士、土木施工管理技士、宅地建物取引士

建築施工管理技士の年収・給料相場

建築施工管理技士の年収は、400~500万円であるようです。しかし、どんな企業に勤めるかによって年収が大きく変わるため、一概には言えません。大きな企業であれば、年収が1,000万円近くに上る場合もありますし、中小企業の場合は平均を下回るようです。

建築施工管理技士の現状

震災復興の需要増に始まり、東京オリンピックの開催決定と、かつての活況が戻りつつある建設業界。復興工事はまだまだこれからの段階であり、また東京都内を中心に、マンションや商業施設、ホテルなどの建設・再開発が続いていくことが予測されます。古いオフィスビルや商業施設などに対するリノベーション工事のニーズも高まっております。

建築施工管理技士の将来性

長期的に見ても建設業界の需要は様々なテーマで発生すると言えます。代表的なのが、インフラ設備の老朽化対策です。日本全国のインフラ設備は、高度経済成長の時期に集中して作られたものが多く、全国の道路、トンネル、橋などの多くが、建設から50年をむかえる中で、修理・修繕が必要となっていき、今後大きな市場になっていくと予測されます。同様に、一般住宅においても、改修工事・リノベーションのニーズが高まっています。空き家や古い住宅を新しいデザイン・機能を持った家屋に生まれ変わらせることで、新たな顧客獲得につながっています。バリアフリーやエコといったキーワードも、より重要となってくるでしょう。

建築施工管理技士の独立について

工務店、建築業者、リフォーム業者、町大工などさまざまな工場での勤務ができます。こういった業務をフリーで受けているような建築施工管理技士もいるようです。独立される方には良い資格です。

建築施工管理技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*