管工事施工管理技士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-03-27

人が快適に生活をしたり使用したりする建物を造るためには、配管工事が欠かせません。管工事施工管理技士は、そんな配管工事の施工計画を立て、工程管理、品質管理、安全管理等を行います。建築業界にはなくてはならない仕事でしょう。


管工事施工管理技士は幅広い年齢層の男女が目指せる、建設業界になくてはならない管工事施工管理技士の資格です。
管工事施工管理技士資格取得者は他にも配管工という名称で呼ばれております。
管工事施工管理技士の資格は「国家資格」です。

資格広場では管工事施工管理技士になるには?管工事施工管理技士なるためには?管工事施工管理技士になりたいを応援しております。

管工事施工管理技士になるために必要な知識・受験資格

1級、2級は難易度の差はありますが、基本的には同じです。学科試験における機械工学に関しては、管工事の施工に必要な機械工学・衛生工学・電気工学及び建築学に関する一般的な知識を必要です。また、冷暖房・空気調和・給排水・衛生等の設備に関する一般的な知識が必要です。設計図書に関する一般的な知識も必要です。施工管理法に関しては、管工事の施工計画の作成方法及び工程管理・品質管理・安全管理等工事の施工の管理法に関する一般的な知識が必要です。法規に関しては、建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識が必要です。また、実地試験における施工管理法は、設計図書で要求される設備の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置などを適切に行うことが出来る一応の応用能力を必要とします。

管工事施工管理技士の資格は「一般財団法人全国建設研修センター」が運営管理を行っております。

一般財団法人全国建設研修センターとは:
当センターは創立以来、国づくりに携わる人材を育成し、国土の整備に寄与することを目的とする基本理念のもと、研修、試験、講習を基幹として事業を進めてきました。これからも引き続き、国土の整備・社会資本整備に関連する潮流と課題、それに対応した制度や技術動向等をしっかりと見据えながら、人材の育成を通じて、安全で快適な活力ある社会づくりに貢献していきます。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士ってどんな仕事?(仕事内容など)

1・2級管工事施工管理技術検定制度は、建設業法第27条第1項に基づき国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。検定に合格した者は技術検定合格者となり、所定の手続きによって国土交通大臣から技術検定合格証明書が交付され「1級・2級管工事施工管理技士」の称号が与えられます。この技術検定合格者については建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格が付与されております。

管工事施工管理技士資格取得の為の勉強法

講習会のようなものはほとんどありません。独学か通信教育課の2択となるケースが多々あります。書店に行けばたくさんの参考書が販売されています。そしてネット通販でも販売されています。いろいろな参考書を買うよりは参考書1冊と過去問題集を1冊購入し、くりかえし勉強した方が力はつきます。通信教育の場合は、模擬試験を解いて郵送すれば添削して返してくれます。自分の弱点や理解力不足が分かりやすいでしょう。また、今はメールで質問を受け付けてくれるところもあります。ですから、分からないとことがあっても安心です。

管工事施工管理技士の専門学校や通信講座について

準備中です。


管工事施工管理技士の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

管工事施工管理技士の資格試験料

1級管工事施工管理技士は、学科試験8500円そして実地試験8500円です。2級管工事施工管理技士は、学科・実地試験8500円で、学科試験のみは4250円、実地試験のみは4250円となっております。

管工事施工管理技士試験・検定の年間試験回数

1級学科試験は9月です。1級実地試験は12月となっており年に1回です。2級は学科試験と実地試験を同一日に行い、11月となっており年に1回です。

管工事施工管理技士試験科目等の内容

管工事施工管理技士の試験科目は機械工学・施工管理法・法規の学科試験です。そして、実地試験として施工管理法が出題されます。学科試験はマークシート方式ですが、実地試験は記述試験です。2級の試験は同じ日に学科試験と実地試験が行われますが、1級は学科試験に合格した人のみ、後日実地試験が行われます。学科試験と実地試験が両方とも6割以上の得点で合格となります。また、学科試験が6割以上得点できて実地試験が6割未満だった場合は、1年に限り学科試験が免除されます。

管工事施工管理技士資格の難易度

国家資格を紹介するサイトなどによると、施工管理技士の難易度は普通です。この普通とは、独学で勉強して合格できるほどの難易度です。また、管工事施工管理技士の試験を受験する方は、皆ある程度の実務経験がある方ばかりです。そのような方にとって、試験に出る内容は全く訳が分からないというものではないでしょう。それでも、試験勉強をしていなければ合格できません。

管工事施工管理技士資格の合格率

1級管工事施工管理技士そして2級管工事施工管理技士は、平成27年では学科試験50%前後・実地試験50%前後です。

管工事施工管理技士試験の合格発表

1級管工事施工管理技士は10月に全国研修センターから通知書類が来ます。2級管工事施工管理技士は、学科試験のみの場合は1月です。そして学科・実地試験及び実地試験のみの場合は2月に通知書類が来ます。


管工事施工管理技士

管工事施工管理技士資格取得後の就職先・年収・報酬相場

管工事施工管理技士所持者の職業例

オフィスビル・マンションなどの貯水槽・給排水管の清掃・メンテナンス及び施工・修繕・工事

管工事施工管理技士に向いている人

冷暖房設備・冷凍冷蔵設備・空調設備・給排水・給湯設備・厨房設備・衛生設備・浄化槽設備・水洗便所設備・ガス管配管設備・ダクト設備・管内更正・消火設備配管・排水施設・上水道下水道配管土木関連業者などの工事(補修工事を含む)業者、従事者および経験者が向いています。

管工事施工管理技士と同じ分野の他の資格

主任技術者、防火管理者、給水装置工事主任技術者

管工事施工管理技士の年収・給料相場

1級管工事施工管理技士は平均500万円から600万円以上です。2級管工事施工管理技士は平均400万円から500万円以上です。また1級管工事施工管理士に関しては、実務経験によって年収800万円以上となることも多いです。特に大企業で勤務する場合は、高収入が期待できます。

管工事施工管理技士の現状

特定建設業および一般建設業の許可基準である営業所の専任の技術者です。また、建設工事の現場に配置されることが多い監理技術者や主任技術者になることもできます。この中でも指定建設業の特定建設業においては、営業所の専任の技術者と監理技術者だけが、1級の施工管理技士の国家資格者に限定されます。法律で定められているものなのでこれからも需要は減りません。

管工事施工管理技士の将来性

建築物を作るにあたって、管工事が無くなることはありません。また、管工事を適切かつ安全に行うためにも現場管理を行うことは必要不可欠なことです。そのため、管工事施工管理技士の将来性は明るいと言えます。特に、大規模な管工事となると難易度が上がるため、専任で職務に当たることも多いです。将来性を考えても、管工事施工管理技士の資格取得は価値があります。

管工事施工管理技士の独立について

管工事施工管理技士は、企業に必ずしも属している必要はありません。さまざまな種類や難易度の仕事を経験した後は、独立することも可能です。自分の腕1本でチャレンジしてみたいと思っている場合は、できるだけ多くの経験を積んでいくことが大事です。また、独立後に仕事を受けることができるかどうかは、人脈の有無にもよります。会社組織を離れた後でも仕事を回してもらうことができるように、目の前の仕事をこなし、他にも人脈作りをすると独立しやすいです。

管工事施工管理技士資格を所有している主な著名人

該当なし

コメントを残す

*

*