トレース技能検定の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-24

公開日:2018-03-14

建築・土木・インテリア

トレース技能検定は設計士やデザイナーなどの専門職が作成した図面を活用しやすいように清書を行う資格です。工業高校や専門学校で取得されることが多い公的資格ですが、受験資格はなく1級~4級どの級位からでも受験可能な資格となっております。


トレース技能検定は10代、20代の男女が目指せる、学生主体の資格です。
トレース技能検定は他にも該当なしと呼ばれております。
トレース技能検定は「公的資格」です。


トレース技能検定取得のために必要な知識・受験資格

トレース技能検定

トレースするために必要な用具や道具の使い方、図面の製図知識が必要となるでしょう。日本工業規格やCADに関する知識も必要となります。一番はデッサン力が必要でしょう。

トレース技能検定は「一般財団法人中央工学校生涯学習センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人中央工学校生涯学習センターとは:
創立100年を超える学校法人中央工学校のグループ法人。通信教育を中心に行う。平成24年度より実務技能検定協会からトレース技能検定を受け持つ。

トレース技能検定ってどんな資格?

設計技師やデザイナーなどが作成した製作図面を清書することを行います。機械や建築などの原画デザインをトレーシングペーパーを重ね清書していきます。プリンターでは印刷できない精密な図面では手書きのトレース技術が必要となります。IT技術が発達した現代でも手書きのトレーサーは需要がありまだまだ活躍できる場となっております。技術職となりますので高い技術力があるほどより仕事の量も増えることになるでしょう。

トレース技能検定取得の為の勉強法

基本的には実技重視の試験ですのでデッサン力が必要となります。高等学校や専門学校などで勉強されている方は教員に技術指導を請うとよいでしょう。社会人の方や独学で勉強したい方などは主催する中央工学校生涯学習センターから問題集や受験ガイドが発売されていまうので対策を行うとよいでしょう。摘要されている道具もできるだけ審査基準に標準なものを使用することがよいでしょう。普段から道具に慣れておくことが本番で落ち着いて受験できることとなります。過去問で実技の採点や解答の確認を行いできるだけ多くトレースの技術を磨くことを行いましょう。

トレース技能検定の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

トレース技能検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

トレース技能検定の試験料

1級5,500円、2級4,400円、3級3,200円、4級2,000円となっております。

トレース技能検定の年間試験回数

10月中旬の年1回となります。願書受付は8月上旬~9月上旬ごろとなります。

トレース技能検定試験科目等の内容

受験資格はなくどなたでも受験をすることが可能でどの級位からでも受験可能です。1級~4級全て同じ試験時間となります。実技試験が2時間30分、理論試験が30分となっております。1級では「図面用文字」「技術上熟練を要する複雑な図」「技法上熟練を要する複雑な工業用図面」「専門分野の印刷用原図」が実技試験となっており、「トレース用具および紙に関する専門的事項」「用器画法に関する事項」「日本工業規格の応用的事項」「版下作成に関する基本的事項」「専門分野に関する一般的事項」「CADに関する一般的な知識」が理論試験となります。2級では「図面用文字」「技術上熟練を要するかなり複雑な図」「技法上熟練を要するかなり複雑な工業用図面」が実技試験となっており、「トレース用具および用紙についての全般的事項」「簡単な立体用器画法に関する事項」「日本工業規格に関する全般的事項」「図面用文字に関する事項」「専門的分野に関する基礎的事項」「CADに関する基本的な知識」が理論試験となります。3級では「製図用文字」「やや複雑な図」「工業に関するやや複雑な図面」が実技となり、「トレース用具に整備調整を含む一般的事項」「簡単な立体用器画法に関する事項」「日本工業規格に関する基本事項」が理論試験となります。4級では「線の基本」「製図用文字」「簡単な図」「簡単な製図」が実技試験となっており、「トレース用具に関する常識的な事項」「図面表現に関する初歩的事項」が理論試験となっております。

トレース技能検定の難易度

技術職となりより美しくトレースすることが求められます。上位級は技術難易度は高いですが全体的に屋比較的取得しやすい資格となるでしょう。

トレース技能検定の合格率

現在は非公表となっております。過去の程度より1級が30%前後、2級が40%前後、3級、4級が80%ほどを参考としてください。

トレース技能検定の合格発表

12月の上旬ごろになります。

トレース技能検定取得後の就職先・年収・報酬相場

トレース技能検定

トレース技能検定所持者の職業例

設計会社、CADオペレーター、アパレルデザイン会社、住宅メーカー、住宅機器類メーカー

トレース技能検定の取得に向いている人

手先が器用で細かい作業にも綿密に作業を行える方がよいでしょう。几帳面で完璧主義の方などもトレースの技術能力が向上しやすいでしょう。長時間作業を行える集中力と体力も必須です。

トレース技能検定と同じ分野の他の資格

CADトレース技能審査、建築CAD検定試験、CAD実務キャリア認定制度

トレース技能検定の年収・給料相場

設計事務所などで働くことで平均年収は300万円~400万円ほどとなるでしょう。

トレース技能検定の現状

トレース技能検定は手書きでのトレーサーとしての技術能力や知識をはかるものとなります。工業系の高等学校や専門学校で取得されることが多い資格でもあります。図面の製作やCADでの製作の知識も習得でき、今後設計に携わることを考えている人には取得しておくことがよい資格といえるでしょう。

トレース技能検定の将来性

ITの技術進歩が進む中、まだまだ手書きのトレースの需要は必要となっております。しかし、ほとんどはCADによって作成することになり、ある程度の技術力がないと手書きでの利用価値はなかなか得られません。今後、設計士として考えているならば、CADに関連する資格も取得しアナログとデジタルを両方使用できることが必要となってくるでしょう。

トレース技能検定所持者の独立について

独立してトレーサーとして働くことは可能です。しかし、よほどの技術力やCADオペレーターとしてデジタルも扱えることができないと大変でしょう。派遣や内職的な仕事なども多いのでライバルが多い仕事でもあります。独自技術やCADトレーサーの技術などで差別化を行わないと付け入るすきがなかなかないでしょう。

トレース技能検定を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*