CAD実務キャリア認定制度の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-14

CAD実務キャリア認定制度とはCADを実務として使用している方やCADの教育を受けている方々を対象とした技術、技能をはかり認定する民間資格です。技能レベルにより3つの試験に分かれており、基礎的な図形製作の技能操作から3Dなどの応用知識まで技能を認定することができます。


CAD実務キャリア認定制度は10代、20代、30代中心の男女が目指せる、実務技術のスキルアップとしておすすめの資格です。
CAD実務キャリア認定制度は他にも該当なしと呼ばれております。

CAD実務キャリア認定制度は「民間資格」です。

CAD実務キャリア認定制度取得のために必要な知識・受験資格

大前提としてパソコンを使用して行うのでパソコンの知識が必要となります。またパソコンを使用して図面の製作などを行うので図面の見方や3Dの理解度なども必要となってくるでしょう。

CAD実務キャリア認定制度は「NPO法人コンピュータキャリア教育振興会」が運営管理を行っております。

NPO法人コンピュータキャリア教育振興会とは:
平成11年設立。法人設立認証年は平成22年。個人のコンピュータ利用の技能の開発向上をを目指す。

CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度ってどんな資格?

CADを利用している実務者やCADの教育を受けている方を対象としている技能の認定資格です。コンピュータを使用して機械などを製造するための機械用や住宅を設計するための建築用、洋服をデザインするなどの服飾用などの設計や製図を2Dや3Dにて作成します。以前は手描きで図面を作成しておりましたが現在はCADによってパソコンで作成することがほとんどになったことでより設計が身近な存在となっております。また、2Dよりも3Dがより使用が拡大しております。

CAD実務キャリア認定制度取得の為の勉強法

CADの知識がない方は一般的にはCAD実務キャリア認定制度を取り入れているパソコン教室などで学習することとなるでしょう。試験は3つに分かれており、CADアドミニストレーター(初級)、3次元CADアドミニストレータ(中級)、3次元CADトレーサー(上級)などとなっております。1年以上の実務経験を持つ方の実力をはかるような試験ですので、上級であれば実務と試験の乖離がないように確認を行っておけば問題ないでしょう。

CAD実務キャリア認定制度の専門学校や通信講座について

準備中です。


CAD実務キャリア認定制度の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

CAD実務キャリア認定制度の試験料

CADアドミニストレーターは7,200円、学生割引で5,200円、3次元CADアドミニストレーターは10,300円、学生割引で6,200円、3次元CADトレーサーは13,400円、学生割引で9,300円となっております。職業訓練校などの対象となります。

CAD実務キャリア認定制度の年間試験回数

9月上旬と2月上旬の1年間に2回開催されます。第37回の定期試験は2016年9月25日(日)に行われました。申込受付期間は2016年8月22日~9月5日でした。第38回定期試験は2017年2月5日(日)に行われました。申込受付期間は2016年12月5日~12月23日でした。

CAD実務キャリア認定制度試験科目等の内容

基本、CADを行うための実技試験のみとなります。3次元CADの二つの試験は試験1週間前に事前課題があり行わなければいけません。試験は認定のパソコン教室以外にも一般の方は在宅試験となるため使用できるCADソフトがありインターネット接続できる環境が必要となります。試験時間は90分の午前中となります。試験中は参考書などを確認しても問題ありません。CADアドミニストレーターでは「図形の基礎知識」「図形の作図能力」「CADの操作技能」、3次元CADアドミニストレーターでは「3Dモデリング知識及び技能」「簡単な部品組み立て技能」「2次元化技能」、3次元CADトレーサーでは「3Dモデリング知識及び技能」「簡単な部品組み立て技能」「アッセンブルモデルの2次元化技能」「機械製図知識」となっております。

CAD実務キャリア認定制度の難易度

実務経験がある方なら易しい試験となるでしょう。CAD自体が理解できない方は難しい試験ではありますが、パソコンの知識がある方なら学習しやすいでしょう。

CAD実務キャリア認定制度の合格率

合格率はおよそ50%ほどとなっております。得点の配分や合格基準などは公表されておりません。

CAD実務キャリア認定制度の合格発表

試験日からおよそ2か月~3か月後となります。

国家資格バナー

PR


CAD実務キャリア認定制度

CAD実務キャリア認定制度取得後の就職先・年収・報酬相場

CAD実務キャリア認定制度所持者の職業例

建築士、機械製造、住宅メーカー、服飾デザイナー、

CAD実務キャリア認定制度の取得に向いている人

モノつくりを行いたい方などはより正確に図面を製作するためにはCADは必要となってくるでしょう。空間把握能力がある方はパソコンの画面で3D図面に対応してみることがしやすいでしょう。

CAD実務キャリア認定制度と同じ分野の他の資格

CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査、建築CAD検定試験

CAD実務キャリア認定制度の年収・給料相場

CADデザイナー、オペレーターの平均年収は300万円~400万円です。3Dなどより難易度の高いCADを使用できることで年収は増加する可能性があるでしょう。

CAD実務キャリア認定制度の現状

図面製作を行っていくうえでCADの使用は当たり前となっております。そのため、パソコン教室などのスクールでも資格取得を目指すコースや実践的な就業を行うことを目標にしたコースなどがあります。CADに対しては国家資格がないため公的資格と民間資格となります。CAD実務キャリア認定制度は民間資格でありまだまだ認知度の低い資格であります。上級試験でもある3次元CADトレーサー認定試験を取得できればある程度のCADの技術を認められることでしょう。

CAD実務キャリア認定制度の将来性

CAD実務キャリア認定制度の資格を取得することで自身のCADに対する実力をはかることが可能です。難易度が高い3次元を取得しておけば仕事の幅も広がるでしょう。しかし、CADを使用する現場では使用できて当たり前となりつつありますので、資格取得だけで満足せず、今後も仕事のレベルを上げることが必要でしょう。

CAD実務キャリア認定制度所持者の独立について

CADを使用し独立をすることは可能ですがなかなか困難でしょう。CADを使用できる方は非常に多く存在しており、外注としてCADでの製作を依頼する企業は徐々に減少してきております。またCADのソフト自体も安くなっていることもあります。特別な技術職としての役割が減少してきているので受注単価も安く大きく稼ぐことが大変となってくるでしょう。

CAD実務キャリア認定制度を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*